食パンの残り

豚カツ」という記事を書いてから半年以上が過ぎてるけど、その後、豚カツを揚げるのは2ヶ月に1度くらい、低温からというのを忘れて油を温めそうになる。その合間に唐揚げをする感じで、揚げ物は月に1度、パン粉を付けたフライが2ヶ月に1度、食パンの切れ端がパン粉として使い切れない。

パン粉」という記事を書いた5月には、何となくフライが増えそうな雰囲気もあったけど、暑くなったせいか、そんなコトもなくフラワーオニオンなんてすっかり忘れてた。で、食パンのミミなどの使い道を「フライパンでできて美味しい」を条件に探して、いくつかのレシピを組み合わせてみた。

1.食パンをサイコロに切って、フライパンにバターを溶かしてから広げて入れ、弱火でなるべく多くの面を焼く。香ばしく焼けたらいったん取り出す。
2.フライパンを綺麗に拭き取ってから、きび砂糖か三温糖を火に掛け、溶けてカラメルっぽくなったらパンを戻して絡める。

できたてはサクサクして美味しいし、翌日でも大丈夫だった。これで食パンの残り問題は一応解決、あとは食べ過ぎ注意なだけ。作る時にテフロン加工のフライパンにカラメルが焦げ付かないのを見て、プリンのカラメルも作れるんじゃないかって思った。近いうちにプリンを作ってみたい。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

苦手克服

ずっと苦手だった魚の煮付け、気が付けば上手くできるようになっていた。商店街の魚屋では、その日に食べるお刺身など、塩焼き又は干物にする魚、そして煮魚用と3回分を買う。もっと買いたい時もあるんだけど、3回分までとクギを刺されてる。

煮魚はキンメダイか銀ダラが買えれば嬉しいけど、高いからたまに。この前、サンマがなかった時は銀ダラもなくて、聞いたら輸入物はすごく高くて銀ダラは1切れ1000円になっちゃうそうだ。そんな値段でお総菜用の魚を買う人は商店街にはいないよね。キンメダイは1切れ4~500円、運が良い時はアラが200円とかで出てるから、必ずゲットして贅沢みそ汁に。

よく買うのはマコガレイなどの切り身で1切れ250円くらい。煮魚が苦手だったのは作らなかったから、作ればけっこうできるようになる。1番大事なのは良い魚で作ること、そうじゃないとどう頑張っても美味しくできなくて苦手のループから抜け出せない。

夫の胃がなくなって、少ししか食べないのだから美味しいモノをって思ったら、良い素材を求めてバスに乗って買い物に行くようになって、魚の煮付けをマスターした。+もあって良かったよ。

人気ブログランキングへ

ミスジ肉

初めて「ミスジ肉」を買ったのは、等々力のスーパーだったと思う。九州の国産牛でなんか美味しそう、値段も手頃、ワタシを呼んでいた。その時は真ん中の筋の部分は捨ててしまったけど、肩肉なのに柔らかくて美味しい、脂は少な目で我が家向き。どこのスーパーでもミスジを探すようになった。

どこかで見つけたミスジ肉を焼く時に、夫が「外したスジを別に焼いてみてよ」と言うので、えー、と思いながらも言われた通りにすると、コレめちゃくちゃ美味しいよ、だって。食いしん坊恐るべし、それまで捨てたスジを拾いに行きたい気分。

その後、いなげやでアメリカ牛のミスジを定期的に買えるようになり、売り場で選んでいると、おばさんに「それ、美味しいんですか?」と聞かれて、とても美味しいです、焼く時にスジを外して別に焼くと・・って辺りで、アタシはいいわ光線を出し始める。そういう人は、いなげやでよくやってる仙台和牛の4割引とかを買えばいい。

この夏はよくお肉を焼いた。トウモロコシやオクラ、トマトに肉。アメリカ牛のミスジ肉なら1枚500円程度、それをスジで分けて半分ずつ食べる、お財布にもお腹にも優しい。ソースは、玉ねぎとニンニクのみじん切りをバターで炒めて、赤ワインと醤油を大さじ3~4ずつ加えて、マギーブイヨンを1コ。使い残しは冷蔵して3回くらい使う。肉の方には塩コショウして、和牛のスジなどから取った脂で焼く、ソースのバターと共にコクだし。

変な天候続きだった夏が終わり、ワタシのやる気も夫の食欲も少し戻ってきたみたい。

9/15追記 ステーキソースには何らかの甘みを入れた方が良いのを思い出しました。量は好みになりますが、砂糖や蜂蜜、私は市販のイチゴジャムを入れています。

人気ブログランキングへ

野菜ソムリエ

ここの所、ブログに料理のコトをあんまり書いてない。理由は簡単、料理をしてないから。この夏はそれ程暑くなかったけど、気温差が激しくて、なんか予想が裏切られるというか。夫の食べる量も減り気味で、カレーなどの煮込み料理は全く作らなかった。お気に入りはトウモロコシ、枝豆、オクラ、あとはお肉を焼いて終わり、とか。

お盆の後は商店街にも行ってないので、美味しい魚も食べてないし、白いご飯もあんまり食べない。順調に増えていた夫の体重は減少傾向、私も同じくらいしか食べないから少しは減ったけど、割合的に僅か。

また、テレビ番組の話で恐縮なのだけど「くりぃむしちゅーのハナタカ優越館」、最近はスタジオの実演場面が長くてつまらないから飛ばされぎみなこの番組の中で、高校生野菜ソムリエプロのコーナーが楽しみ。野菜の見分け方から調理方法、ニンジンは皮をむかなくて良いって、この年になって知った。栄養的な知識も豊富、説明が論理的で納得できるし、野菜が大好きなんだなぁというのが伝わってくる。

この前は生のトウモロコシを使ったコーンスープ作りを実演、ご本人「森之翼くんのブログ」に作り方が載っていた。トウモロコシご飯を炊く時に芯を入れるのを見掛けるので、芯から出汁が出るのだろうと思っていたけど、皮やヒゲも使うのにビックリ。コレは美味しいに違いないと思うけど、ちょっと手間。粒のまま食べても美味しいからね。私は皮をむかないでチンするのだけど、それが美味しさを閉じ込める方法じゃないかと、強引な手前味噌。

野菜ソムリエ、ソムリエプロの資格って、取るのにけっこう時間も費用も掛かるみたい。私は資格に興味はないけど、翼君くらい誇りを持って活動できれば素晴らしい、次の出演も楽しみ。

人気ブログランキングへ

オクラ

たまーに夫とスーパーに行くと、ワタシ1人ではあんまり買わないモノを買うことになる。この前もオクラを買って欲しいと言われた。聞けば、オクラは好きらしい。去年は夫が食べられる野菜としてよく買って、私も納豆と混ぜて食べたりしてたけど、今年は他に食べられる物が増えて、リストから落ちていた。そんなに好きだとは知らなかったし。

調べるとトマトと合うらしいので、オリーブオイルと出汁醤油で和えるだけの簡単なサラダにしたらホントに美味しい。次に棒々鶏に添えてみようと準備していると、冷やし中華にして欲しいというので路線変更。茹で鶏とキュウリ、トマト、オクラ、カニカマのちょっと贅沢バージョン。これがオクラのネバネバで、ゴマだれに絡んで思わぬ美味しさだった。

茹でてから冷蔵で2日くらいは大丈夫だそうなので、基本のおかか和え、トマトとオリーブオイル、ゴマだれでも、夏の間ずっと楽しめそう。

人気ブログランキングへ

レタス回鍋肉

春キャベツで作る回鍋肉」が美味しくできてたけど、春キャベツは永遠ならず、いつの間にか高原キャベツで、比べればちょっと固め。シリコンスチーマーでチンして水を絞ればいいんだけど、1度省いた作業は手間に感じて、しかも春キャベツの方が美味しかったり。

夫が生野菜を食べないので、レタス丸ごと1コを買うことは滅多にないのだけど、新鮮なレタスがあまりに安いので久しぶりに買って帰った。冷蔵庫の使い残しのキャベツがあって、それを使わないとレタスが入る余地もないので「今日は回鍋肉にしようと思うんだけど」と言ったら「レタスで作ってもきっと美味しいよね」と買ってきたレタスを見て夫が言った。

そうだよ、レタスは火を入れるとまた別の美味しさになる。そうと決まればレタスをはがして洗って準備、味付けと手順は春キャベツと一緒、レタスを入れたら早めに火を切って、ごま油はその後でも。

コレが思った以上に美味しかった。また居残ったキャベツは、餃子でも作ろう、少し涼しくなったしね。

人気ブログランキングへ

イワシと西瓜

この時期はアジやイワシの旬。わざわざバスを乗り継いで目黒の商店街に行きイワシを買う、コレってどうなのよ、とも思うけど、近所で買って失敗するくらいなら、間違いない生鮮品を求めて遠征。これが加工品とは大きく違うところ。

先週の金曜日、目黒平和通り商店街の「山や魚店」でイワシと目が合って、その真っ黒な目のマイワシ5尾525円を買った。大きなマイワシは全部3枚に卸して塩をしておいて、その日はマグロの赤身も買ったので、1.5匹分をソテーで食べた。

翌日のお昼、市販のペペロンソースを使ってパスタに。イワシは一口くらいにカットして、オリーブオイルで焼いて取り出す。そのフライパンでベーコン少しと玉ねぎの薄切りを炒めて、使い残しのトマトを皮を剥いてざく切りと、作り置きのピザソースも少し入れた。ペペロンソースを加えて茹で上がったパスタを入れて、イワシを戻して最後に大葉の千切り。1つ残ってるから入れた生トマトがよく合って美味しかった。

それでも残ったイワシ2尾分は醤油と酒と生姜に漬けて、夕方に梅干し1つ入れて煮て夕飯に食べた。新鮮なイワシが手に入れば、これだけ食べられる。尾山台の魚辰も良いのだけれど、つい目黒に行くのは八百屋さんがまた安くて良いモノを揃えているから。

この時も鳥取の倉吉西瓜1/4が680円だった。ここ数年、日本中の西瓜を食べている私達が、1番美味しいんじゃないかと思っているのが倉吉西瓜。それに手頃な値段で出会えるのがこの八百屋さん。キュウリもトゲが残っているのが6本200円、あと水ナスが2コで150円、糠漬けで美味しく食べた。

2人で行くとバス1日券2人分で1020円、2人じゃないと西瓜はもちろん八百屋物は買えないから必要経費、この日は別の用事もあったしね。これからもっと暑くなったらどうなるのか、それはその時に考えよう。

人気ブログランキングへ

トマト

ワタシは子どもの頃、食べ物の好き嫌いが激しいと言うか、嫌いなモノばかりだったけど、トマトは好きだった。昔のトマトは今ほどは美味しくなかったと思うけど、真っ赤な野菜、リコピンなんて知らなくても魅力的だったのかもしれない。その後、自分で料理するようになって嫌いなモノはどんどん減った。つわりの時は何も食べられなくて、生のトマトとキャベツの千切りばかり食べていた。

胃がなくなった夫は、生野菜をほとんど食べない。カサがあるからお腹がいっぱいになってしまうのと、なんか詰まる気がするらしい。だから、たまに私の分だけサラダを作ることがあるけど、それもなんだかなので、トマトやレタスを買ってしまうと、なかなか減らない。

ある時、魚のソテーか何かの付け合わせに、輪切りにしたトマトをソテーしてみた。そしたら夫も美味しいといって食べた。同じフライパンで、両面をちょっと焼いて塩コショウしただけなのに、皮も外しやすいし食べやすいと。トマトは火を入れると旨味も増すらしい。

トマトは冷蔵庫に入れないで、窓際の風通しの良い所に並べて順番に使う。ちょっと日にちが過ぎてしまったら冷蔵庫に移して、適当な所でカレーやソースに使う。でもソテーして食べるようになったら順調に捌けるので、また箱入りを買えそう。子どもの時みたいに、おやつにトマトの丸かじりもいいね。

人気ブログランキングへ

ピザトースト

3月の末に「チーズ」という記事で書いた通り、ピザも復活したんだけど、ピザソースを作り置きしたり、ピザ生地を冷凍しておいても、なかなか作れない。それならばとピザトーストを朝食に。

ピザトーストも魚焼きグリルで。片面を焼いて取り出して、裏返してオリーブオイルを少し塗ってピザソース、チーズ。アルミホイルを敷くとチーズがこぼれても問題なし。

ホームベーカリーで焼いた山形パン1枚を2人で分ける。イチゴジャムをつけても、ピザトーストにしても、夫に1枚は多すぎるようだし、ワタシは常に少な目を心掛けているので。

目黒の八百屋さんで新鮮なルッコラがすごく安く買えて、これを添えれば更にグッド。そろそろ買いに行かないと。

人気ブログランキングへ

パン粉

ホームベーカリーで食パンを焼くようになった約20年前から、市販のパン粉はほとんど買ってない。最後のミミの部分や、食べ損ねて古くなったのを冷凍してパン粉にする。今年になって夫がトーストをまた食べ出しても、パン粉のついたフライはハードルが高く、少しずつ冷凍庫にパンの切れ端が貯まっていった。

ウチの台所は北向きだけど窓があって、隣との境の塀が目の前のちょうどいい高さ、ごくたまーに猫が通る。スズメも来るので、そうだと思って冷凍のパンを蒔いてみたら喜ばれたのはいいのだけど、落とし物をしていくのが困りもの、地面に蒔いても塀の上にも止まるから、塀の側面が汚れて段々やめた。外でチュンチュン言われると心が動くけど、そこは心を鬼にして。

それがここの所で、夫がアジフライや豚カツなどを量は少ないけど食べるようになった。少し前にお肉屋さんで買った串カツが美味しかったと言うので、薄切り肉を巻いたのと新玉ねぎで1本だけ作ってみたら、豚肉より玉ねぎが美味しいという結果。串カツは粉や玉子を付けるのが面倒なので、それならばと櫛形に切った玉ねぎを薄切り肉で巻いてフライにしてみた。

肉をほとんど感じないけど玉ねぎが美味しい、そうだよ、肉は玉ねぎがばらけないために巻くんだもん、と言ったものの、次の回は肉を2倍にしてみた。この辺でパン粉の冷凍在庫がなくなって、明日食べる食パンを使うことに。ちぎって、水分を飛ばすためにチンしたりしたけど、フライ自体も大きかったし固い所がある衣になって残念だった。

食パンは冷凍すると霜がつく分乾燥して、パン粉にちょうど良くなる。スズメにあげなければよかった、と言ったら、呆れられた。その後、玉ねぎに粉だけ付けて揚げる「フラワーオニオン」を知り、夫に見せたら、パン粉がない分いいけど、それでもコレだけで1食だよ、と言っていた。

そうだ、去年の今頃に玉ねぎがダメと分かり、特に生煮えのニオイが耐えられないと言っていた。それが新玉ねぎが美味しくて、オニオンスライスも食べたし、時間薬はちゃんと効いてる。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示