蟷螂の斧

今年、エアコンを使い始めたのは7月に入った頃で、去年も同じだった。こう毎日暑いと昼は28~29℃、夜は27℃で点けっぱなし。エアコンは台所とは反対の南側にあって、台所で火を使う時は部屋の間の戸を閉めて換気扇を回す。その時に空気の取り入れ口として、台所横のドアに付いているシャッターか、窓を細く開ける。

エアコンのリモコンに外気温が表示されるので、35℃を超えると2㍑のペットボトルで室外機とその周りに水を掛ける。そうすると一気に10℃近く下がる、打ち水効果ってヤツかな。引っ越してきてすぐの夏に取り付けたオーニングを、室外機に日が当たらないように出すのだけど、風のない日は室外機自体の熱気が籠もるから、出し過ぎは禁物。

要は日差しを防いで風を通す、ただ風が強すぎる日は飛ばされたら困るので、その辺の兼ね合いが難しい。このオーニングも8年目、布が薄くなっている所があるのに気が付いてテント用の補修テープを貼った。

暑い日の過ごし方は、2015年8月の「立秋」でも書いていて、やってるコトはほとんど同じだけど、今年はまだ7月も半ば。梅雨明けも早かったし大きな災害もあって、ヒトの手が届かない所で何かが起こっている。それでもせめて、無駄な熱を出さず、冷やした空気を逃がさず、あとは高気圧が弱るのを待つしかない。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

バナナヨーグルト

私がバナナ好きなのは相当知れ渡ったと思う。今、毎日食べてるのが、バナナヨーグルト。輪切りにしたバナナにヨーグルトと頂き物のブルーベリージャムを掛けて食べる。何が驚くって、ワタシを「猿」呼ばわりしていた夫が毎日一緒に食べること。

朝食は6枚切りのトーストを半分ずつ(夫にはイチゴジャムを塗る)とコーヒーだけ、10時半頃に大きなバナナななら半分ずつ、小さいのなら1本ずつを食べる。夫は朝食と一緒には食べられないので、午前中のおやつにちょうど良い感じ。太ると思ってたバナナだけど、毎日食べても今のところ大丈夫、バナナに関係なく既に太っているのは大問題だけど。

バナナは一気に食べ頃が来るので、熟したの2本とまだ熟してないの2本を組み合わせて売ってくれないかな。

人気ブログランキングへ

夏の準備

もう6月も終わろうとしているけど、まだエアコンを使ってない。去年はどうだったかとブログを見ると、似たような感じで晴れるとカラッとしてるからと、7月に入って使い始めてた。歳をとると湿度のセンサーが鈍くなるらしく60%を越えても不快じゃない。冷房必須だった夫も、脂肪が減って寒がりになって、2人の快適温度がほぼ同じになり揉め事が減った。

去年の10月に「エアコン修理」して本当に良かったと思う寒い冬を通り越し、その後、このエアコンがリコール対象との報道があり、暖かくなった頃に見に来てもらった。なんでも、小さなモーターが過熱して火事になった例があったとか。ウチのは大丈夫だし、内部も比較的綺麗、運転も順調とお墨付きをもらったので安心。

寒くて貼った窓ガラスの断熱はそのままで、たまに角を剥がして糊が残らないか確認すると大丈夫なので、このまま夏の断熱になりそう。

何処かのテレビ番組で「ガスレンジに火を付ける少し前から換気扇を回して、空気の流れを作っておかないとダメ」という話を聞いた。この時はすごく寒かったので、えー、と思ったけど、そうしないとニオイが残って結局長く換気扇を回すコトになるらしい。

あらかじめ空気の流れを作るのは効果があるみたいで、夫に「こっち、すごいニオイがしてるよ」と言われることが減った。ずっと中にいるとニオイは感じなくて、換気扇を止めてちょっと何処かに行って戻ると気付くことがあったけど、この頃はそれもあんまり無い。

まぁ今は窓を開けているから条件良いけど、これから暑くなった時に忘れず空気の流れを作らないとね。

人気ブログランキングへ

ミシン掛け

前にミシンを出したのはいつだったか、毎回そう思うくらいミシンの出番がない。理由はハッキリしていて、布が裁てない、裁つのに適した作業台がないからだ。昔は床の上に布を広げて、印が必要な時だけヘラ台のようなモノを下に敷いて裁っていた。でももうしゃがんだり、膝をついた姿勢で何かをするのはムリ。

たいそうな物を作るワケじゃなく、この前は椅子のカバーを縫った。一応型紙があるので、食卓で裁ったのだけれど、ズレたりして全然上手くいかなかった。出来上がったカバーは微妙に小さくて、すぐにスナップが外れる。作り直してよ、と言われるけど、そんな簡単じゃないし、作業台がなければ同じ結果になるだろう。

夫の夏用ズボンの裾上げをしなくちゃとミシンを出した。ついでに縫うのは直線裁ちと直線縫いのテーブルクロスとランチョンマット。ネックは裾上げのしつけ糸を通すのとミシンに糸を通す所、もちろん糸通しを使う。白の下糸が巻けてないのに、ミシン針に糸を通す前に気が付いたのでホントに良かった、これが通した後だったら、もうやる気ゼロだったに違いない。

縫い始めると何かおかしい、滅多に試し縫いなんかしないけど、切り落としたズボンの布を拾って縫ってみると上糸がつれている。うーんとボビンケースを取り出して少し締めてみても改善されず。買ってから約40年、1度ベルトを替えただけで、ほとんどメンテナンスもしないで使ってきたけど、いよいよ修理?どこに頼むんだろうと頭の中でグルグル。落ち着いてよく見ると、上糸が調節ネジの横で引っ掛かっていて、それを外したら調子は戻った。

ミシンの調子が良ければ縫うのはあっと言う間、他に何か縫うモノないかなーと探しても、裁ってないんだからあるはずがない。今、本当に縫いたいのはエプロン。型紙も持っているのだけど、例によって裁つ場所が問題。多分、食卓は型紙を置いて布を裁つには高すぎるのだと思う。

カバンと同じで、気に入った素材、デザイン、大きさ、そして買える値段のエプロンはなかなかない。それと出会えるのが先か、ワタシが布を裁てるのが先か。今使ってる2~3枚のエプロンが全部ダメになるまでには、まだ少し時間があると思うけど。

人気ブログランキングへ

豆菓子

ナッツ類は好きな人多いと思うけど、結構高いし、大袋を買うとあんまり口に合わなかったり、湿気ちゃったりする。特に夫がニオイに敏感だった頃はちょっとでも油臭いともうダメ。そんな我が家で超ヒットになったのが「でんろく豆のミックスナッツ」、ナッツが美味しくて香りがいいのはもちろん、テトラ型の小袋に入っているから食べ過ぎない。

でん六豆のナッツが美味しいのだから、その名も「でん六豆」は間違いないはずだと買ったら、コレがいわゆるヤバイってヤツ。そんなに豆好きでもなかったワタシなのに、あればあるだけ食べちゃう。この前、スーパーで急いでいた時に、間違って「春日井のグリーン豆」を買ってしまった。家に帰って間違ったのに気付き、取り替えてもらおうかとウジウジ考えていたけど、春日井のだから美味しいかもしれないと開けて食べた。

でん六豆は甘く、グリーン豆は塩っぱい。この塩っぱい豆、ワタシは今ひとつだったけど、夫が気に入って問題は解決。あと、2人ともお気に入りなのが、浅草から隅田川を渡った所にある中山製菓の「豆板」、こちらはHPがなく、検索すると渋谷の洋菓子会社が出てくるけど、それは別会社。美味しいピーナッツに拘っているそうで、袋詰めされたお菓子の下に白い厚紙が入っていて、小さな工場で誰かが詰めているのかな、などと思う。

でんろく豆が止まらなくて、あると全部食べちゃうので、買うのを我慢してる。コレってどうなのよ。

人気ブログランキングへ

バージョンアップ

一昨日午後のことだった。パソコンのクリーニングをしようとしたら、そのフリーソフトが「バージョンアップ!」と言って来た。

ウチでは「ご飯はワタシ、パソコンはアナタ」とハッキリ分業している。ちょっとしたコトも滅多にしないのに、これぐらいはやれよと言われるので、ついクリックした。夫が「それ、○○を一緒に入れてくるからチェック外して」と言った時には既に遅し、バッチリ一緒にインストールされていた。それはまずいコトらしく、調べてアンインストールを試みるも上手くいかず、夫が色々やっているウチにパソコン画面が青くなってしまった。

「これはOSからインストールするしかないね」と夫は何気に嬉しそう。ああそうだった、この人の趣味の1つがインストールだと思い出した。結婚してすぐ、大揉めの末にパソコンを買って以来30年以上、メーカー製のパソコンはMacのColor Classicという可愛い機械くらいで、MacからWindowsになっても常に夫が組み立てインストールしたパソコン、いつからか夫のお下がりを私が使うようになり2台体制。

やってもらってなんだけど、今回のOS入れ替えはあっと言う間に終わった。パソコンの性能も上がり、ダウンロードでインストールできるようになり、通信速度も上がったと色々あるだろうけど、その昔、入れるソフトのCDを順番に積み上げて、パソコンの前で仮眠しながらインストールしていた夫をよく覚えてる。

生まれ変わったパソコンは動作も速くなり快適。ただ見事に消えたのがブックマーク、以前なら結構ショックだったと思うけど、今回はスッキリしたと感じるくらい。増えすぎて整理しなきゃ、と思っていたのが一気に消えて、これから本当に必要なのをマークしていけばいいし、ブログなど誰かが預かってくれているのは本当に有難い。

今後、バージョンアップのお誘いには十分気を付けて、一々夫を呼ぶことにした。パソコンに関して、私がバージョンアップすることは絶対にない。

人気ブログランキングへ

秋葉原

先週、お茶の水から神保町に行ったのに続いて、今週は秋葉原に。「秋葉原の部品屋」を巡って、もうすぐこの世から消えてしまいそうなモノを探して買うと言う。中学生から秋葉原に行っているという夫、古いお店がどこにあるかは久しぶりでも分かるらしく、スイスイと歩いて行く。

出掛ける時は、どこでお昼を食べるかが前夜の話題で、夫は「神田雲林-ユンリン-」に行きたいと言っていた。ここはもちろん美味しいけど、今の私達には量が多い、2人でランチ1つでちょうど良さそう。でも、そうもいかないから何か麺を頼むか。

ここの所、メディアにも登場していて、絶対に並んでいるから11時半狙いと言う夫、イヤイヤ最初に食べちゃうと買い物できないでしょ? え?できるよ、と答えるのが信じられない。この前の天丼だってしばらく休むことになったじゃない、そうだっけ?この人の能天気には呆れるを通り越して感心する。ラストオーダーが1時半だからそれまでにに行けばいいよ、で、ダメならまつやでおそばにしよう。

こんな風に話し合ったにも関わらず、実際には「ラホール」でカレーを食べた。買い物に時間が掛かって1時半はとっくに過ぎていて、まつやも良いけど、昔よく食べたカレーも食べたいね、ご飯を半分にしてもらえば食べられるってコトで。夫はブラックカレーご飯半分、私は普通のチキンカレーご飯少な目、トッピングの唐揚げを半分ずつ、ルーを使っていないカレーは食べ易かったみたい。もちろん食後は地下鉄の座席を含めて休憩した。

秋葉原は、より雑多な街になっていた。外国の人が多いのは相変わらずで、ガチャガチャだけがずらっと並んだお店は初めて見たかも。あと、メイドさんに誘われたのも初めて、おばさんにも声を掛けることになったのかな。

人気ブログランキングへ

神保町

昨日、久しぶりに神保町に行った。と言っても、夫の用事があるのは御茶ノ水駅の近くで、お茶の水と神保町は結構な急坂で結ばれている。ウチから神保町駅までは乗り換えなしでで行けるので、若い時は往復歩いた。しかし、今となっては無理は禁物、行きは2回乗り換えて丸ノ内線御茶ノ水駅で降りて(運賃は同じ)用事を済ませ、坂を下って神保町へ。

神保町と言えば古書店街だけど、古くから飲食店も充実。その中に「いもや」という天ぷら、とんかつ、天丼をそれぞれ店舗ごとに1メニューの店があった。その成り立ちや経緯は知らないのだけれど、家族3人で1番行ったのが天丼いもや、安くて量がちょうど良く、どの店も全部カウンター席なので天丼は食べ易い。

その「天丼いもや」が店を閉じた?イヤ移転して続けているらしいと聞いたのがしばらく前だった。その後、新しいお店は「いもや」ではなく「神田天丼家」、場所も離れて分かりづらく、ネットで調べて出掛けたのに行き着けないこと2回。夫の手術があって延び延びだったけど、昨日は行ってみようよと、私も付いて行くことにしたのだ。

今回はすぐに見つけたけど、お店の外まで並んでいる人が見えたので、時間を潰して2時過ぎに戻ると、運良く待っている人が店内に3人くらい。メニューは天丼600円とエビ天丼850円、単品で足すこともできる。並んでいる間に「天丼でよろしいですか?」と聞かれ、運良く揚げ鍋の真ん前に並んで座った。エビ、イカ、キス、カボチャ、海苔が揚がるのを見ていると、ご飯の量を聞かれ、夫が少な目で私は普通をお願いした。

夫は食べたいのは山々だけど、食べられるだろうかという不安があったらしい。でもそんな不安は無用、お店を出た後、ご飯も美味しかったと夫が盛んに言うので、それは丼汁のせいだろうと言った。店内に「祝5周年」とお祝いが飾ってあって、5年以上も過ぎていたことに驚いたし、天丼の変わらぬ味に感動したけど、今度は私もご飯少な目にしようと思った。

人気ブログランキングへ

冷凍庫も整理

ウチの冷蔵庫は総容量が170㍑の小さい2ドア、下の引き出しが野菜室じゃなくて冷凍庫になってる。この家に引っ越して近所のリサイクルショップで買ったんだけど、この大きさを選んだのは上にオーブンレンジが載せられるから。最初は野菜室がなくてちょっと苦労したけど、野菜は冷蔵庫に入れないで済むように少量を買って使い切るようにしている。今、入ってるのは新玉ねぎと新キャベツ、ニラで、これから暑くなると多少増える。冷やして食べた方が美味しい果物は食べる前に冷やす。夫曰く「冷蔵庫は冷やす所、保存する所ではない」野菜と、特に果物に限って当たってると思う。

この前100均で、野菜を立てて保存するケースを冷凍庫に使えそうと思って2コ買った。どうせ整理するなら掃除と、それ程暑くない日に冷凍庫の引き出しを外して中を全部出して入れ物を洗った。冷凍庫は2段になっていて、上には主にアイスとイーストや牛脂など小物が入れてある。下のボックスが深いからゴチャゴチャになりがち。入っているのは肉類と冷凍ご飯、自家製パン粉、ロックアイス、市販のパイシート、あと保冷剤。

この保冷剤がつい貯まるのだけど、これから魚を買いに行く時に使う大き目のとケーキに付いて来るの5~6コを目立つ袋に入れて保存、その隣にケースを置いてご飯を冷凍するはココにした。ケース2コを少し離して置くとその間も同じように使えて得した気分。

処分したのが去年のギンナンと、何時からあるか分からない明治のエッセルスーパーカップバニラ。ギンナンは最初使い過ぎると1シーズン保たないんじゃないかとケチってて、結局使い切れなくて情けない。大きなエッセルは冷凍庫のニオイが移ってた。これからはミニサイズ6コ入りを買おう。

確認した冷凍牛肉・豚肉と、買ってきたお肉も合わせて、昨日、久しぶりにミートソースを作った。参考にするのはココ→
肉の量は半分くらい、その他の材料も適当に調節しちゃうけど、粗挽きの肉を強火で焼いてから煮込む所が美味しく作るコツ、今回はトマト缶とカゴメのトマトソース缶を1缶ずつ使った。

まだ味見段階だけど、結構良い匂いがしてて、明日辺り食べるのが楽しみ。

人気ブログランキングへ

掃除と片付け

今年の冬がすごく寒かった記憶が薄れそうになる日々。桜は早く咲いたし、夏日も早めにやってきてるけど、家で冷房を入れるほどではなく、例年より暖房も冷房も使わない期間が長いような気がする。大活躍だったガスファンヒーター、春が来そうになった頃に不完全燃焼ぽいニオイがするので、もう処分して新しいのを買おうかと思った。万全ではないけど壊れてはいない、いつもの困った状態。押し入れにしまわないで、粗大ゴミに申し込むか。

季節が良いからと、夫がパソコンの中の掃除、掃除機で吸った後、外でエアダスターで吹く。それを見ていて、ファンヒーターも掃除してみようと思った。ガスホースを外し、外に出して吹き出し口をのぞいたら、シロッコファンにホコリがビッシリ付いてる。エアで吹くのでは埒があかないので、吹き出し口から入る細い筆で掻き落とし、後の吸気口からもエアで吹いて飛ばした。水分や油分のないホコリだから、落とすのは比較的楽だった。分解してないので内部はどうなってるか分からないけど、掃除した後もう1度点けてみたら、最初ホコリが焦げるニオイはしたけど、不完全燃焼ぽいニオイはしなかったので、とりあえず押し入れ行きとなった。

押し入れも入れ替えをして使い易くなった。基本的に使わないモノを奥に、しょっちゅう出すモノを手前に、空間を無駄にしないように、というごく当たり前のこと。押し入れの下段に重ねていた引き出し式の衣装ケースを上段に横に並べて、その上に布団を仕舞うように。圧縮袋に入れた冬布団をケースの上に置くと安定が良く、無駄だった布団の上の空間が狭まった。

いつもファンヒーターを片付ける時に、ガスレンジを降ろしてレンジ台に乗り、換気扇の本体も外して掃除、レンジフードなども掃除するのを今回はパス。油を使う料理が減って汚れなくなったからで、この辺は秋に。

押し入れを整理して服が増えたのを実感、着てない服は処分して、それ以上に買わないように気をつけよう。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示