失敗

月曜日に買ったおでん種でおでんを作るのに、スーパーに大根、鶏屋さんに手羽先を買いに行って、出汁を取って、大根を下茹でして、土鍋を出してとバタバタしている時に事件は起こった。ガスレンジの手前に置いてあった土鍋のフタが落ちて割れたのだ。自慢じゃないけど、食器は滅多に割らないので、割れてない欠けてないけど薄汚れて処分するコトがほとんど。

自分のどこかが引っ掛かったのだと思うけど、スローモーションみたいにフタが落ちて割れた。その時は、土鍋のフタって割れるんだと、ものすごくビックリした。でももう30年以上使ってるから買い換えてもいい頃だよ、などと考えながら片付けた。おでんを煮るのは、とりあえずフタ無しで良いかと思ったけど、ニオイが出るからフタは必要と言われた。

そうこうする間に、あ、そうだという感じで同じサイズのガラスのフタがあることを思い出した。裏返すと土鍋のフタより安定が悪いので、置き場所には十分気をつけて使っていると、夫が中が見えるのは良いねぇ、何が残ってるか分かって安心するよ、と妙な感想を言っていた。

今回、それ以上に失敗だったのが大根、重くてもやっぱり八百屋で買うべきだった。せっかく美味しい出汁で煮ているのに、大根が今一つなのは残念。世田谷農協で直売会をやっているみたいなので、今度行ってみようと思う。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

美味しくない果実

スーパーで果物を買う時は、多分美味しくないだろう、でももしかしたらと思って買う。美味しくないりんごはジャムかアップルパイのフィリングにすればいいから気も楽だ。今年初めて買ったラフランスも微妙、まだ食べ頃じゃなかったのかもしれないけど。で、ハズレの桃をコンポートにした時の分量(水200cc 白ワイン50cc 砂糖50g)で、残りのラフランスを煮てみた。サクッという感じの歯ごたえになって私的には今一つだったけど、夫は気に入ったみたい。赤ワインを少し入れると綺麗な色になる。

残ったシロップは冷蔵庫にとっておいて、これまた今一つのりんごを、アップルパイ用に煮るのに使った。バターと砂糖も少し足して。翌日、市販のパイシートでアップルパイを作り、バニラアイスを添えたらモサモサのりんごも生き返った感じ。

昨日、他の用事のついでに、久しぶりに目黒の商店街に回り、八百屋でりんごを買って、帰ってすぐ1コ剥いたら、ナイフを入れた瞬間に歯ごたえがいいのが分かった。夫はなんで遠くで重いりんごを買うのかと言っていたけど、食べたら納得したみたい。

商店街に着いたのが1時半頃と早くて、魚屋はまだ半分準備中だったけど、八百屋は飲食店の人でいっぱいだった。週の後半に寒くなるというので、おでん種も見つくろって、本当は大根も買いたかったけど、絶対近所で買ってと拒否された。

スーパーの果物は全般的に古いのだと思う。しかも冷蔵庫で保管するから店頭に並ぶ時には味が落ちている。コレを見抜くのは試食販売、たまにやっているけど案の定大して美味しくなくて、こんなの試食に出すってどういう神経なんだろうと思う。その点、大型冷蔵庫がない八百屋は仕入れてきたらすぐに売る、店員もお揃いの制服とか着てないし、レジはあるけどポイントは付かなくてちゃっちゃと袋に詰めてくれる。安くて良い物を売る鉄則。

昔はウチの近所にも何軒も八百屋があった。便利という名の何かと引き替えに失ったモノは大きい。

人気ブログランキングへ

食べられる物

突然高熱を出してから、2週間近くが過ぎた。医者に行くまでの2日半はポカリスエットが無性に飲みたくて、最初の1日で1㍑以上は飲んだと思う。その後、今度は普通の水が飲みたくてポカリはお役御免に。飲める物しか飲めないので、それを飲むしかない。医者に行って薬をもらうまではりんごをちょっとかじるくらいで、あとはひたすら飲める物を飲む。

なぜか1番苦手になったのがコーヒーの香り、自分で飲まなくてもニオイで気持ち悪くて、扉を閉めてもらったほど。薬をもらって少し熱が下がったのでおかゆなら食べられるかもと作ったけどダメだった。最初に食べたのはいつものバタートースト、まだコーヒーはダメで甘いミルクティは大丈夫だった。冷たいアイスやゼリーは特に欲しくなかったのも不思議。あとはりんご、やっぱりりんごは最強だった。

頼めば何でも買ってきてくれたのだけど、ウチの夫は果物が剥けない。30年前のひどいつわり中に、柿が食べたいから剥いて、と頼んだ時に発覚した。カッターとか器用に使うのになんで?その時に諦めたので、りんごは自分で剥くしかない。

1回目から4日後の2回目の通院の帰りに、オリジン弁当に寄って、2人でお弁当1つに好きな副菜を選んだ。私はトマトオニオンサラダを見たとたんに食べたくて、けっこうたくさん詰めたけど全部食べられた。あとは晩ご飯用におにぎり、オリジンのおにぎりはすごく美味しくて驚いた。段々食べられるようになっても、まだ料理ができないので、近所のココスにも行った。ファミレスは普段は全く利用しないので、なんかちょっとウキウキした。

菌が下から入って膀胱で増えるのが膀胱炎で、もっと奥の腎臓本体まで行ってしまうのが腎盂腎炎、トイレを我慢するのもいけないし、体力が落ちている時にやられるらしい。と言っても今回心当たりはなくて、それがちょっと恐ろしい。とにかく高熱が出たら、そのうち下がるよとか言ってないで医者に行こう。

まだ本調子ではないけど、回復して家事もほとんどできるようになった。買い物に行って料理をする、コレができるのも健康なればこそ。

人気ブログランキングへ

空白

先日来、皆様にご心配頂き、ありがとうございました。ここまでの急な発熱にはビックリ、を通り越して思考停止状態。結果的に腎盂炎だったのですが、台風の週末と言うことで、手当てをしないまま2日半、背中の痛みを我慢して、ただ水分を摂って過ごしました。

夫の検診がOKだったことに喜び、早めの夕飯を食べて、途中で買い物をして「明日は台風だからプリンを作ろう」なんて言いながら7時頃帰宅。この時までは全く症状はなく、帰宅後30分ほどで39℃を超える発熱、震えが来て起きてられず、布団に倒れ込む。家に着いた後で本当に良かった。腎盂炎は全く思いつかなくて、脂こい物を食べたせいだと思い込んでいました。

週明け、ほぼ朝1番で診察して頂き、原因が分かり、抗生物質と鎮痛解熱剤が処方されずいぶん楽に。でも劇的な改善というわけでなく次の受診で数値的にもそれは表れて、違う抗生物質に変更。これがすごく効いて食欲も戻りぐんぐん回復しました。

4日間、りんごを少しかじった以外は何も食べずに過ごしました。すごく驚いたのは一週間お通じがなかったコト、お腹が張る感じはなくて、おならも全くニオイがない、腸が動きを止めた感じ、こんな経験は初めて。できないことだらけで、体力だけでなく集中力、記憶力、想像力がほとんどなくなり、けっこう悲観的に。できるのは水を飲んで、トイレに行き、熱を測る、この3つ。自転車に乗ってスーパーに行くなんて夢のまた夢。

でもちゃんと復活の日はやって来て、夫に付き添ってもらって自転車再起動。力が入らないのと勘が鈍っているので、ハンドルはグラグラするし、ちょっとした坂で降りないといけないし、自分で可笑しくなりました。腸もちゃんと再起動、問題なくお通じも始まりました。

食事記録に4日間の空白、そこが発熱した日だと記録になりました。

人気ブログランキングへ

1年半

まだ10月だというのに、朝晩寒くて「エアコン修理して良かった」と思ったのも束の間、それでは間に合わない寒い日があって、やっぱりファンヒーターを出さないとダメじゃない?と言われるけど、そんなに簡単じゃない。

段取りがあって、ファンヒーターのガスホースはガスレンジの後ろに刺すので、ガスレンジを降ろして下に敷いてある紙を取り替える、ついでに掃除して、そこに乗って換気扇をモーター部分まで外して掃除、ついでにレンジフーのド内側も掃除して、コレにて年末の掃除が終了する。

そのためにはアルミを貼った紙と磁石の付いたアルミ製のレンジフード2枚が必要なんだけど、この頃買い置きをしないので買って来ないと始まらないのに、雨が続いたせいで、なかなか買いに行けないでいた。

で、久しぶりに晴れた今日、ドラッグストアに行って買い揃え、お昼を食べて取りかかった。半年に1回の作業は「アレ、どうやるんだっけ?」で始まったけど、思いの外順調に進んだ。それと言うのも、換気扇とレンジフード内がそれ程汚れてない。今年の春はあんまり汚れてないからいいやと思った記憶があるから、1年ぶりにしてはすごく綺麗だと思った。

去年はいつだったかなと過去記事を見てみると、去年も一昨年も2年連続で「冬支度」という題で書いていて、日付は11月の11日と12日、やっぱり今年は寒い。それも前日との温度差が10℃とかの日があるから、身体が着いていけない。そして去年も換気扇は羽と枠だけと書かれていたので、モーターとシャッター部分の掃除は1年半ぶりだった。

1年半前と言えばちょうど夫が手術をした頃、その後、料理の量も減ったし、何と言っても油を使う料理が減ったんだなぁと改めて思った。ガスレンジを降ろして掃除するのは、年に1度で良いかも。

10/28追記 昨日、夫の1年半検診(実際には術後1年8ヶ月)に行き、お陰様で転移再発はないと診断されました。夕方帰ってきたら、私が胃腸の調子が悪く、かなり発熱もしました。申し訳ないのですが、コメントのお返事などは少しお時間を頂きたくお願いします。

11/1追記 私の急な発熱は腎盂炎でした。週明けに医者に行って判明、抗生物質をもらい、やっと少し良くなりました。ご心配お掛けしました。

人気ブログランキングへ

苦手克服-カラメル-

今月の初めに「食パンの残り」という記事で、近いうちにプリンを作りたいと書いたけど、その頃はまだちょっと暑くてオーブンを使いたくなかった。しばらくして夫に「プリン作るって言ってたのに全然作ってくれない」と言われてしまった。ホントの話、ただ忘れてただけ。

その日は十分涼しかったので「今から作ろうと思ってたのよ」と取りかかった。フライパンより小振りのテフロン加工の玉子焼き器でカラメル作り、底が黒いから焦がした色の見極めがちょっと難しいけど、予想通り焦げ付かない。1度白いスフレ型に落としてみて確認。もう少し煮詰めてから流し込んだら良い感じのカラメルに。玉子焼き器には、少しだけ焦げ付いたけど、熱めのお湯で流して簡単に取れた。

その後は卵液を流し込んで、オーブンに。新しいオーブンには自動のプリンコースがあるんだけど、プリンカップで作るトロトロのプリン、器も好みも違うから天板にお湯を張って、いつも通りの温度と時間設定で焼いた。我ながら上出来、夫も満足。

今度のオーブンに付いてきたレシピ集にも「カラメルは色が決まった所でお湯を入れる」って書いてある。私は1度だけ試したけど危険過ぎるので、その後はやってない。「はねるので注意」ってそれどころじゃないでしょ。冷めても固まらないカラメルって、どう作るのか分からないし。以前は鍋をダメにしてしまう覚悟で、なるべく小さい器の方が良いかとステンレス製の計量カップで作っていた。鍋つかみ必須で、それでも熱くて危なかったなぁ。

底面積の広い玉子焼きは色が見難い点を除けば、途中の焦げ具合を調節しやすくて焦げ付きもなし、持ち手も熱くなくて今までの問題を一気に解決できた。煮魚、シュウマイに続いて苦手克服、自画自賛。

人気ブログランキングへ

トライアングルチケット

ギョウザはまぁ上手く作れるようになったけどシュウマイは苦手なワタシ、テレビ番組で横浜中華街「四五六菜館」の孫さんが「シュウマイ」を教えてくれるというのでしっかり見て、その後すぐに作ってみた。そしたら、ちゃんと美味しいシュウマイができたのだ。またもや苦手克服。

それは良かったのだけれど、今度は「 同發(どうはつ)」の肉まんが食べたい、調べると通販を始めたらしい。でもク-ルの送料が高いよ、もう中華街に行った方が良いんじゃない、でも誰か一緒じゃないと行っても食べられないし、と頭の中でグルグル。送料も高いけど電車賃もけっこう高い、なんかお得クーポンみたいのなかったっけ?

探すまでもなく「東急電鉄のおトクなきっぷ」の中の「横濱中華街 旅グルメきっぷ」、なんと四五六菜館のランチが付いてくる。コレだ!と思ったけど、2人分のランチはムリだから、1人は「みなとみらいチケット」を買って1品頼めばいいねとか、フタコでさえ疲れたことも忘れて妄想をしていると、「トライアングルチケット」なるモノが目に付いた。

女子ゴコロをくすぐるとの売り文句、おばさんとおっさんも大丈夫かな。なんでも渋谷、自由が丘、二子玉川を結ぶ三角形の中なら1日乗り降り自由で乗り放題400円。ウチの最寄り駅はこのトライアングルの中に入っていて、この前フタコで引っ掛かり、尾山台まで行き着けなかったから良かったけど、知らずに行ったらちょっと損してた。

このチケットを見つけたから、自由が丘でランチを食べて、尾山台で魚を買うツアーに出ることにした。涼しくなったり急に暑さが戻ったりした先週にツアー決行。自由が丘は3月からほぼ半年ぶり、夫はこの時に食べたハラミステーキランチをまた食べたいなぁと言ってたので、お店は決まってる。最寄り駅でトライアングルチケットを券売機で買って、自由が丘までは渋谷回りかフタコ回り、どっちも時間はそんなに変わらないから、先に来たフタコ方面に乗って出発。

自由が丘は初心者には本当に分かりにくい街だけど、タモリが自由が丘駅のイベントで「結構来ていて大好きな街。街が若者ゾーン、女性ゾーン、おやじゾーンと分かれているので、夜になると個人的に『ブラタモリ』をやっています」と話したそうだ。行き慣れたら面白いのかも。

今回はランチを食べた後、夫がベンチで休んでいる間に少し探検してTシャツを買った。ハラミステーキ(150g、ランチセット780円)、お店は2時を過ぎても次々にお客が入ってきて混んでいたけど、前回の方が美味しかった。店員も変わってて焼き方も違うかもしれないし、もっと高いお肉を頼めば良いのだけど、200g以上になってしまうから今の我々には難しい。

で、尾山台まで電車に乗って久しぶりの魚辰でサンマとカマスとアジを買って帰った。世田谷のサンマは1尾220円で脂がのってて塩焼きが美味しかった。でももっと美味しかったのが3尾450円の小振りのカマス。干物にしたんだけど、大きいカマスよりプチカマスの方が美味しいコトがあるのだ。

次は「横濱中華街 旅グルメきっぷ」で、中華街まで遠征したいね。

人気ブログランキングへ

途中下車

三軒茶屋から目黒に回ってサンマなどを買ったけど今一つだったので、次は世田谷・尾山台の魚辰に行こうと思ったの約1ヶ月前のコトだった。9月の末に尾山台に電車で行こうよ、途中の二子玉川でお昼でも食べて、多摩川の河原まで散歩してもいいし、と夫を誘った。

ちょうどお昼頃にフタコに着いて、お店は混む時間だから河原に行ってみよう、と改札口を出てそっち方面に歩き出した所で、夫がちょっと河原はヤバいかも・・、ん?じゃぁ、トイレとベンチがある所を探そうということに。フタコの最近の再開発ぶりは目覚ましく、とうとう「二子玉川ライズ」という街ができて、どこのビルも新しいから綺麗なトイレとベンチやソファが充実しているに違いない。

夫をトイレ脇のベンチに残し、雑貨や服を見て回ること1時間余り、ランチは後回し、川原はムリと諦めて地下の食料品売り場に行ってみることにした。ここの地下はすごく広くて色々なエリアがあって、勧められた試食を食べていると、お昼はいらないねということになった。

じゃあ、大井町線に乗って尾山台に行くか、と言えば答えはノー、けっこう歩いて疲れてしまい、もうこの中の魚屋で何か買って帰ろうというポンコツぶり。それでも玉川高島屋の地下まで足を伸ばして、魚辰に比べればずいぶん高いお刺身(ランチ代も掛かってないので)を買って帰った。

電車で尾山台に行くなら、フタコで改札を出ちゃダメと心に刻んだ日だった。-つづく-

人気ブログランキングへ

梨と栗

今の時期、果物が美味しいのは当たり前だけど、ワタシのお勧めは梨の「あきづき」。幸水や豊水に比べれば新しい品種でも、登録されたのは15年以上前、私が知ったのはここ2~3年かな。

「新高×豊水」と「幸水」が父さん母さんで、3種類の良いとこ取りした優秀な子。梨はスイカが終わった後に頼りにしたい果物なんだけど、最近は残念ながらモサモサかガリガリに当たることが多かった。その点「あきづき」は甘くてシャキシャキ、ちょっとお値段は高いけど許容範囲だと思う。

果物つながりで栗の話。栗って0℃位で4~6週間置くと甘みが3倍に増えるという記事を見つけてやってみました。
皮の付いた新鮮な栗を洗わずに(汚れが気になる時は拭いて)、できれば1日天日干しにして水分を抜く。(今回は省略)
新聞紙に包んでからビニール袋に入れて、冷蔵庫のチルド室で保存する。たまに様子を見て新聞紙が湿ってたら取り替える。

3週間くらい経った所で、半分の8コを茹でて、皮をむくのは面倒だから、半分に切って各自スプーンで掘って食べたらホクホクですごく美味しかった。栗は茹でてしまうと傷みやすいらしいのに、1度にたくさんは食べられないから、チルド室から食べる分だけ出して茹でることにした。この保存法ならそれも簡単で一石二鳥、残り半分がもっと甘くなってたら嬉しい。

人気ブログランキングへ

エアコン修理

エアコンその後」という記事を書いた後、しばらくして我が家のエアコンは動かなくなった。無いと本当に困る時期は過ぎ、ちょっと暑いから入れてみようか、くらいの日に何回か手順を繰り返してもダメだった。

願った通りに暑い盛りは乗り切ったし、元々愛着があるのだから、基板が残っているなら修理を頼もうと意見は一致。ただ、蚊が出なくなる頃が良いんじゃないかということで、10月になって修理窓口に連絡した。その時は、すぐじゃなくて良いんですくらいのつもりだったけど、空いてるというので翌々日に来てもらった。

修理に来た人は、多分基板で直ると思うが、その他の部品も劣化しているので、すぐに動かなくなる可能性もゼロじゃない、今は7~8万で新品が買えるから良く考えて、と何度も言ったけど、その点は大丈夫ですとお願いした。

室外機の中の大きな基板1枚を交換して、我が家のエアコンは生き返った。その基板はプラスチックケースに入っていて、それでもかなり汚れていた。1度も交換しないで15年ですか?と言われるほど頑張ってくれたみたい。プラスチックケースが劣化してないのにも驚いた。

テストで18℃設定の冷房運転、暖房にも切り替えてOK、支払いは3万円ちょっと。これで何年持つかは運次第だけど、新品と入れ替える色々な煩わしさを先延ばしできたし、なにしろ愛着のあるエアコンが再生して嬉しい。

驚いたことに修理した日の夜から寒くなり、翌日には暖房を入れた。夫は以前より寒がりになっているので、なんてタイミングが良いのだろうと、もう1回嬉しくなった。その夫、確実にエアコンが点くってスゴイ安心感だぁとしみじみ。

エアコン含め家電製品はけっこう当たり外れがあって、5年も経たずに基板交換になるコトもあると聞いた。我が家のアタリのエアコンは、今はもう無いアキバの電気店で、1年落ちで在庫2台限りの特価品を買った。当時としては破格の安さ、その時使っていたエアコンがちょっと力不足だったし、クリーニングも必要になってたから。それ以来、途中引っ越しで移設もして15年、店頭で呼ばれた縁は間違いなかった。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示