三つ編み

今年の7月に「使い捨て」という記事で書いた通り、古いタオルで作った雑巾を使う事はほとんどなくなった。それはそれで良いんだけど、使い古したタオルをそのまま捨てるのがどうしてもできなくて・・、貧乏性だなぁと思いつつ引き出しに入れてある。使い捨ての雑巾には、そのままだと大きすぎるし、切れば切り口を始末しないと使えないし。

雑巾以外に何かリメイクはないかなと探した所、細く切って三つ編み、それを繋げてバスマットにしている方がいた。それならそのままで三つ編みにしてはどうかとやってみたら、さすがに太すぎて、バスマットどころかどうにもならない。その方はフェイスタオルを1/4か1/6に切っていたと思うけど、タオルを切ると切れ端がすごい事になるので気が進まない。三つ編みは大好きなんだけどね。

この前久しぶりにミシンを出した時に、とりあえずタオル3枚を半分に切って、端を始末して三つ編みにしてみたら、バスマットにはならない厚さだけど、何とも可愛い太い紐/縄になった。これ以上細くタオルを切って端を始末するのは気が重いので、もう2枚も半分に切って端を始末し、組み合わせを変えて3本の三つ編みを作った。

それを何にしようかと考え中。青竹踏みに使ってみたら、痛くなくて良い感じ、私が踏むとつぶれちゃうけど、形を整えると復活する。夫は「玄関に吊して魔除け」と言った。もう少し細ければ猫がじゃれるかな、あ、ウチに猫はいないんだった。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

カワイイ

火曜の夜は面白い番組がずっとなかったけど、今週の火曜日、所ジョージが新しい番組を始めたを、初回特番の後半だけ見た。外国、外人から見た日本という内容はまぁまぁで、後半のテーマは「カワイイ」という言葉だった。

カワイイの元は古くは「かわいそう」、最近まで「可愛い」は上の者が下の者に、男が女に使う言葉、男尊女卑と深く関わっているとか。そうそう、私が若い頃は「可愛い女」なんて言われたくなくて、可愛げのない女を目指していたっけ。言葉は生き物、時代で意味や使い方が変わるんだよね。

「カワイイ」は、あるアーティストを通じて世界に広がって、cuteとは違う、もっと深い意味なんだそう。カワイイの代表選手キティちゃんが、猫じゃなかったというニュースは、日本より海外で衝撃だったらしい。

番組の実験で、女の子3人で自分の持ち物とかの話題でしばらく話した後、「カワイイ」を使用禁止にすると、話が弾まなくなってしまって、実験後に話を聞くと多くの子が、それまで本当に可愛いと思っていなくても、カワイイと言っていたかもしれない、と言っていた。

何でもかんでも「カワイイ~!」じゃ、世の中つまんないよね。

人気ブログランキングへ

つまみ

結婚して早幾年、18㎝のアルミ鍋はいくつも買い換えたけど、フタは最初に買った鍋に付いてきたのをずっと使っている。困ったのがつまみのネジがバカになって、しっかり留まらないこと。ネジを替えようと思っても、規格が特殊なのか、合うネジがウチには無い。

この前吉祥寺に行った時に、食器の菊屋さんの店頭で、その「つまみ」を見つけた。ガラス蓋用となっていてお値段160円、「これ、もし使えなかったとしても買っていった方がいいよね?」と姉に確認して買った。そして、使えないなんてコトはなく、アルミ鍋のフタのつまみはピカピカの新品になり、しっかり固定されてイライラするコトも無くなった。

調べたら、東急ハンズでもアマゾンでも売ってて、知らないのはワタシだけだったのかとビックリ。

 人気ブログランキングへ
こんな可愛いのも売ってる、今度はこれを買おう

ミックスジャム

少し前、「マルゲリット・マリーラ」という、大きな洋梨の2コセットを、いなげやの見切り品コーナーで見つけて買った。既に黄色くなっていて食べ頃と思ったんだけど、洋梨全般、食べ頃を見極めるのはすごく難しい。

2~3日後、少し柔らかくなった気がしたので1コを食べてみたら、ちょっとザラザラした感じで甘みが足りない。初めて買う洋梨なのでこういうモノなのか、もう少し置いておけば甘くなるのかが全く分からない。で、調べたらリンゴと合わせてジャムにしている方が沢山いるので、私もやってみた。

洋梨が早く煮崩れるので、リンゴを先に煮始めた方が良いみたいだけど、鍋に入れてから重さを量る都合上、一緒に砂糖をまぶして一緒に煮始めた。大きめの早生ふじりんご2コにマルゲリット・マリーラ1コ、砂糖を40%弱入れた。案の定、洋梨はどんどん形が無くなって行くけどお構いなしで、リンゴがちょうど良い所まで火を通した。洋梨でとろみがついた感じで、言われなければただのリンゴジャム、でも一味美味しいと自己満足。火曜日に姉と吉祥寺で会う約束だったので、少し渡そうと取り分けた。

台風一過の吉祥寺は、半袖のポロシャツでちょうど良い陽気だった。行く前は「ねこ祭り」をやっているからまずチラシをもらって、と思っていたのに、一体どうしたコトでしょう。すっかり忘れてお喋りしながら街に出てしまい、途中ではどこにもなくて、結局、帰り際に駅ビルでやっと見つけた。

10月中にもう1度行くのは無理だけど、ねこ雑貨のお店とかしっかりチェックして、今度連れて行ってもらうつもり。あくまでつもり・・です。

人気ブログランキングへ

銀杏-ギンナン-

改装で閉店しているオオゼキ横の空き地で、野菜の青空市をやっているというので、1週間くらい前、用事で近くまで行ったついでに寄ってみた。

野菜も果物も安かったけど、1番の収穫は東京・三鷹産の銀杏が1ネット98円。銀杏の殻を割るのに、専用の道具は持ってなくて色々やってきたけど、今年はプライヤーレンチという工具を夫から借りた。最近買ったばかりで、これが初仕事となったレンチはしっかり掴めて滑らず、決めた幅以上には締まらないので、パチッ、パチッと割れ目が入っていく。その後、爪で殻を剥いて、湯がいて薄皮をはがすのは同じだけど、ストレスはとても少なかった。やっぱり良い道具は使い易いねと、綺麗に拭いて返した。

半分ずつ冷凍・冷蔵保存して、銀杏は1日に10粒までというので、乾煎りして塩で食べたり、鶏おこわを炊いて混ぜたり、昨日は15年ぶりくらいで茶碗蒸しを作った。ちょっと出汁の割合が多くて薄味だったけど、なにせ15年ぶりだもの。

浅鍋に直接器を置いて水を張り、強火に掛けて沸騰したら弱火、高温になり過ぎず雫も落ちないように、フタに割り箸などを噛ませて8~10分。蒸し器を使わなくても上手くできた。面倒だけど、卵液をこせば滑らかに仕上がるコト間違いなし。

夫はまた作ってと言うけど、おかずじゃないからねぇ。でも、今回はレンチを借りたし、仕方がないか。

人気ブログランキングへ

習性

前の記事で頂いたコメントに答えていて、自分が猫族のはしくれでチェック魔だったコトを思い出した。忘れているくらいだから、日常のチェックはおろそか、または不能。自分の習性を忘れるなんて、どこまでが本当の自分なのかさえ怪しい。

昔はモノが決まった所にないのは気持ちが悪いし、誰かが使い放しにして見つからないのがイライラの元だった。元に戻さないのは絶対に自分じゃないと自信があったから、誰かを問い詰めてトラブルになったり。そんなトラブルを繰り返したって、誰かの使いっ放しは治らなかったし。

最近は、たまに自分の出しっ放しに気付いて、黙って片付ける。トイレの電気の点けっ放しも許せるようになった。LEDに替えたし、夜中なんか点いてて良かったくらい。LEDは家庭内トラブルの軽減に役に立つ・・かも。

習性は変わらないと思っていたけど、加齢によって変化する、イヤ退化かな。でも、記憶を呼び覚まして、程々に確認しないとね。

人気ブログランキングへ

製氷皿

昨日、あまり使っていない「ゴマ煎り器」を吊り戸棚にしまおうとしたら、知らないビニール袋があった。何だろう?と中を見ると、製氷皿が2つ。多分、去年の秋にしまったんだと思う。全く記憶はないけどね。

今年は氷を作る事もなかった。冷凍庫に「あずきバー」の箱が陣取ってたせいもあるけど、この頃は冷たい飲み物はほとんど飲まなくて、氷を使うのは冷たい麺を冷やす時。「あ~、氷作らなきゃな~」と思いつつ、流水で済ませている間に夏は終わった。もし、氷を作る事になったとしても、製氷皿を見つけられずに諦めた気がする。

「あれ、こんな所に、こんな物が??」は日常茶飯事。もしかしたら使うかもしれないと取っておくのは、もしかしたら無駄っていうコトなのか。そもそも、それがあるっていうコトを忘れているんだから無いのと同じだ。

来年の夏は製氷皿を使うのかな。いずれにしても、吊り戸棚の中に何があるのかを確認する必要がありそう。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示