油通し

しばらく前の「ホンマでっか!?TV」で、黒酢の酢豚がテーマになって、 東京の千駄木にある「天外天」という中華料理店の中川シェフがスタジオで調理したのを見た。

黒酢のタレは、私には手に入らないような調味料も使って前日から仕込むと言うので、ふ~んという感じだったけど、豚肉や野菜の下ごしらえは、なるほどねぇと思うコトしきり。そして、自分にはできないと思い込んでいた「野菜の油通し」、ちょっとやってみようかなという気にさせられて、中川シェフ、やるじゃんという感じ。

そして、こんなに暑くなる前に作ってみた報告。豚肉は細かく切れ目を入れて、それを開くような形で、片栗粉に少しベーキングパウダーを混ぜた衣をつける。で、長芋とパプリカを人生初めての油通し。黒酢のタレは、いつも通り「黒酢が決め手!肉だけで作る黒酢豚のレシピ」を参考に。

問題の油通しは、揚げ鍋さえ別に用意すればそれ程大変じゃなかった。中川シェフが番組内で「家庭でも簡単に」と何度も言うので、ホントに簡単かなぁ?と思いながらも50の手習い。夫には、衣はいつもの片栗粉だけの方が良いし、豚肉だけで良いんじゃないのと言われたのは、私が油通し初心者だったせいかもね。

揚げ物は月に1~2回と決めているので、なかなか順番が回って来ないけど、今度は野菜をパプリカだけにして作ってみたいと密かに思ってる。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

あんみつ

本格的に暑くなって、「井村屋のあずきバー」を毎日1本は食べている。

そしてたまに、榮太郎のみつ豆と「井村屋のゆであずき缶」と「meijiエッセルスーパーカップ」のバニラで、夫にはクリームあんみつ、ワタシはスーパーカップの半分空いた所に目一杯あずきを入れて、クリームあずきにして食べる。以前は一緒にみつ豆を食べていたのだけど、ある時、自分は缶詰の果物があんまり好きじゃないことに気がついた。クリームあずきの方が満足感があって、しかも安上がり。見ると食べたくなる、「一緒に食べないと損」みたいな、これを幻の空腹感と言うらしい。肥満の元凶。

榮太郎の缶詰には、練りあん付きで少し高い「あんみつ」もある。買ったこともあるけど、井村屋のあずきならたっぶり添えられるし、だいたいワタシが困る。このあずき缶は「もう自分で煮なくていいや」と思わせるくらい美味しい、暑いしね。あ、私は井村屋の回し者ではありませんよ、念のため。

「はーい、榮太郎です」というテレビCM、懐かしいね。


 人気ブログランキングへ

猫の靴下

1ヶ月くらい前に、夫が板橋区にあるお店に行きたいと言い出した。東武東上線が最寄り駅だけど、東武伊勢崎線と違いが未だに分からない夫、仕方がないのでついて行った。「今、春日部にいるんだけど、まだ先かな?」とか電話が掛かってくるのはイヤだしね。

私は西武池袋線の出なので、東上線は詳しいわけじゃないけど、池袋駅や、どの電車に乗れば良いかはなんとなく分かる。お目当てのお店は川越街道沿いの工具屋さん、小一時間をそこで過ごし、帰りは街道を反対の方へ向かって歩いていたら、小さな雑貨屋さんがあった。

猫が大好きという店主の女性、店頭で「猫の靴下」が売られていた。足首に耳が飛び出した形が可愛い。その形のを2足とボーダーのを1足、税込み1.080円で買った。

帰って履いてみたら、妙に太った猫の顔。その後、帰省した娘に「誕生日だったしね」と2足プレゼントした。猫好きは遺伝しているので大喜び、かな。この靴下、また見つけたら買おうかどうしようか。眺めてるなら1足で良いしね。

人気ブログランキングへ

回鍋肉-改-

回鍋肉」は、これに豆鼓(トウチ)と酒粕ペーストを足して完成と思ったけど、どうしても油をたくさん使うので、今の私には厳しくて、なかなか作れないでいた。

同じくキャベツと豚肉のお好み焼きを作る時、テフロン加工のフライパンで油を敷かずに豚バラ肉を先に焼くと、全く油を入れずに済むから、回鍋肉の豚バラ肉も片栗粉をつけなければイケルんじゃないかと思った。

合わせ調味料(2~3人分の目安 大さじで)
砂糖0.5 甜麺醤1.5 醤油とだし醤油で大1.5 オイスターソース1~2 酒粕ペースト(又はみりん)1弱 味の素丸鶏ガラスープと干し貝柱スープの素 適量 水を足して100cc位にする

1.豚バラ肉は醤油と紹興酒、胡椒で下味をつけ、片栗粉はつけずに焼き(油も敷かない)、一旦取り出す。
2.フライパンに残っている豚肉の脂で、ニンニク、生姜、豆鼓(トウチ)4~5粒のみじん切り、豆板醤(お好みで量を加減)を炒めて、ピーマン、キャベツの順で炒め紹興酒を振りかける。
3.豚肉を戻して合わせ調味料を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけ、ゴマ油を掛けて仕上げる。

とろみをつけるのはその場で思いついたから、水溶き片栗粉を用意している間にキャベツがクタクタ、豚肉はカリッと感に欠けたけど、味は良くてバラ肉を使ったのに全然脂こくなかった。これでまた作れそう。

人気ブログランキングへ

ライバル

去年の11月に「カツカレー」という記事で、新宿中村屋のレトルトカレーのことを書いたけど、このレトルトがリニューアルされた。ここの所ずっと和風のカレーばかりだったけど、暑い時にはこれを使うのも良いと、昨日、サミットのカレー2割引を狙って買いに行った。

面倒なことに、前の記事で書いた農家直送野菜をやってるサミットには置いてなくて、大きな店舗の方に行かなくてならない。ついでに同じ方角だから鶏屋さんに行った。鶏屋さんはオオゼキの帰りに寄ることが多かったので、足が遠のいていた。ここの鶏肉でチキンカレーにしたら間違いないからね。

で、サミットのカレー売り場をみると、この手の具材を足してフライパンで作るカレーが何種類か売られていた。そりゃ、暑い台所で長時間炒めたり煮込んだりしないで済んだらね、それで美味しければ言うことなし。あと、残さないで食べ切りたいという気持ち、継ぎ足し派の私にだって分かる。

お初のS&Bフライパンキッチン「バターチキンカレーの素」と、中村屋のチキンカレーと1つずつ買った。昨日は鶏もも肉1枚を棒々鶏にしたので、そのゆで汁も使ってS&Bの方でお昼にチキンカレー。鶏肉の他にトマト1コと水・牛乳をそれぞれ100cc入れるので、水の代わりにゆで汁を使った。

リニューアルしてまだ食べてないけど、中村屋はうかうかしてられないんじゃないかしら。夫も黙々と食べていたので、「鶏の茹で汁も入ってるんだよ」と言ったら、「そのせいか分からないけど、とにかく後を引く美味しさだよ」と合格点。

スーパーも食品メーカーもライバル同士で切磋琢磨して美味しくなって行ったら、こんなに有り難いことはない。

ご報告 お騒がせした「水がニオウ」問題ですが、2~3日前に突然解決、水道水の浄水が何の問題も無く飲めるとのこと。コメントでも頂きましたが、雨の量や気温などに関係があるようです。ペットボトルは備蓄用に、スポンジの熱湯殺菌は続けようと思います。ありがとうございました。

人気ブログランキングへ

巻き返し

昨日、雨が降り出す前に買い物に行った。こういう時は1番近いサミット、水曜日はちょうど新しくチラシの出る日だし。

この前も書いたけど、最近のお気に入りは「いなげや」で、このサミットの横を通り抜ける感じで通う。ところが、最近、ここのサミットが関東近県の農家直送野菜の販売を始めた。農家さんの名前入りのシールが貼ってあって値段もそこそこ、何と言っても新鮮で美味しいし、珍しい野菜も売ってる。昨日は「コリンキー」という可愛いらしいのがあった。

店員に、これは何の仲間でどうやって食べるのか、と聞いたら奥まで聞きに行って「スミマセン、誰も知ってる者がいなくて・・」との返事。「あー、そう、そういうの書いておいてくれると助かるんだけどね、でも美味しそうだから買っていくね。このコーナー、とっても魅力だからさ」などと話して買ってきた。

で、調べたらカボチャの仲間、生でも食べられるそうだけど、ベーコンと合わせて炒めると美味しいという方がいたので、一緒に買ってきたマイブームのズッキーニと鶏肉を焼いて、最後にバター醤油で食べた。コリンキーはズッキーニとはちょっと違った食感で、コリっとした感じ。だからコリンキーっていう名前になったみたい。

サミットの逆襲、美味しい野菜が近くで買えるのは嬉しい。まぁ、魚はいなげやか、本当は魚屋の神田屋さんまで行きたいんだけど、上り坂でちょっと遠いし、他にも寄らないとと思うとなかなか行けない。

問題は、いなげやと場所的にも真反対にあるオオゼキ、ここの所全く良いコトがない。お客は身勝手で正直だから、一時のレジの行列はどこへやらという程空いている。売れなければ自然とモノが古くなる悪循環かな。今はちょっと行く気になれないけど、こっちも巻き返しを期待して。

人気ブログランキングへ

使い捨て

ガスレンジや冷蔵庫、それに床を拭く時、しばらく前から使い捨ての紙の雑巾にして、すごく気が楽になった。洗っても洗っても取れない雑巾のニオイ、でも自分で縫った雑巾だし、みたいな所でウロウロするのはやめた。シンク周りにはねた水を拭くのはマイクロファイバーの布巾を使っている。すぐに乾くし、とにかくニオイが付かない。

雑菌を適度に減らすべく、塩素で殺菌する時に使うのは「ピューラックス」というモノ。これは義母にお風呂の残り湯に入れると良いと教えてもらった。沸かし直しも大丈夫、雑菌の増殖を抑えるからに他ならない。我が家もそれを引き継いで、1800mlのがお風呂場に置いてある。液体の塩素はこれ1本で間に合って、最悪食中毒になった時も消毒ができる。

水のニオイ問題は小康状態、とにかく朝は乾いたコップを使ってる。夫は自分の鼻がいつもより敏感になっているかもしれないと言っていた。なんだか、よく食べているおせんべいで感じたらしい。コーヒーや料理は大丈夫なのが救いで、スポンジの使い捨てはまだやってない。

古いタッパー類もこの際処分した。こすって付いた傷には菌が住み着きやすいし、ジップロックやビニール袋を便利に使うようになったから。

夫が「こういうニオイを放置してたら食中毒で死ぬんだろうな」と言ったので、「アンタはね」と即座に答えた。鋭い嗅覚は、菌に弱い種族に備わった防衛手段なのかもしれないね。

 人気ブログランキングへ

迷走中

前の記事では「スポンジの熱湯殺菌で一件落着」みたいな終わり方をしたけど、事態は全く収束(終息かな)していない。

3日位過ぎた日の朝の水にダメ出し。スポンジが結構使ったモノだったので新調し、ついでに洗いカゴを薄い塩素水に浸けて洗った。これにはゴミ袋を使った。洗いカゴには、おそらく水道水のカルキと思われる白い汚れが残っていて、今度は酸素系の漂白剤で浸け置きしようと思っている。

しかし、その翌日も「やっぱり、ちょっと・・」と言われた。色々やった割には、自分でもスッキリしてないと分かる。ペットボトルのミネラルウォーター、浄水、原水、果ては洗面所の水道水まで飲んで比べて・・。浄水を汲み置いたりもした。

「こんなコトならさぁ、安いスポンジを毎朝使い始めて、夜、最後に排水管まで洗って捨てようかな」と言ったら、夫が「それ、いいねぇ」だって。私の意見にこんな風に賛同したのは初めてじゃないのか、と思わす顔を見てしまった。ちょうどサミットでスポンジ5コ組が68円で安売りしていたので、とりあえず買ってきた。これを半分に切れば10日使える。でも、3Mのスポンジをおろしたばかりなので、まだやってない。

ウチでは今、夜の食器洗いの後、スポンジを熱湯殺菌して、その後に使った湯飲みやコップは流しに置いておいて朝洗う。その洗ったばかりのコップで水を飲むんだけど、今朝、そのコップではダメだった水が、食器棚の乾いたコップなら大丈夫と言うことが起こった。食器棚のコップも、もちろん同じスポンジで洗ったんだよね、はぁ。私は洗った食器を布巾で拭くのが嫌いで、ほとんど自然乾燥。乾いたら食器棚にしまう。コップや湯飲みは毎回洗うわけじゃないけど。

少し過ごしやすいとはいえ、梅雨なんだから雑菌が元気になっているのは確かだと思う。とりあえず、朝は乾いたコップで水を飲むことにして、また様子を見てみたい。雑菌の繁殖(及び妙に鼻のきく夫)との戦いは続く。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示