FC2ブログ

キンカ堂

布や裁縫関係を買おうと思ったら、今はユザワヤだけど、私が子どもの頃は池袋にあった「キンカ堂」だった。あのキンカ堂が店を閉じるなんて驚いたし悲しかったけど、改めてwikiを読むと知らなかったコトだらけ。

50年以上前、私と姉の普段着はほとんど母がミシンで縫っていた。母は当時の女性らしく和裁洋裁をちゃんと習っていたので、私達のサイズを測って原型という物を作って、雑誌などを参考に作りたい服の型紙を作って、布を裁って縫う。つまりオーダーメイドの普段着を着ていた、贅沢な話。

私は何も習ってないので、ありものの型紙を買って作るのが精一杯。ミシン掛けは好きなので、お針子ならできる。お針子なんて今は死語だろうけど、何とも良い響き。イヤ、お針婆か。

母のミシンはジャノメのもちろん足踏み、南側の明るい場所でいつもミシンを踏んでいた。というイメージだけど、自分で作って分かるのは、ミシンを掛ける所まで行ったらもう完成間近、母はよく「裁てば半分」と言っていた。採寸から布を裁つまでの工程を思うと、半分どころかできたも同然。

母がキンカ堂に布を買いに行くのにくっついて行って、店内の反物の布の山をワクワクしながら眺めていた。お客は欲しい反物を選んで、向こう側にいるおじさんに「コレ、5m」と言うと、1mの物差しで測ってハサミでサーッと切って伝票と一緒に渡される。何カ所か廻って、最後に会計して重くなった荷物を提げて帰ってくる。母はさぁ作るぞ!と思っていただろう。

二十歳過ぎに作ってもらったジャンパースカート2枚はまだ持っている。その頃から、池袋パルコで安い服を買ったりしていた。安いと言っても選んで選んで1枚買う感じ。今とそれ程違わない値段、イヤ、今の方が安いくらい。手間を掛けて服を作るコトはなくなった。

50年が過ぎたんだから、変わって当たり前だよね。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



農大収穫祭

昨日、天気が良かったので、久し振りに東京農業大学の収穫祭に行った。

前に農大のことを書いたのは「カナヘビ-冬眠-」で、おそらく2000年頃の話だと思うけど、それよりもっと前、まだ娘が4~5歳の1993年頃、農大正門のはす向かいに1.2階がツタヤ、上の階には食べ物屋さんも入って駐車場もあるビルができた。これなら母も一緒に姉の車で行ける、女4人で収穫祭に遊びに行こうというコトになった。

私以上に出不精の母は、もちろん大学祭は初めてで、食べ物や野菜を買いながら歩くのが楽しそうだった。最後に植木を売っている所で買う気満々、色々聞いているので、私達は向こうで買った物を食べているからちゃんと来てね、と別れた。しかし、あんまり母が遅いので心配になり、姉が「見てくる」とその場を離れた。と、1分も経たないうちに娘が「う○ち」と言うのだ。「えー!なんでもう少し早く言わないのよ!」

しかたがないので、地面に食べかけのパックを置いて(思えばメモを残せば良かったのだけど)、娘の手を引っ張って、1番近い校舎のトイレを借りた。戻ってみると、土のついた苗木を2つ買った母と姉が待っていて、この食べ残しで分かってくれた?などと事情を説明。

久し振りに入った農大は、多くの校舎が新しく建て替えられていて、娘が借りたトイレの校舎も無くなっていた。蜂蜜、味噌、ベーコンに長蛇の列、蜂蜜は昔から人気だったけど、早朝や前日から並んでしまう人が出て、抽選券を配るようになったらしい。私は初めてイノシシ汁というモノを食べて、あとは野菜や果物をチョット買って帰ってきた。

相変わらず、他には無い販売や模擬店があって楽しいのだけど、校舎が立派になった分通路が狭くなり、昔とは雰囲気が変わってた。ケータイもネットもなかった時代、遙か昔の思い出。

人気ブログランキングへ

ラグビー

日本各地でラグビーワールドカップが開催中、どこの競技場も芝生が見事に整備されていて感心する。

35年位前の独身時代、国立競技場や秩父宮ラグビー場に大学ラグビーを見に行った。本来、ラグビーシーズンは秋が深まる頃に始まり、12月の1週が早明戦、お正月の2日に大学ラグビー選手権の準決勝2試合、次の日曜日に決勝、成人の日が全日本選手権決勝(社会人ラグビー優勝チームと学生チャンピオンが戦う)だった。

とにかく寒いので、男子チームが先に行って席を取り、女子チームはおにぎりなどのお弁当を作って後から行く。温かいスープを魔法瓶に詰めて持っていったり。男子チームは夫の幼なじみ達で明治OB、早稲田OB入り混じり、その中の一人と結婚したのが私の高校の同級生だった。

その後、私達も結婚したワケだけど、お正月にその仲間が集まってラグビーをテレビで何度か見るも、長くは続かなかった。更にその後、ラグビーそのものに興味を失っていった。大学ラグビーは明治や早稲田が優勝できなくなり、社会人では新日鉄釜石や神戸製鋼に代わってトヨタ自動車、サントリー、東芝、サンヨーなどが強くなった。

久し振りにラグビーの試合を見た。今、国内でどのチームが強いのかも知らないし、日本チームには色々な人がいて驚いたのだけど、世界で戦うにはフィジカルが絶対必要。開催国が決勝トーナメントに進めないことは、ほとんどないらしい。地の利があるものね。

今朝、TBSテレビで松尾雄治氏を見た。背広を着て解説するより、赤いジャージで走っていた方がずっとカッコよかった、ワタシもずいぶん年をとったというコトね。

人気ブログランキングへ

コーヒーミル

夫はコーヒー好きで、若い頃は馴染みの自家焙煎珈琲店が何軒かあった。私は紅茶党だったので、コーヒーの美味しさをあまり知らず、それまではお砂糖ミルクたっぷりで。

結婚して家でコーヒーを淹れるのに最初どうしたのか、インスタントコーヒーを買ったと思うが、あまり記憶がない。レギュラーコーヒーをどのタイミングで買い始めたのか、多分スーパーで買った豆をペーパーフィルターで淹れたと思う、あ、今と同じだ。その後、朝忙しいので、コーヒーメーカーも買ったりした。それとは別の飲み物という感じで、夫が通う自家焙煎珈琲店で豆を買うようになった。カウンターでコーヒーを飲んで、マスターが淹れるのをじっと見て、ネルドリップのお勉強。

その頃の夫はとても忙しく働いていたので、せめて美味しいコーヒーの1杯くらい淹れてあげようと思ったみたい、お店に飲み行く時間もないし。お店で飲むと1杯600円、豆は200g1400円で10杯分、得は得だけど、淹れるのにもそれだけ手間が掛かるし、同じ味が出せるワケじゃない。ただ、一連の焙煎作業にすごく手間を掛けるのを見てたから、豆を買う時にはちょっと申し訳ない気持ちになったモノだ。

せっかく美味しい豆で淹れるのだからミルも買おう、高いけど垂直方向に回すタイプがいいと、カリタの手動ミルを、まだ幼稚園に入る前の娘と一緒にフタコの高島屋に行って買った。重くて、持って帰るのを諦めて送ってもらって以来25年余り、お休みもありながらだけど、故障なし。

お店や毎日使う家庭なら、ある程度は大丈夫だろうけど、間が空いてしまうと残ったコーヒーのカスが酸化するから、それを掃除しないで新しい豆を挽くと変なニオイのコーヒーになる。もちろん最後の1粒まで挽くのだけど、分解して掃除すると思わぬ所にもカスがこびりついてる。第一コーヒーの豆を買ってきたら掃除、慣れればそんなに時間は掛からない。

あとはネルなんだけど、これは書き始めると非常に面倒くさいことになるので省略。

人気ブログランキングへ

カツ丼

先週のある日、カツ丼を作った。夫がまた何かで見たらしく、カツ丼を食べたいと言い出したから。何度も書いているけど、揚げ物の中でもフライは油の摂取量が多い。それに丼汁の砂糖、衣の小麦粉、多めの油で気持ちが悪くなる要素が揃う。それにも関わらず食べたいというし、ちょうどその時に小振りの豚ロースが2切れ、冷蔵庫にあった。コレも何かの巡り合わせと一念発起、そもそもカツ丼は天ぷらと双璧の面倒くさいと料理だと思う。なので、お惣菜のカツで作ったり、お弁当屋さんで買ったりしてた。それも夫の胃が有る頃の話、ここしばらくは食べていなかった。

子どもの頃、西武沿線に住んでいたので、月に1度くらい池袋に行くのが家族行事。買い物は西武デパート、反対側の西口にある「のとや」という食堂でお昼を食べるのが定番だった。私は毎回必ずカツ丼を選んで、食券の半券が持って行かれて、カツ丼が来るのをワクワクして待った。食が細い子だったのになぜかカツ丼、もしかしたら母親と分けたのかもしれない。当時、ウチの外食と言えばここぐらいだし、母は豚カツを揚げる事はあってもカツ丼を作る事はなかったと思う。

今回は1番最初に出汁をとって丼汁を作り、玉ねぎも切っておいた。肉は小振りのが2枚を例の低温から上げるので筋切りなし、蓋付きのアルミ鍋で2人分一緒に玉子でとじて、これならまたできると思った。夫は思ったよりたくさん食べて、案の定食後に少々苦しんでたけど、また食べたいと言うんじゃないかな。なにせ夫は「今度は大丈夫かもしれない病」で、苦しんだコトを忘れられる奇特な人。

のとやのことを調べると、同じ場所に「のとやビル」があって、建ったのが30年前、食堂はないみたいだけど、ごちゃごちゃした感じは50年前の記憶と重なる。あの食堂のテーブルでワクワクして待ったカツ丼、50年経ってもワクワクするのは変わらない。

人気ブログランキングへ

復活の呪文

今回の風邪からは5日くらいで復活して、一応日常に戻ることができた。復活と言えば思い出すのは「復活の呪文」ドラクエⅡだろう。

ⅠからⅡになって呪文がメチャクチャ長くなって、書き間違い頻発。その度にアンタが悪い、と大もめ。そこで、夫はゲーム機とビデオデッキをつないで録画、こういうコトだけは良く思いつく。これは画期的で、その後揉め事が減ったのは言うまでもない。が、当時はベータのビデオテープで、ずっと録画してるとすぐにテープが終わりになるので、セーブする時だけ録画しようとすると、肝心な時に忘れたり。

最近のゲームはやらないけど、こんな苦労はないだろう。だからやらないとも言える。個人的にドラクエⅡが1番の名作だと思ってて、Ⅲをやってガッカリして以来ドラクエはやらなくなったし、FFもやらなかった。

実生活で、間違った呪文を唱えて、復活できない事態は避けたい。

人気ブログランキングへ

お餅つき

一昨日の午後、夫の用事に付き合った後、目黒の商店街に回って、おでん種と大根などの八百屋物を買った。荷物を持って帰り際、商店街の端で「ポンポンポン」という音が聞こえた。夫が何だろうと言うので戻ってみると、お米屋さんの裏で音がしていて湯気が出ている。お餅をついているんじゃない?と、聞いてみれば、やっぱりお餅をついていると言う。

夫が「売ってもらえますか?」と、ものすごい勢いで言うので、お店の人は、明日になれば持って帰れるかもしれないけど・・、と困った様子。今ついているお餅をどうやってバスに乗って持って帰るのか?知らない人は困るよ、スミマセンでした、と言ってバス停に向かった。

夫はつきたてのお餅を食べたことがない、つまりお餅つきを知らないらしい。私の両親は田舎の出身なので、年末には埼玉の母の実家でお餅つきをした。ずっと昔は薪のたき火で餅米を蒸かして、おじいちゃんが杵でついていた。つきたてのお餅をちぎって好きなだけ食べながら、小さい鏡餅を作ったりした。のし餅を切るのは翌日だったかな、端っこはよく乾かして揚げてかき餅になった。

いつの頃か臼と杵が餅つき機に変わって、それでどれくらいまでお餅つきをしていたのか、全く記憶がないのだけど、シングルパックのお餅が1年中売られるようになって、お餅はお正月だけのモノではなくなった。

次にお餅つきを手伝ったのは子どもの幼稚園や児童館だった。もちろん臼と杵でつくので昔取った杵柄、と言っても返し手専門。子ども達も1人ずつ細い杵でついて、お餅を丸めた。つきたてのお餅を食べたいなら、ボロ市で代官餅の大行列に並ぶしかないと思ったけど、児童館で手伝いもアリ、かな。

人気ブログランキングへ

長嶋一茂

ここの所、テレビで引っ張りだこの一茂氏。どうでもいいコトだけど、私は10代の頃は長嶋さんが大好きだった。実家で当時1台しかないテレビは、父の意向で野球中継を延々見ることが多かった。父がGファンなのかどうかは不明だけど、私の心には「4番サード長嶋」が入り込んだ。

長嶋さんが、東京オリンピックのコンパニオンだった亜希子さんと「ON、オリンピックを行く」という企画で出会ってすぐに結婚したのも、4人子どもがいるのも知っていた。長嶋さんのお茶目なエピソードはたくさんあって、子どもの頃の一茂氏を試合後球場に忘れて帰ったのは有名。あと、靴下を両方片足に履いて、片方がナイナイと探し回ったとか。

私が高校1年の秋、長嶋さんは現役を退き、そのセレモニーを文化祭の代休だった月曜日に生中継で見て泣いた。その後監督となってからは徐々に興味を失っていった。結婚したら、夫が球技全般、特にプロ野球を嫌いな人だったので、野球中継はもちろん、スポーツニュースも見ることはなくなった。だから一茂氏がドラフトでヤクルトに入ったのも、その後Gにトレードされたのも知ってると知らないの間くらいだった。

その後一茂氏を見たのは「さんまのSUPERからくりTV」で、本人はさんまに感謝してるらしいけど、全く面白くなかった。それが最近になって、クリームシチューのクイズ番組やサンドイッチマンと一緒にバスの旅をする企画など、あとは羽鳥慎一モーニングショウの金曜コメンテーターの発言で面白いと思うコトがある。

最近、本人に思い入れがあるハワイで、色々話す番組を見た。その中で、52歳になった今頃は何処かのプロ野球チームの監督をやっているだろうと、若い頃は思っていたとか、ドラフト会議3日前に「おまえはプロは辞めなさい」と母親に言われたとか、初めて聞く話だった。偉大すぎる親と同じ道を進むのは過酷な選択、それが本人には分からない。まぁ私の親は凡人なので、偉そうなことは言えないけど。

親は親、自分は自分と吹っ切れた時に花は開く。野球のセンスは少し違っても、お茶目な所はお父さんにそっくりだと思う。

人気ブログランキングへ

夏休み

6月末に梅雨明けの発表があった関東地方、6月中は観測史上初めてのコトらしい。雨は25日から降ってなくて、心の中で梅雨明けたんじゃない?って思ってた。

梅雨の戻り(そういう言葉があるのか分からないけど)があるかと思いきや、「梅雨明け10日」さながらに、起きたとたんに今日も良い天気なのが分かる。8時には外気温が30℃を超え、ちょっと湿気った風が吹く、あー、これってワタシが小学生だった時の夏休みの感じそのものだ。

その頃の梅雨明けは7/20頃、夏休みが始まる前後に梅雨明けだった。今年はまだ7月になったばかりなのと、日が長いの以外は梅雨明けの気候。

今年亡くなった母の実家が埼玉の久喜にあって、姉と2人で1ヶ月以上ずっと行っていたこともある。今の久喜とは全く違い、家の前には水田が広がり、庭でセミ取り、近所の子が誘ってくれれば川でザリガニ釣り、毎日の夕立・雷雨でスッと涼しくなる。蚊帳を吊ってもらって一騒ぎしてから寝る。

夏休みの宿題を全部背負っていくので、朝の涼しいウチに勉強しちゃいなさい、と言われたモノだ。何がそんなに楽しかったのか分からないけど、1日も30日間もあっと言う間に過ぎた。絵日記には事欠かないのに描くのは8月の末にまとめて。

夏休み頃の天候になったのだから、学校も夏休みにしないとね。

7/4追記 「梅雨の戻り」という言葉はあるようです。梅雨明けした後、また梅雨のような天気が続くこと、東京は今日から曇りがちで気温も少し下がりましたが、雨はまだ降ってません。台風の影響か、風が強いです。

人気ブログランキングへ

パディントン

もしかしたら、ミシンと同じくらい大事にしているのが、パディントンのペール缶。25年くらい前の年末かお正月に、フタコのソニープラザで「福缶」として売られていて、缶だけでもいいやって思うくらい可愛いくて一目惚れ。中を見て良いので、パディントンのぬいぐるみが1つ、ギュウギュウに入っているのを選んだ。

くまのパディントン」は若い時から好きで、本を何冊か持っていた。今wikiを見たら最初にイギリスで出版されたのが私が生まれた年、パディントンも還暦だ。本もぬいぐるみも、ガレージセールで売ったり処分したりしたけど、ペール缶だけは手放さずに来た。

今は捨てられない端布や縫い物関連の小物、ファスナーやボタン、バイヤステープや布テープ、その他のごちゃごちゃしたモノが入っている。丸い缶は四角い箱が多い中で収まりが悪いけど、そんなコトは関係がない。

近年、映画が作られたり、各地で「くまのパディントン展」をやっているのは生誕60周年だからみたい。今はちょうど渋谷で開催中、でも入場料1.400円は高すぎなので、ペール缶を眺めてパディントンのことを思えば十分。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示