カツカレー

今日のお昼はヒレカツ、揚げ物はホントにたまーにで、それもなるべくお昼ご飯にしている。

一昨日くらいに新宿中村屋のレトルトでチキンカレーを作った。一人分のレトルトカレーは買わないんだけど、これはお肉と好きな具材を使ってフライパンで作るというモノ。夏の盛りに少し離れた方のサミットで夫が見つけた。暑い時はカレーが食べたいけど、玉ネギを炒めるのも長時間煮込むのも厳しいということで。ビーフとチキンと両方買って、結局ビーフだけ使いチキンは棚にずっと居座っていたのを発見、鶏肉を買って作ってみた。美味しいけど2人にはちょっと多くて残りはタッパーに入れて冷蔵庫に。豚ヒレ肉も一緒に買ったので、カツカレーにすれば?なんて話したのだった。

ところがお昼に作ったのは普通のヒレカツ定食。さぁ食べようとした時に、あっ、カツカレーと思い出した。
私「これから、レンジで温めるよ」
夫「もういいよ、食べ始めちゃったし」
私「じゃぁ、夜にカレーで食べる?」
夫「オレはカツカレーが食べたかったんだよ」
私「じゃ、温めようか?」
夫「うーん、コレ1切れ取っておくからいいよ」

で、食後の会話
夫「ラップしないでね、衣が湿っちゃうから」
私「食器棚に入れないでよ、油臭くなっちゃう。換気扇の下がいいよ」
夫「ヤダよ、タバコの臭いがつく」(夫は換気扇の下で喫煙する)
私「じゃ、この辺に置いておけば。見える所に置いておかないとまた忘れるから」

ずっと前は冷蔵庫のカレーを忘れることはなかった。少し前は忘れたことがとてもショックだった。今は、あーあ、忘れちゃったよ、やだなぁっていう感じ。これは退化か進化か、どっちだろう。


アマゾンで売ってるのは5コセットです。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

リベンジ

昨日、JA世田谷の直売会に行った。今回は出遅れないようにと言っても、家を出たのが9時15分頃で、途中で自転車に野菜をたくさん積んだ女性とすれ違った。やっぱりちょっと出遅れてたみたい。

お目当ての大蔵大根が残り2本という所で買えたし、キャベツ、泥ネギ、ラディッシュ、ルッコラ、ギンナン、あと柿。しばらく前に冷凍したピザ生地と冷蔵保存のピザソースがあるからピザをしなくっちゃと思ってた所、お買い得のルッコラと出会うなんてラッキー。

早速ピザにしたんだけど、おまんじゅう型で冷凍したピザ生地は、常温で気長に解凍すると良く延びる。電子レンジの解凍は絶対ダメ。これを捏ねてくれたホームベーカリー、使うとキーキー変な音がして困ってるの。もう最後のピザかもよと言ったら、手で捏ねれば?だって。まぁパンは無理でもピザ生地ならできるかもしれないけど、その他力本願ぶりはどうよ。ホームベーカリー頼みの私も同じか。

そうそう、地元産のルッコラは味が濃くて美味しくて、ピザを引き立ててくれた。食べながら大根の葉っぱに似てるなと思ったら、やっぱりアブラナ科だって。まだ残ってるからラディッシュとサラダにしよう。

大根は下の方半分と少しを輪切りで下茹でして、豚バラ肉とかえしの残りなどで味付けして煮てる。使わなくちゃいけない卵2コも茹でて入れた。葉っぱは刻んでごま油で炒めて甘辛く味付けて、ご飯のお供に。とても柔らかくて、この野菜が高い時期にすごい得した気分。

12月も2回開催するそうなので、寒いけど頑張って行くつもり。

人気ブログランキングへ

カレーうどん再び

今日のお昼にまたカレーうどんを作ったんだけど、巨匠のレシピは分量と作り方が分かりにくいので、忘れないうちに書いておくことにした。たっぷり4~5杯分はできると思う。

1.まず「かえし」を作る。みりん80g 醤油240g 三温糖100g弱を小鍋に入れて煮切る。本当はみりんだけ煮てアルコール分が飛んだ所に醤油と三温糖を入れて弱火で煮るとなっているけど、私は鍋を秤に乗せて重さで順番に量って全部入れて火に掛けてしまう。

2.次にカレー粉(S&Bの赤い缶)15~20gと薄力粉80gを量って、バター適量を溶かしたフライパンで炒める。これも最初に薄力粉だけを馴染ませてその後カレー粉を入れるみたいだけど、一緒に入れてしまう。木べらでダマが残らないように炒める(7~8分)と、裏ごしはしなくても大丈夫。

3.それと同時に出汁をとる。出汁は上品な鰹節ではなく、混合節や厚削りの方が合うと思う。

4.上記を冷ましている間に、長ネギ、玉ネギ、豚肉を切って準備。量は人数とお鍋に合わせて。

5.粗熱が取れた出汁の中に返しをお玉で入れて行き、味見をして良さそうな所で止める。出汁:かえしが10:1となっているけれど、そもそも出汁をきちんと量ってないので、適当にするしかない。最初は薄目にしておくと後から足せる。

6.5の汁に煎ったカレー粉を入れてから火を点け、常にかき混ぜながら強火で温めていく。とろみが付いてきたらネギ類、豚肉の順番で入れる。材料に火が通ったら味見をして、残りのかえしや出汁醤油などで味を整える。

7.汁のできあがりに合わせて、うどんを茹でる。私は乾麺を茹でてそのまま丼に入れてしまうので、麺が先に茹で上がらないように気をつける。

出汁などを冷ますのは、熱い所に粉類を入れると固まるからじゃないかと思う。なので、そんなにヒンヤリしなくても、粗熱が取れたくらいで次に進んでしまう。この分量のかえしはカレーうどん4~5杯分を作っても余るので、一気に入れないのがお勧め。小麦粉と汁の量でとろみ加減が決まるから、今日はちょっと緩かった。

あらら、書いたらすごーく長い、できあがりは丼一杯なのにね。今日は大きめの鍋で汁を作ったから、明日のお昼もカレーうどん。全然文句は出ないみたい。

11/24夜追記 お昼はカレーうどんをやめて、その代わり夕飯にカレーライスにして食べました。ご飯でも美味しかったです。カレールーを使ってないので脂こくなく、脂質を控えたい私にピッタリ。夫にも好評で、しばらくカレーはこの作り方が良いんじゃないか、ということに・・。

人気ブログランキングへ

かえし

カレーうどん」という記事を書いてたくさんのコメントを頂いたのがつい最近のことと思いきや去年の2月、あっと言う間の1年半、驚くしかない。

ここの所、新鮮で美味しい野菜を探して、時間と気持ちに余裕がある時には、入ったことのないお店を覗いてみたりしていた。そんな中で無添加の食品を扱っているお店で鰹の厚削りを買ってみた。ここは無農薬や減農薬の農作物も売っていたけれど、そちらはちょっとパス。

久しぶりに出汁をとってカレーうどんを作ったのだけど、作り方を「チューボーですよ!」のHPで調べて、あー鍋がたくさんいるなぁなどと思いながら、かえしの分量は2/3にして、たまり醤油は無いから省略、ザラメは三温糖で代用して、裏ごしもしないで作った。だしやかえしなどを冷ましている時に、自分の書いた記事を読んで、この時は鍋を1つでも減らしたくてかえしを作らなかったんだ、そんなことも忘れてた、と思った。

図らずもレシピにまぁまぁ忠実に作ったカレーうどんは、甘くて美味しかった。汁が少し余ったので翌日も食べたし、かえしも余ったので、うどんやそば、煮物に使った。このかえしを作っておけば、うどんを作る時の鍋は1つ減るし、醤油のカドは取れるしで良いね。

紹介しておいてなんなんだけど、「チューボーですよ!」のレシピって、すごく分かりにくい。「食材」「下ごしらえ」「仕上げ」ってひな形になっているから、作りながら上下に動かして見ていると、頭が混乱する。時間の流れで書いてくれないかな。

人気ブログランキングへ

売り切れ

一昨日の火曜日、楽しみにしていたJA世田谷の即売会に行った。9~12時の開催、寒かったので10時頃行ったら、何と野菜は全部売り切れ、テーブルの上にはウコンの粉と鷹の爪が少し。「だってまだ10時だよ~」と言ったら「今日は少ししか持って来なかったんだよ、ここは場所も分かりにくいし」とおじさんが申し訳なさそう。

で、この前の大根を煮たらとっても美味しかったんだけど、あれは何という大根なの?と聞いたら「みの早生」という品種だと教えてくれた。それなりに長く生きてきたけど初めて聞く名前、練馬大根とは全然違うと言われた。早生種だからもう終わりで、今度は「大蔵大根」を持ってくるとのこと。これらの大根はみんな白首で、おじさん曰く「大根は本来白首、青首はね、ちょっと・・」とのことだった。

こういう話が聞けたからまぁいっかという感じで、鷹の爪を買って、駅の方のスーパー「マルダイ」に回った。美味しそうなブリと青首大根を半分買って帰ってきた。

次の即売会は2週間後の火曜日、寒いとか言ってないで、9時に行かないとね。雨が降らないコトを願うよ。

人気ブログランキングへ

感想

宮部みゆきさんの「理由」読み終わりました。

人間関係と時間の流れを縦軸横軸にしてるけど、時間の方が行ったり来たりするので、いつもは使ってない頭の部分を使った感じ。もう1度読んだら、もっと理解が深まるというか、すぐにでも、もう1度読めると思う。

それにしても今から17~18年前とはいえ、新聞の連載にしてはきわどい内容もあり、単行本になる時に加筆されたのかな。だとすると、そこが書きたかった所なのかしらと思ったり。

2004年と2012年に映像化されているけれど私はもちろん見ていない。宮部さんの作品はかなり鮮明に情景が思い浮かんで、ともすれば登場人物の顔つきや服装までがイメージできるので、後から全然別の映像として見せられると「違うんだよね」という思いだけが残るので、見ないようにしている。

お気に入りのアメリカのドラマ「サードウォッチ」の中の「問題のない家族なんて1つもないんじゃないの」という台詞を思い出した。

人気ブログランキングへ

-誤表示-

毎日毎日「実はウチも偽装をしてました」という発表が続いている。お詫びするのは名前が通った、お値段も高いホテルや料理店、百貨店など、でもそんな所がやっているとしたら、どこを信用すれば良いのかね、と思ってしまう。一流所には味はもちろんモラルだって求められるはず。だってそれに高いお金を払うんだから。あっ、もともとが一流じゃなかったのね、きっと。

そもそも「表示」っていったい何だろう。法律で決められているのは最低限のこと(それが分かりにくいし監督官庁が1ヶ所じゃないのも問題だけど)として、普通に考えれば、お客さんが判断するための材料を正直に提供するってことなんじゃないのかな。小エビを芝エビという慣習が調理場にあったって、そんなのは食べる方には関係ないのに、お客さんより自分達の都合を優先してるってことだと思う。

ついでに言えば、バナメイエビはずいぶん食べたけど、安くて美味しかったのに、今回はなんか可哀想。この頃は養殖場で病気が流行って、値段が上がってしまい、我が家には来なくなった。一応、中華料理は自粛中だし。

JA世田谷で買った野菜は約1週間で美味しく食べ切った。その後、スーパーで野菜を買うのをなんとなく躊躇してしまっている。私が買った美味しくないキャベツも、偽装とは言わないけど、根っこは同じ所にあるんじゃないかと思ったり。静岡で暮らす娘に聞くと野菜は値段の上下はあるけど、ハズレはないと言っていた。頂くコメントからも、首都圏は流通量が多くて、色んなモノが混ざっているのかもしれないと思ってしまう。

それから宅配業者が冷蔵品を常温で扱っていたことも判明。お取り寄せや贈答品って宅配便で届くんじゃなかったっけ。食べても分からない偽装品を贈り物にして冷蔵品が常温で届くなんてシャレにもならない話。でも、ホントはお節料理は買うモンじゃないし、お歳暮はお世話になった方の所に持って挨拶に行くのが本来で、送りつけるモンじゃないと思う。大切なのは挨拶の方だけど、実際に訪ねるのは大変だから・・、って言うことでしょう。

もうずーっと昔だけど、生協の共同購入をしてた時、豚肉の産地偽装があって、信用して買っているのにひどいと即刻脱退した。夫には「モノは見て買え」と散々言われていた。偽装は今に始まったことじゃないけど、見ても分からないことが確実に増えてて本当に困る。

人気ブログランキングへ

理由

理由」は宮部みゆきさんが1999年に直木賞を受賞した作品、これまで何度も読もうと思ったけど、タイミングが合わなくて縁がなかった。

3~4日前、夫がもう読まないと言うコミックスをブックオフに持って行った。査定してもらっている間に店内を物色、やっぱり気になるのは宮部さんの本。すると「理由」の単行本が105円、それも誰も読んでないんじゃないかと思うくらい綺麗。売れたコミックスの代わりに連れて帰ってきた。

3年前には何度か本のことを書いているけれど、ここの所、本も雑誌もほとんど読んでない。読むのはネット上の活字だけ。久しぶりの小説、読み始めたばかりだけど面白そうな予感。人の行動には何でも理由があるってことだよね。もちろん、そんな単純なお話ではないと思いますが。

スナーク狩り」を超えるかな。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示