FC2ブログ

北風と太陽

今日はすごく北風が強かった。これくらいの風が11月中に吹くのを木枯らしと呼ぶらしい。東京では今年は木枯らし1号が吹かないというのがニュースになってたけど、今日の風はただの北風というコトかな。ちなみに大阪の木枯らしは冬至までに吹く北風らしく、全然知らなくてビックリ。

12月に入ってからの日照時間が極端に短いというのもニュースで言ってた。ワタシはそんなに洗濯に熱心じゃないので、洗濯物が多少たまっても晴れる日を待って外干しする。この時期は日は短いし気温も低くて、夕方まで干しても厚い物は乾かないから、ハンガーごと取り込んで、エアコンの近くで乾燥の仕上げをする感じ。

今日も朝から外に洗濯物を干した。我が家は1階で、日が低いこの時期、洗濯物に日が当たるのは1~2時間だと思う。お昼過ぎに1度庭に出て、竿に掛けて干す厚いトレーナーなどは裏返して、なるべく均等に乾くようにする。その時にチェックすると、今日は結構乾くんじゃないかという感触。

4時前に取り込む時、トレーナーはカラッと乾いている訳じゃないけど、椅子の後ろなどに掛けておけば乾きそう。乾いたのから順番にたためばOK。

洗濯物を乾かすのは太陽より北風みたい。もちろん、日が当たって風があれば言うコトなしだけど。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

料理のリレー

おでんを堪能した後から急に寒くなって、いよいよ本格的に鍋の季節。鶏屋さんに行って、骨付きもも肉2本をぶつ切りにしてもらい、半端な量が冷凍してあった鶏挽き肉をつくね団子に。今年は安くて品物も良い白菜にネギと、キノコはシイタケにエノキ。出汁を取って、ご近所でお庭のゆずを頂いたので、自家製ポン酢に。もちろん堪能して、〆に雑炊と行きたいトコだけど、我が家の事情で翌日のお昼に繰り越し、食べ切れなかった鶏肉1切れずつ入った贅沢鶏雑炊。

残った鍋汁を全部雑炊に使うと多いので半分だけ、残りは夜に「豆腐団子鍋」に。豆腐団子は色々作って来たけど、初心に戻って小鍋で半分ずつ揚げたら良い感じ。前日、残しておいたカツオ節で二番出汁を取って足し、具材は鶏鍋とほとんど同じだけど、忘れちゃいけないのが春雨。この鍋は汁ごと食べるので醤油味を付けるけど控えめに、食べる時に好みで胡椒と出汁しょうゆを足す。豆腐団子3コずつ完食し、2人ともお腹一杯。

土鍋に少し残った白菜とネギ、キノコに春雨を汁ごと小鍋に移してラップした。今朝、これを使って餃子をスープ仕立てにしたら美味しいんじゃないか、と閃いた。いつもの水餃子の時も、そのままタレで食べるより、スープ仕立てにすることが多いから。

前回の餃子から、まだ20日くらいしか経ってないので、まぁまぁ手際が良い。白菜多過ぎて残った餡もスープに入れて熱々で、夫曰く、春雨がすごく美味しいとのこと。12コ茹でた餃子の2コが食べ切れず残ったので、明日焼いて食べようと思う。リレーのアンカーは焼き餃子1コずつということで。

12/11追記 アンカーの餃子は焼かないで、白菜とネギ、それに春雨のスープ仕立てにしました。豆腐団子鍋に足して食べるつもりで買ったのに、すっかり忘れたキムチが出番。春雨と良く合いました。本場中国では残った茹で餃子を翌日焼くと聞きますが、冷めた餃子はただ焼き付けるだけではなく、もう1度蒸して焼き餃子にするということかな。茹でてすぐに水気を取って焼き付ける「茹で焼き」は、間違いなく美味しいですし。

人気ブログランキングへ

変わらない味

おでん」という記事を書いたのは2011年の1月、まだ震災前、引っ越してもいなかった。「柳屋蒲鉾店」は健在だけど、平和通り商店街を紹介する目黒区のページはなくなっていた。この商店街の「山や鮮魚店」が今年初めに店を閉じて、イチゴの季節も終わったら、なかなか行く気が起きなかったけど、寒くなってくればどうしたっておでんが食べたくなる。

今年はスーパーでも大根が安いから、商店街の八百屋さんならきっと良い大根が安く手に入るだろう。大根を買うとなると荷物持ちが必要なので夫も誘ってプチバスの旅に。ウチから見て、商店街を超えた所に武蔵小山駅のアーケード商店街があるので、最初そこまで行ってウロウロした後、戻って買い物することに。

武蔵小山駅のそばに「自慢亭」という中華料理屋があって、タンメンとちょっと独特な焼きそばが美味しい。夫は子どもの頃からの馴染みで、手術の前にわざわざ食べに行った程だ。その後は、お店では食べれられないのだけど、焼きそばをお土産にでもと寄っても、なかなか営業時間に合わないコトが続いた。そして今回、お店がなくなっていたのだ。夫はすごくショックだったみたいで、帰って調べて、去年いっぱいで閉店したことを知った。

アーケードを少し歩いた後、またバスに乗って、平和通り商店街へ。まず八百屋さんで大根を確保しないと、と行けば1本90円、それも先の方まで太くて丸い良い大根。隣に白菜半分が80円、レンコンが2節で90円、あとは間違いがないミカン1袋。その後、柳屋さんに行っておでん種を思いっ切り買って1.900円。荷物持ちを連れて行って良かったよ。

これが約1週間前の話で、おでんは美味しく食べきって、冷蔵庫製の白菜漬けを食べ始めたところ。柳屋さんはHPに「80余年のこだわり」と書かれていて、今のご主人は3代目。私は買い始めてから30年足らずだけど、夫は生まれた時から食べていることになる。

閉じてしまう店、味が落ちてしまう店も多い中で、柳屋さんは変わらない美味しさ、バスを乗り継いでも、また買いに行きたい。

人気ブログランキングへ

乗り換え

去年の春頃、テレビの映りが悪いということで、東急イッツコムの人が工事に来た。もちろん大家さんが手配してくれたのだけど、それまでキー局が映らないことはないけど、東京MXテレビの「5時に夢中!」が入らないことは度々あって、でもそれを大家さんに言うのはちょっと気が引けるので黙っていた。工事の後は、もちろんMXもバッチリ。

その時、不満だったネット回線も変えて、ついでに電気も東急パワーサプライに変えた。こういうコトって、自分からはなかなか動き出せないけど、何かのキッカケがあるとスルッと進む、これもあれもお願いしますって感じ。渡りに船って言うか、大家さんに感謝。

電気メーターがデジタルになって、ネット上でリアルタイムに電気使用量が分かる。エアコンの電気使用量をリモコンで確認しなくなり、1日や月毎の電気使用量がグラフで見られるので、チェック魔のワタシには最適。便利になっても料金は下がる、その他のサービスと組み合わせることと、検針に人が来ないからだと思う。

この秋から東急はガスのサービスも始めた。少しだけお誘いはあったけど、今の所、東京ガスのままにしようと思ってる、パッチョくん好きだし。切り替えたらガスも検針に来なくなるのかな、それもちょっと寂しいかも。

人気ブログランキングへ

鍋を買った

鍋が欲しい」という記事を10月末に書いた後、買うならやっぱり18㎝のステンレス片手鍋だなぁと気持ちが決まっていった。

先週、月1通院で池袋の先まで行った帰りに、渋谷公園通りのニトリに寄った。キッチン関係の売り場で鍋を見て、少し迷った末に「ふきこぼれにくいステンレス三層底片手鍋 18cm」税込み1.100円を買った。コレが今ある鍋の丁度中間って感じで大正解、買ってすぐから使い始めた。

ニトリの向かいにはドトールがあって、買い物の後にミラノサンドで軽くランチ。初めてニトリに行った時も、ここのドトールで休憩したんだけど、夫がコーヒーがすごく美味しいと言うので、調べてみたらドトール本社ビル。きっと社長が飲みに来るんだよとか、社長室のお客さんに出すんだよとか、理由がどうあれ美味しいならいいじゃない。

この頃の夫、どうしたはずみか一段と嗅覚が鋭くなってて、ちょっとしたニオイを嗅ぎ分けるので、ワタシは「犬」と呼んでいる。料理でも部屋でも、何かニオイがすると言われると、犬だもの、しょうがないよね、と。

ドトール本社のコーヒーは、今回もいい香りだったみたい。理想は全店舗で同じ美味しさなんだけどね。

人気ブログランキングへ

毎日作る

昨日、餃子を作った。食事記録を見ると、前回が10/11で1ヶ月以上過ぎている。皮はお昼過ぎに仕込む、と言う程ではないけど、強力粉100gに熱湯60ccの所、少し入りすぎて70cc。当たり前ながら柔らかいので水餃子はやめて焼き餃子にした。餡には結構色んな調味料が入る、入れ忘れがないように、入れすぎて塩っぱくならないように。

昔々、夫の知り合いの知り合いみたいな人が家に来た時、何かのはずみで餃子の話になって、餃子は毎日作るのが良いと言った。そりゃそうだ、何だって毎日作れば上手になるし、それが職人の修行ってヤツ。でも主婦は毎日同じ食事は作らないから、いつまで経ってもアマチュアなのだ。

餡は豚挽き肉100gに白菜、ニラ、玉ねぎ。野菜は結構タップリだなと思っても塩をして絞るとグッと減る。量を決めるのは肉、100g以上に増やさない。皮は12コに分けて伸ばし、包んでいく。この個数だと皮から作ってもそれ程大変じゃない。この所、タレは黒酢に味の素、私だけお醤油を足す。ご飯は食べないで夫が5コで私が7コ、2人ともお腹いっぱい。

1ヶ月以上間が空いたアマチュア餃子は、それなりに美味しかった。

人気ブログランキングへ

パスタソース

お気に入りだった味の素のパスタソース「パスタドゥ」が、2015年に「販売終了」になって、復活の願いも虚しく、そのまま販売終了商品のページからも消えた。

2016年明けてすぐに夫の胃ガンが発覚し、胃全摘手術を終えて帰ってきたのが3月だった。退院前から「ロールキャベツ作っておいてよ。少しづつ食べるからさ」なんて言っていたけど、そうは上手くいかないと思い知るコトになった。食べられないけどそれを受け入れられず、食べられるはずと挑んでは打ちのめされる繰り返し。玉ねぎもトマト味もダメなんじゃないか、ダメなモノを食べようとするのはムリなんじゃないか、話とすれば当たり前なんだけど、本人は相当混乱してたみたい。

それが時の流れは偉大、食べられない物はほとんどなくなった。でも1度に食べられる量は限られて、スパゲティは2人で100~120g、6:4で私を多く、市販のソース1人前が丁度良い。今のお気に入りは「日清フーズ青の洞窟」のアラビアータとボロネーゼ、たまにカルボナーラ。アラビアータはベーコンとナスが定番で、アサリでボンゴレロッソ、魚介を足してペスカトーレと使い勝手が良い。ボロネーゼはいわゆるミートソースなんだけどトマトの味は薄く、同じナスを足しても全く違う出来上がりになる。

ずいぶん前、発売された頃の青の洞窟は、お値段は高くそれに見合うほどの美味しさはなかった。それがいつの間にか美味しくなり、値段はそのままでも我が家の消費が半分で好都合。反対にパスタドゥは今あっても、2人分のレトルトだから、使い切れないと思う。

ラッキーというか、結果オーライというか、私が鍋いっぱいのミートソースを作ることも、もうないかな。

人気ブログランキングへ

久助

前の記事でキュスケって何だろうって書いたら、仲良しのひーちゃんが、「九助って、割れたり欠けたりなおせんべいとかを、何でもかんでも詰め込んだ、お徳用のヤツ」って教えてくれた。

へー、そうなんだ、元々漢字なんだね、って思いながらお茶を飲んで、この前OKストアで買ってきたおせんべいの袋を手に取った。その時、あら驚いた、その袋に「やっぱり日本のお米 甘辛せん 久助」と書いてあったのだ。その画像がコレ→ 久助さん、そんな所にいたのね。

もう袋は開けてあったし、買う時にも見てるはずなのに、全く気付かなかった。美味しそうな甘辛せんべいだなと思っただけ、もちろんお得値段。

久助のウィキによれば、江戸時代に葛粉の職人に久助という人がいて、その人が選別法、精製法を研究して上質の葛粉を作り出した。純白の本葛粉は、藩主や幕府に献上されて賞賛を受け、江戸市中でも名声を博し「久助葛」、やがて略して久助と呼ばれるようになった。現在も本葛粉のことを業界用語で久助と呼んでいるんだって。

そこから、割れた屑物の菓子に、葛という同音を掛けた駄洒落で「久助」と呼んだらしいんだけど、結構捻ってるなぁ、元は名人なのにね。あとは十に満たない九とか、へまな職人の名前とかも書いてあった。

それが、端切れベーコンが「キュウスケ」、英語の説明でも「形は悪いけど品質には問題ありません」で、名前は「KYUSUKE」って書いてあった。ハムやベーコンに使うのも1歩踏み出してるのに、そのまま外国人にもって、さすが日進ワールドデリカテッセンと言っておこう。

人気ブログランキングへ

お買い得

前の記事で書いた「日進ワールドデリカテッセン」で買ってきたハムとベーコン、それに焼き豚はどれも美味しかった。特にベーコンはブロックの形が悪い所のお徳用で500gくらいあるので、初めて買うのにたくさんで平気かなと言ったら、夫が「日進ハムだから大丈夫だよ」それがその通りで、食いしん坊の言うことは間違いない。

それから約1週間、ブロックをスライスしてベーコントースト、トマトとレタスを調達してBLTに、ナスと合わせてトマト味のパスタ、しめじと合わせてペペロンチーノ、ジャーマンポテトにブロッコリーとカブのスープ、今日またトマト味のパスタを作って、残りあと1回分を冷凍した。

その時に、袋の裏側に、このお徳用は「キュウスケ」という名前で、「製造段階で出た不揃いですが、品質には問題ありません」と書いてあるのに気が付いた。「キュウスケ」ってどういう意味なんだろう、うーむ。

焼き豚はチャーシュー麺2回、ハムはハムトースト2回、ハムエッグを作ったら卵に火が入りすぎて、ハムの良さが生きなくて失敗。ただ焼いたハムがとにかく美味しかった。

赤羽橋には3ヶ月に1度行くので、次もぜひ寄ってキュウスケをゲット、ハムのキュウスケもあったら、そっちも。我ながらすごい欲張り。

人気ブログランキングへ

都バスの旅・秋

今週初めに用事で東京タワーの近く、赤羽橋まで行った。渋谷から都バス1日券を買って、帰りに麻布十番にでも行ってみようかと。用事が早く済んだので、前に1度行った「日進ワールドデリカテッセン」にも寄ろうと、丁度止まっていたバスに乗った。

すぐ1つ目の停留所で降りて歩いて行くと、以前の店舗は閉鎖されてて、通りを挟んだ斜め前の小振りの建物が新店舗となっていた。このスーパーはご近所の外国人御用達のようで、2階は主にワインのドリンク売り場、3階が食料品なんだけど、お肉やBBQ用品がが充実してるほか、丸ごとの七面鳥やフォアグラまで売っていた。都バスの旅が続く都合上、生の肉はちょっとムリなので、ハムとベーコン、それに焼き豚のブロックを買った。

そこから麻布十番まで歩き、有名な鯛焼き屋さんを探したけれど見つけられず、ランチ時でもあんまりお腹が空いてないし、中華の定食は2人で1人前で丁度いいのにね、と商店街を一周して退散。なんでも夫が行きたいパン屋さんがあるというので、ここら辺に全く不案内のワタシは黙って付いて行くしかない。

ダラダラとした登り坂を歩くことしばらく、もう疲れたから歩きたくない、なんでバスに乗らないのよと文句が出た頃に飯倉片町交差点に着き、その近くにパン屋さんはあった。イートインのパンなら量を調節できるからと、テラス席でパンとコーヒーの遅めのランチ。それにしても夫の体力が戻って歩けるようになっているのに驚いた。こっちは10㎏オーバー、米袋を背負っていると思って欲しいよ。。

テラス席に座っていると前の道を渋谷行きのバスが通ったので、コレに乗ればいいと道沿いに進んで停留所で待つと、六本木ヒルズ行きのバスが来た。六本木ヒルズも行ったことがないので寄ってみようかと、夫は「展望台に上ろう」と言ったけど、料金1.800円で即撤退、庭のベンチで休憩。

今度こそ渋谷までバスに乗り、まだ1日券使えるよ、どこに行こうか?なんて冗談を言いながら、渋谷東口に新しくできた「渋谷ストリーム」に。50年以上前から渋谷に遊びに来てる夫には感慨深い風景だったかもしれない。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示