FC2ブログ

レジ袋

スーパー繋がりでレジ袋の話。レジ袋を無料で渡してはいけないという不思議な決まりができるのか。それがプラスチックゴミの削減の決め手とでも考えてるのなら、失礼ながらオメデタイ。プラゴミはレジ袋だけじゃないし、海洋生物がクラゲと間違って食べるとか、それはゴミをむやみに捨てる人が圧倒的に悪い。

ウチの周りにはたくさんのスーパーがあって、レジ袋の扱いも様々。徹底しているのがOKストアで袋持参が基本、必要なら1枚6円で売ってくれるし段ボール箱はもらえる。数軒のスーパーが袋不要で現金2円引いてくれる、サミットは2ポイント付ける(私はポイントカードを持ってない)、オオゼキは大盤振る舞いな感じ、レジ係に男性が多いせいかも。

私は常に使い回しのレジ袋を持ち歩いて、サミットとオオゼキでもらったまっさらを生ゴミを捨てるのに使う。2円引いてくれる所では基本もらわないけど、それでもレジ袋はたまっていく。食品ロスと同じで、レジ袋の生産を減らすしかないと思う。コンビニで買う人は、10円程度ならレジ袋にお金を払うと思う。有料かどうかじゃなく、使うか使わないが根本の問題なのに、有料にしたら減るんじゃないか、みたいな考えは安易だと思う。

私はレジ袋がもらえなくなったらドラッグストアで買う。つまり自分がお金を払うか払わないかの違いだけで、使う量は変わらない。本当に生産しなくなったら、昔みたいにポリバケツに直接生ゴミを捨てるしかない。

世田谷区ではしばらく前から、プラスチックゴミが生ゴミと同じく可燃ゴミになった。高温で処理できる炉ができたからで、とても助かっている。燃やせば小さくなるのは確かだけど、大切なのはゴミ全体を減らすことで、コンビニのレジ袋よりもお弁当などの入れ物はどうなのか。たまに私が熱を出して、コンビニ生活になるとゴミがすごいコトになる。

無駄なレジ袋を減らすのは当たり前だけど、それはプラゴミ問題のごく一部に過ぎない。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

価値と値段

少し前に、スーパーで棚の奥から新しい商品を取る事の是非が取り沙汰されてた。ワタシは基本的に日付が新しいモノを選ぶし、果物や野菜も良さそうなのを選ぶ。それをいけないという理由は、みんなが新しい商品から買ってしまうと古いのが売れ残って、最悪廃棄になるからだと言ってたけど、なんか納得できなかった。

それをスッキリさせてくれた、とあるスーパーの取り組みをテレビで紹介してた。そのお店では、今日納品された牛乳はそのままの値段、その隣には前日納品された10円引きの牛乳、前々日のは20円引きになるけど、取材の時にはなかった。無いのは売れたというコト、牛乳をどれくらい飲むかとか、次にいつ買い物に来るかなどを考えて、自分の好きな牛乳が選べる。

賞味期限のある商品や野菜の価値は時間と共に下がるのだから、新しい方を選んだからといって非難には当たらないと思う、廃棄がどーのとかは論理のすり替えだと感じる。そもそも仕入れ過ぎじゃない?今は商品棚がスカスカしているのは許されないそうだが、これこそが「食品ロス」に繋がる。

どのスーパーでも、パートさんが品出しをしていて、新しいのを奥に、古いのを手前に並べ替えている。上で書いたスーパーの売り方にすればこの手間も違ってくるだろう。誰だって価値に見合った値段で買いたいはず。

人気ブログランキングへ

食品ロス

「家庭での食品ロスの量を2030年度までに00年度比で半減させることを目指す」という新聞記事を読んだ。なんでも「事業所から出る食品廃棄物は食品リサイクル法で家畜のえさや肥料などに再利用することが義務付けられているが、家庭から出る食品廃棄物には規制や指針がない」というのがその根拠らしい。うーん、スーパーやコンビニの売れ残りも、再利用されているというのか。

私の結論は単純で、家庭でゴミを減らしたいなら買わないこと、食品会社は製品を作りすぎないこと。国民の適正摂取カロリー分だけの食料を作って流通させればゴミは出ない。それでは食の楽しみ、選ぶ楽しみがないというのなら、1割増しくらいで作れば良いのではないか。まぁ、コレは色んな意味でムリだとは思うけど。

何故それができないのか、食品会社は沢山作ることは得意でも、適量は作れない体質なのだと思う。沢山作れば1コあたりの材料代、人件費、電気代などのコストは安くなり、儲けは膨らむ。本当は売れて食べられてこその利益のはずなのに、家庭の在庫になろうが、捨てられようが売れればOK。かく言うワタシだって2つで何円などの割安感に弱い。で、安く買ったつもりで1つ捨てれば高いモノになり、ゴミが出る。

賞味期限が短いとか、1/3ルールとかは枝葉末節で、食べ物が溢れているからゴミになる。家庭の食品ゴミの収集を有料にし、食品会社にも処分費までをコストと考え負担してもらえば、少しは解決に近づくかな。作っても誰も食べなければ、それはゴミになるしかない。

人気ブログランキングへ

分からないコト

夫は秋葉原のカレーを、ご飯半分でも完食できたのが嬉しかったらしく「いよいよカレー復活!和風カレーを作ってよ」と。ここ半年ばかりでカレーは何度か作ったし、そこそこ食べているんだけどな。和風カレーはルーは全く入れないで、小麦粉とS&Bのカレー粉を炒る時にバターを少しだけ使う。普通のカレーは玉ねぎを炒めた所にカレー粉を振り入れて炒めてから鍋に移し、ルーを1~2片、味をまとめるのに入れる。これだけのルーでも油脂が多いのが皿を洗う時によく分かる、夫にはコレが辛いのかもしれない。

で、ちょうど豚の切り落とし肉があったので、早速カレーうどんを作った。その昔「チューボーですよ」で紹介された「神田まつや」のレシピを参考に、少し砂糖を控え目、作る量も少な目。出汁と具材の量が適当なので味は毎回微妙に違うのだけど、なぜか今回は絶賛。カレーうどんに、唐揚げ添えカレーライスも食べた。

ヒトは50を過ぎると、何かをやる前から結果がある程度分かってしまうので、物事への興味を失う傾向にあるそうだ。体力も落ちているし、やらなくてもいいや、結果は予想がつくし、と思うのは当然なのかもしれない。

50を過ぎるどころか60に近くなって、我が家の生活を一変させる事態がやって来た。2人ともガン検診を受けたこともない、世の中にガンの情報は溢れているけれど、ほとんどスルーしていたことに気が付いた。いくつになっていても、全く予想がつかない、やってみないと分からないことは沢山ある。それに近づかないように暮らしているだけ。

手術後は、コーヒーが飲めない、玉ねぎのニオイが耐えられないなど、その時の本人にすれば大問題も、時間が解決するという先達の言う通りの道筋をたどった。幸いなことに夫は食いしん坊なので、あれなら食べられるかも、こうしたら食べられるかもと、一緒に買い物にも行って、作り方にも注文を出した。量も少ないしそれ程大変でもなく、食べられればいいなと作っていたら、料理のレパートリーも増えた。

突然やって来た分からないコトの連続。最初はアンラッキー一色だったけど、実はラッキーも混ざっていると徐々に思えるようになる。やってみなくちゃ分からない。

人気ブログランキングへ

節電-6年後-

2011年に「節電」「節電つづき」という記事を書いた。この年も暑かったけど震災の後ということもあり、節電が求められた。

この後、熱中症という言葉が一般的になり、それを防ぐためにエアコンを適切に使おうという風潮になった。エアコンの技術も進歩しただろうし、使うことで知恵が生まれる。この前は「寝る時にエアコンのタイマーを使ってはいけない。切れたら急激に温度が上がって熱中症の危険」と言っていた。

エアコンの使い方はその家の生活環境、体調、色々関わるので一概に言えず、他人の話は参考程度、自分で工夫するしかない。都会の住宅密集地は土がないから日が暮れても温度が下がらない、だからみんながエアコンを使うという悪循環、雨だけが街全体を冷やしてくれる。

庶民がエアコンを賢く使おうと努力しているのに比べて、一言言いたくなるのが冷やしすぎの店舗。特にこの頃スーパーが寒くて、さっさと買い物を済ませて帰ろうと思う程。それに扉のない冷蔵庫や冷凍庫はどうしてなのかとずっと思ってる。2011年に以下の文を書いて6年、何も変わってない。

今年だけじゃなくて、ワタシがいつも気になっているのは、大きな靴屋さんとか電気屋さんなど、ドアのない店舗の冷房と、スーパー、コンビニの開け放しの冷凍冷蔵ケース。「閉じていない空間を冷やしてはいけない」と決めたら、15㌫以上の節電になるんじゃないのかしら。

閉じてない空間を冷やすのは本当に無駄で、実は外気温も上げる。家庭の冷蔵庫を開けっ放しにした時の母さんを想像したら分かる。新都知事は打ち水パフォーマンスよりこっちをどうにかして欲しい。

人気ブログランキングへ

継ぎ足し

継ぎ足しカレー」という記事を書いたのは約4年前、その後の「続・継ぎ足しカレー」で40日間続けたと報告してる。

ところが昨今、一晩置いたカレーや料理の継ぎ足しに風当たりが強い。火を入れても100%安全じゃない、というのは分かる。でも「翌日のカレーは危険です、食べない方が良い」はぁ?って感じ。それは火の入れ方が問題で、カレーの角切り肉の中まで火が通るには時間が掛かる、たとえ鍋ががフツフツしてきても肉の中心はまだまだ温まってない。

あとは季節で変わるキッチンの温度、特に夏の昼間、誰も居ない家の温度は相当高いだろう。大きな冷蔵庫なら鍋ごと入れたら安心だけど、冷えた鍋を温めるのは時間が掛かるから、できあがった料理なら、タッパーに1回分ずつ入れるのが良いかと思う。自分の台所を知って、それに合わせて工夫するのが知恵というモノじゃないか。

この記事を書こうと思ったのは、この前ミートソースを作った時で、ウチのミートソースは牛スネ肉をカットして作るので、3日目くらいに肉の角が取れてくると、ソースも浸みて美味しくなる。翌日まで置くのはダメって言う人は、こういう料理も今日食べるのかね、と思った次第。

ワタシの感覚で、痛みやすいのは水分の多いもの、ジャガイモやカボチャが入ったカレーやシチュウ。だからジャガイモはカレーに入れないで、食べたい時はチンして添える。今の時期なら火を入れるのは1日に1回だけど、もっと暑くなれば朝晩入れる。台所の環境も、使う材料から鍋など条件は皆違う。賞味期限、消費期限だって他人が決めた目安であって、使う使わないは料理する人の判断だ。

その判断をするのも、台所を預かる者の仕事だと思うのだけど。

人気ブログランキングへ

2016

ヒトはある程度の年齢になると、それまでの経験から決まり切った行動をするようになり、だいたいのことは結果が予想できるため、やっても無駄とか、自分にはどうせできないと、新しいことに挑戦する意欲は減るそうだ。それはそうだろうと思う。昨日と同じ事をして無事に過ごせれば、それに越したことはない。

でも、夫が胃ガンになったことで、昨日と同じ事をしていられない生活がやって来た。思えば、色々な有名人がガンに罹ったり亡くなったりしても、それをきっかけにガンについて調べることはなく、私は何も知らないに等しかった。夫が胃を全摘すると聞いた時には心底驚いたけど、手術ができる状態で見つかり、抗がん剤も使わずに済んだのが、どれほど幸運だったかを、退院後に段々知ることとなった。

今まで行ったことのない場所に行き、買ったことのない食材を買い、調理法をネットで調べ、私はレベルアップ、本人も少しは楽しみが感じられたように思うのだけれど。

実は夫、数日前からの腹痛・背中痛が段々激痛になり、一昨日緊急入院、手術して、入院中です。腸の手術痕が閉塞を起こしてしまったらしく、順調に回復していても、このリスクはあると聞いていました。今回の手術も無事終了、再発リスクが減るように処置して下さったそうです。

今年もお世話になりました。50を過ぎて始めたブログ、来年も続けたいと思いますので、よろしくお願いします。皆様、良いお年をお迎え下さい。
今回はコメント欄を閉じさせて頂きます。

人気ブログランキングへ

去年の夏

先週の金曜日、この辺りで、もの凄い雷雨があった。停電が心配になるくらいでパソコンを落とし、もしも停電になったら冷凍庫のアイスを食べた方が良い、イヤ開けると冷気が逃げるからダメ、とか下らない話をしている間に終わった。前日の予報ではもっと遅い時間のはずだったが、実際は3時前後で気温は一旦は下がったけどまた上がり、湿度も高くなった。その翌日から関東は猛暑に。

去年の7・8月はどうだったかと「過去の天気」を見てみると、同じく今頃から猛暑日が現れ、少し上下しながら1ヶ月弱、去年の夏はあっさり終わった。つまり、この猛暑は今年だけのことではないし、暑さが続くという意味では2010年頃の方が厳しかった。

それに東京の暑さの問題は夜の温度が下がらないコト。昨日、今日は朝起きると、外気温計が28℃台。土が少ないせいで、こもった熱が朝まで残る。暑さが続くとこれが積み重なるので、暑さが一休みするか、雷雨で冷やしてもらうしかない。人間は機械に頼って、申し訳ないけど熱気を外に出すだけ。

もし、去年と同じく8/25辺りで夏が終わるとしたら、もう1ヶ月を切っている。もちろん決まってはいないけど、こう考えると少し気が楽になる。

人気ブログランキングへ

販売終了

いなげやで、「パスタドゥ」のパスタソースが94円で売られていた。コレは、この前「2割引」で買った「S&B ペペロンチーノソース」に匹敵する激安。中華などはあまり使わないけど、パスタはこの2つのソースにお世話になっている。

このレトルトのパスタソース、いつも置いてあるのはオオゼキで値段は248円、前は定期的に168円のバーゲンをやっていたけど、この頃はほんとんどない。いなげやでは普段は売り場に無いのに、急に150円とかで売るという不思議さだった。実はついこの前、同じワゴンで124円で売っていたので、その時にもまとめ買いしたばかり。

賞味期限を確かめると来年の6月なので、カルボナーラとアラビアータを5コずつ買って帰ったものの、コレは何か変だなと思って調べたら、なんと味の素の「販売終了商品のお知らせ」のリストに入っていた。

インスタントラーメンや調味料、お菓子など、ものすごい数の新製品が出る。みんな目新しいものが好きなのかな。別にそれは否定しないけど、ずっと美味しいと思って使ってきた食品の生産をやめる理由を、誰か私に説明して欲しい。

1年分くらいは買い込んだから、その間にリニューアルで発売されることを心から願うよ。味が落ちないこともね。

 人気ブログランキングへ

カワイイ

火曜の夜は面白い番組がずっとなかったけど、今週の火曜日、所ジョージが新しい番組を始めたを、初回特番の後半だけ見た。外国、外人から見た日本という内容はまぁまぁで、後半のテーマは「カワイイ」という言葉だった。

カワイイの元は古くは「かわいそう」、最近まで「可愛い」は上の者が下の者に、男が女に使う言葉、男尊女卑と深く関わっているとか。そうそう、私が若い頃は「可愛い女」なんて言われたくなくて、可愛げのない女を目指していたっけ。言葉は生き物、時代で意味や使い方が変わるんだよね。

「カワイイ」は、あるアーティストを通じて世界に広がって、cuteとは違う、もっと深い意味なんだそう。カワイイの代表選手キティちゃんが、猫じゃなかったというニュースは、日本より海外で衝撃だったらしい。

番組の実験で、女の子3人で自分の持ち物とかの話題でしばらく話した後、「カワイイ」を使用禁止にすると、話が弾まなくなってしまって、実験後に話を聞くと多くの子が、それまで本当に可愛いと思っていなくても、カワイイと言っていたかもしれない、と言っていた。

何でもかんでも「カワイイ~!」じゃ、世の中つまんないよね。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示