劣化

今使っているのが完全に壊れてはいないけど、新しいのを買った方が良いに決まっていて、かと言って何百円では買えないので先延ばしにしている。これが今の私の自転車。

今の自転車は買ってから10年にはなると思う。それまでは1万円ちょっとの自転車を3~4年乗るって感じだったけど、夫が、別件で知り合った地方の大きな自転車屋さんに頼んでみれば? 毎日使うんだから良い物を買った方がいいよと言ったので、その通りに聞いてみた。そうしたら、在庫品だからという理由で国産車(ブリヂストン)をとても安く譲って下さった。毎日乗るし、後ろのカゴにはお米や野菜を積むのでタイヤやチューブを減りにくいのにして欲しいという、ワガママなお願いにも応えてくれた上で。

「倍払って3~4倍使う」のを絵に描いたようで、こんなに長く乗った自転車は初めてだと思う。しばらく前から後ろのタイヤがすり減って割れ目も入り、スポークが錆びてきてるけど、それ以外は大丈夫なので、ブリヂストンを扱っている自転車屋さんでタイヤとチューブ、スポークも替えてもらうとどのくらい掛かるかを聞いたら2万円弱とのこと。夫に言ったら、それに足して新しいのを買った方がよいと言われた。直しても次はブレーキ、次はどこと不具合が出て来るからって。

これを買った地方の自転車屋さんは、通販はトラブルが多いのでやめたとHPに書いてあったし、見積もりを出してくれた近所の自転車屋さんで買うつもりなんだけど、暑かったり雨だったりが少し治まるまでは、今のに乗ろうと思ってる。タイヤがいつ破裂してもおかしくないと脅かされているけど。

夫は昔、スポーツタイプの細いタイヤの自転車に乗っていた。頻繁に乗る訳じゃないので、乗る前にタイヤに空気を入れなくちゃいけなくて、これが結構大変みたい。多分暑い日だったと思うけど、空気を入れ終わって家で一休みしていた時、アパートの裏で「パーン!」という音がした。夫は「今、パーンっていったよね!発砲事件、発砲事件じゃない?」と大騒ぎ。私が呆れて「発砲事件な訳ないじゃない、アンタが空気を入れすぎたタイヤがパンクしたんじゃないの?」と言ったら、「それだ」と慌てて自転車を見に行った。劣化したゴムは怖いのだ。

自転車のことを書くのに過去記事を検索したら、去年の3月の「二子玉川-ニコタマ-」という記事が出て来て、もうビックリ。書いた記憶が全くない。劣化するのはゴムだけじゃないってこと。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

二子玉川

先週末、この時期としては考えられない湿度の低さで気持ちが良かったので、二子玉川に遊びに行った。何故かと言えば、探していた美味しいカツサンドのお店がフタコにあると分かったから。

それは「手作りカツサンド浪漫館横浜」というお店で、横浜市営地下鉄「センター北駅」の阪急デパートに入っていて、10年近く前に用事でよく行っていて知った。その後、用事もなくなり行かなくなったけど、そのカツサンドの売店もなくなってしまったと聞いた。

お馴染み食いしん坊のウチの夫、夜の11時前に私が寝ようとする頃、美味しそうな食べ物を目にすると「○○食いてー!」と言い出す。毎回、この時間にそういうモノを見るのやめなよ、と言うのだけれど馬耳東風。この前「カツサンド、食いてー!」と言うので、そういえばあの横浜ナントカって言うカツサンド、美味しかったよね。どこかで買えないの?って調べたらフタコにあるのが分かったという訳。

二子玉川が再開発されて綺麗になったと聞いても「ふーん」って感じで行こうとも思わなかったけど、カツサンドにひかれて行って来ました。高島屋の新しくできた所はよく分からないしランチは高いし、結局昔からあるエリアが落ち着くということで、文具の伊東屋と刃物の木屋で長い時間を過ごす。夫にソファで座っているからゆっくり見てきていいよ、と言われた伊東屋で見つけたのが「猫の蚊遣り」。お値段も手頃なので買ってしまって、蚊取り線香は焚かないで飾ってある。鈴が付いててフタを持ち上げるとチリンチリンと鳴る。アマゾンでも売ってました。

最後に地下に降りて、念願のカツサンドを3コ1.000円で買って、代官山小川軒のレーズンサンドを見つけたのでそれも買って帰ってきた。カツサンドは味が変わってなくて美味しかったです。あ、もちろんレーズンサンドもね。

7/28追記 「みぃちゃんブログ」のいたずらっこさんが、早速猫の蚊遣りをご購入の上、ブログにアップして下さいました。しかも、お転婆みぃちゃんとのツーショットです。やっぱり実物を撮った写真はいいなー。^^)



人気ブログランキングへ

カナヘビ-冬眠-

ウチの近くに東京農業大学という大学があって、毎年11月の初めに「収穫祭」と名前が付いた大学祭が開催される。私が知る限りでは食べ物の屋台が最も充実した学祭だと思う。娘が小さい頃は3日間の内2日は行くって感じだった。行かなくなって10年は経つけど、きっと今でも変わってないんだろうな。

カナヘビの冬眠問題が持ち上がった時に、頭に浮かんだのが「農大に行けば知っている人がいるんじゃないか」ってことだった。もう少しで収穫祭だから丁度いいし。当日、いつもは入ったことのない研究発表をしている教室の生物関係っぽい所を探し、説明係の学生さんに「唐突で悪いんだけど、トカゲに詳しい方はいないかしら? 教えて欲しいことがあるんだけど」と聞いてみた。それが居る所には居るもので「トカゲなら○○さんに聞けばいいと思います。今いるかなぁ」てな感じで、あっと言う間に○○さんという女性の方と会うことができた。

で、外で飼ってるなら水槽の上の方まで落ち葉を入れてあげればいいのよ、それが断熱材になるからって教わって、帰り道の馬事公苑あたりで落ち葉を拾ってレジ袋に詰めながら帰ってきた。この方はトカゲを何代も育てているということで、赤ちゃんトカゲが生まれてすぐ食べられる赤ちゃんコオロギを用意するために、コオロギも繁殖させていると聞いた時には、心の底から驚いた。トカゲは趣味で、研究は別のことだったと思う。

冬眠の支度はすぐに整い、エサの調達からも解放されて、冬は静かに過ぎていった。2月だったか、ものすごく寒い夜があって、トカちゃん(こう呼んでいたんだった)は大丈夫だろうかと心配になった。で、水槽ごと玄関に入れた。玄関は結構寒いのでいいかなと置いておいたら、暫くしてガサガサと音がしてどうやら起き出してしまったみたい。今起きられても困っちゃうので、もう1度眠るように言い聞かせてベランダに出した。

暖かくなって落ち葉を片付けていたら、干からびたトカちゃんを見つけた。可哀想なことしちゃったな、と泣いたっけ。

人気ブログランキングへ

カナヘビ

いつも訪問して下さる「ますかっとさん」(勝手にリンクしてスミマセン)のブログで、ご実家の愛猫「のあ」ちゃんが、お外でカナチョロ(って言うんだって)を捕って来るというのを読んで、もうずーっと前に、娘とカナヘビを飼っていたことを思い出した。

その頃住んでいたアパートの裏に、それは大きなお屋敷があって庭も広く、塀際には大きな木が植えてあって、ちょっとした林って感じ。夏にはウチの北側の窓に涼しさを運んでくれた。

5月の終わりくらいかなぁ、日が高く長くなる頃に茶色いカナヘビやしっぽの先まで青色に輝くトカゲが、そのお屋敷の塀の穴から出てきて日向ぼっこをしているのを度々見つけた。赤ちゃんトカゲも何度か見たけど、捕まえても裏のおうちの庭に逃がすことがほとんどだった。

ある朝、ゴミを出しにアパートの裏を歩いていたら、何かが塀の上から飛び降りた。何だろうと近付いてみると、なんとゴキブリの横腹に食いついたカナヘビだった。ちょっとそれを飲み込むのは無理なんじゃね、というくらいの大物、まだ生きてて動いてるし。ゴミを置いた後、娘と虫取り網を持って捕まえに行った。ゴキブリは命拾いって言うか、もう1度言うと飲み込むのは無理だったと思うけど。

トカゲって、走った時に鼻の先をぶつけるのがいけないそうで、比較的大きな水槽のような物に、潜れるように土を敷いて石なども入れると良いみたい。大変なのは生きてて動くエサを調達することで、エサコオロギという可哀想な生き物も売られているけれど、買ってきたのを全部1度に入れてはダメなので、そのエサ関係だけが面倒だけど、あとは手間は掛からなかった。近くの公園はもちろん、多摩川の旧堤防の草むらにまでコオロギを探して遠征したっけ。野生のコオロギは堅くて食べるのが大変そうだった。

夏の初めに捕まえて、秋が深まるにつれて潜って寝ている時間が長くなり、「トカゲって冬眠するんだよね」って話になったけど、まだネットはなかったし、さぁどうしようか。長くなったので、冬眠とその後は次回に続く。

人気ブログランキングへ

水出し冷茶

言いたくないけど・・暑い。やだ、この前と同じ書き出しじゃない。

ずっと前に「水出し珈琲ポット」というのを買って、何回かアイスコーヒーを作ったんだけど、コーヒー豆を結構たくさん使うよなぁと思って、作らなくなってしまった。ポットはとても安く買ったのに、豆代が高いじゃないとか思ってね。

いつもの夏なら麦茶を煮出してるんだけど、今年はあまりにも急に暑くなったのでケトルを火に掛ける気になれなくて、かといって水出しの麦茶は慣れてない。それで、この水出しポットで冷茶を作ってみようと思った。使う茶葉は「堀江製茶」というお茶農家の特上青柳(1番茶を刈取った後、もう一度遅れ葉などを刈取ったお茶)で、ほうじ茶用に買っているもの。ヤフオクにも安価で出品されていて、私はいつもこちらで買っている。

1度に使う茶葉はネットの底にほんの少しで良くて、ゆっくり水を注いで3時間くらい置くと、茶葉が膨らんで美味しい冷茶ができあがる。ウチの夫は元々冷たい飲み物を飲まない人なので夏のお茶も常温で、冷たくしたい時には氷を入れる。

本当は湯冷ましを使えば良いに決まってるけど、それができれば麦茶も沸かせる訳で。浄水、常温だけど、1日で飲みきれるちょうどいい量だから大丈夫みたい。


書き忘れてたけど、底まで手を入れて洗えるのが嬉しい。

人気ブログランキングへ

ありんこ

言いたくないけど・・暑い。

ウチは台所の窓際(北側)に室内外温度計を置いているんだけど、朝の8時台に日が当たるようで、外気温が34℃を超えていた。こんなのを見たら、今日も1日外に出ないで過ごそうと思ってしまう。こういう日にはエアコンをゆるく入れっぱなしで、火を使う時に台所の扉を閉めて、空気の取り入れ口を足下に確保し、料理をする間と食べる途中くらいまでは暑いのを我慢。

その外気温を測るためのセンサーが窓の外側に1mくらい垂れていて、しばらく前から「藪枯らし」(この名前は訪問先のブログで知った)という草の蔓が巻き付いて窓の格子まで届き、ウチは枯らされて困る植木とか無いので、窓の外側全体が覆われたら緑のカーテンだよ~、なんて喜んでいた。

一昨日くらいから、台所に招かざるお客-小さくて赤みがかったありんこ-が来るようになった。足下に開いている通気口の網目より小さいので、そこからだと思って閉めてみたんだけど、侵入は止まらない。夫は温度計のセンサーが挟んである窓の隙間からじゃないか、って言うけど、鍵もちゃんと閉まるのに?

ふとしたはずみで気がついた。あー、あの子たち、あの蔓を登って隙間から入って来るんだわ。今朝、藪枯らしを一掃したら、見事にありんこはいなくなった。砂糖壺の横も通り道になっていたけど、素通りで助かった。自然にできる「緑のカーテン」なんて、お砂糖より甘かったってことね。


コレを使っていますが、本体裏に磁石が付いていて便利です

人気ブログランキングへ

麻婆奴

ここの所しばらく中華の炒め物を作らないでいたのだけど、そろそろ良いかなと思って夕べは麻婆豆腐にしようとしたら、夫に「冷や奴に麻婆の肉をのせたのが食べたい」と言われた。ちょうど暑くなったし、手間が少なくて済むのはいつでも歓迎なので即刻OK~。

冷凍庫にあった豚肉も解凍して、多目に肉味噌を作った。ニンニク・生姜のみじん切りと豆板醤を炒めて、適当に切った豚肉(私は挽肉を使わないので)を炒め合わせ、紹興酒、醤油、甜麺醤、黒胡椒で味付け、最後にごま油。水を切ったお豆腐に適量のお肉をのせて、青ネギと大葉と一緒に食べた。夫の命名で麻婆奴(まーぼやっこ)、麻婆豆腐とはちょっと調味料が違ったけどまぁいっか。味が足りなかったらお醤油やラー油を掛けてもいいし、お好みの薬味も足して。

残った肉味噌で今日のお昼は「中華三昧 汁なし担々麺」。冷やし中華のように麺を冷やしてもと書いてあるけど、豚肉の脂を考えると温かい麺の方がいい気がして、お湯を切った麺に肉味噌と青ネギとごまを混ぜて食べた。

どっちも美味しかったし、のせる肉と脂の量を調節できるし、作り置きもできるので暑い夏にはお勧めと思う。それにまだ解決していない「とろみ問題」が暫くお休みしたせいで振り出しに戻ってて、再開は秋が来てからの方が有り難いのよね。

人気ブログランキングへ

清美ピールのパン

パンを焼くと言っても、私の場合はホームベーカリーに全てお任せの食パンか、バターロール生地を捏ねてもらって焼くパンなので、がんばってるのはナショナルのホームベーカリー。お陰で膨らまないことがなくて、自力だけでパンを焼くのはもう絶対に無理。

冷蔵庫に入れてある「清美オレンジのピール」、バターロールの生地でパンにしてみた。均等にピールが入るような成形の仕方を紹介している所があったんだけど、ちょっと難しくて断念し、生地を長方形に伸ばしてピールを適当に載せてからくるくると巻いて、3㎝くらいの巾にカット、アルミカップに入れるやり方にした。これはいつもベーコンと玉ネギを細かく切ったので作るパンのやり方。今日も半分はこれにして、甘いのとしょっぱいのを作った。アルミカップを使うと天板も汚れないし、パンを移動させるのも楽。

オレンジピールの方の半分にはラム酒漬けのレーズンも入れてみた。焼きたてを食べたら、パンは美味しいんだけど、今一つ甘みが足りなくてちょっと中途半端な感じだった。もう1回分くらいのピールがあるので、今度はシナモンシュガーを掛けてみようかな。

パウンドケーキに比べるとバターはずいぶん少ないし、巻き方の改善とか甘みの追加とか忘れないようにしてまた作りたい。その後、冷凍庫にある清美の皮をもう少し甘いピールにしてみようと思ってる、けどね・・。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示