パズルの続き

前の記事と同時進行で起こった話。

エレクターの中で使っていた古い棚を処分してプラスチック製の引き出しに替えた後、1番下の段で似たような使い方だった本棚も処分した。エレクターは奥行きが45㎝なのに本棚は30㎝、来た時にはこれで本やCDが片付くと喜んで組み立てた直後に、その収納力の低さにガッカリしたものだった。なんでこんなのを買っちゃったのか、後ろに何か置けると思ったのか、そもそも本棚は30㎝なのか。

夫のCDは段ボールに入れて棚に積み、本は別の本棚へ移動。空いた下の段に、ケーブルで重くなった引き出しを3コ積んだ。そしてその隣に、これもずっと使ってきたキャスター付きの引き出し-よくデスクとセットで売られている-のキャスターを外して置いた。キャスター付き故に放浪の引き出し、和室では畳を痛めるからリストラ候補で、この模様替えのどこかで捨てられる運命だった。奥行きが53㎝で45㎝のエレクターから少しはみ出すけど、部屋の境のすぐ横で扉の方が幅が広いから大丈夫と生き残った。本棚に置いていた書類などが収まって、まだ余裕がある。

ビフォーアフターの写真があれば一発なのに、申し訳ないっす。(´・_・`)

棚などを崩す時にドライバーを使うことが多く思いついたのが、ドライバーをエレクターの端っこに差すこと。今までは、プラスマイナイス細い太いで最低4本のドライバーが引き出しに入っていて、握りの部分が太いから変に場所を取るし、合うのがなかなか掴めない。夫がゴム製で磁石がついた工具差しを使っていて、いいなと思っていた。それに近い状態をエレクターの棚板の端っこで再現したというわけ。支柱の間だから空いていた所だし、太い握りが引っ掛かるのに丁度良くて、使いやすいと自画自賛。

パズルが一応終わりで眺めていると、また動かしたくなる。まだ途中というか、より使いやすい状態を求めてずっとパズルは続くのかも。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

パズル

今年5月の「片付けモード」で書いたように、レンジ下を片付けてニヤニヤしたのもつかの間、白いカゴは深さは良いけど奥行きが短く、ちょっともったいないなぁと思うようになった。

エレクターにのせていた木枠の引き出しを処分してプラスチック製に替えて、広く使えるようになり収納力もアップ。エレクターはただの棚板だから靴の箱などを積む以外は、収納グッズを使うことになるけど、その選択で収納力も使い易さもずいぶん違ってくる。ウチのエレクターは、幅90㎝奥行き45㎝棚板4段でほとんど天井まで、上手く使うとすごい収納力。引き出しや収納ケースを無駄のないように組み合わせて置き、使い易さも追求するのは、まさしくパズル。パズルを解くのは結構楽しい。

そのパズルからはじき出されたピースを台所で使うことにした。白いカゴは、1つは袋麺の買い置きを入れて吊り戸棚に、もう1つは瓶詰めやソース缶を入れて、シンク下の網棚の上に置いた。空いた所にエレクターからはみ出した前面が空いたカゴ。これは3コあって重ねられるけど、前から1コは白いカゴの横で使っていた。これを2コ横に並べてみることに。奥行きは余すことなく使いたいけれど、そうすると奥の方は見えにくい。物がありすぎると迷子になって捜し物に時間が掛かったり、あるのに買ってしまったり。

レンジ、シンク周りの戸棚に、いったいどれくらいの食料品が入っているのか。今回のように入れ替えをすると驚くようなモノが出てくる。そこで思い切って処分するのも、片付けの良い所。ホントは、買わなきゃイイのにね。

どのくらい買い置きするのか、使いかけと口の開いてない在庫の置き場所をどうするか、コレは答えのない永遠のパズルかも。

人気ブログランキングへ

クマト

昨日、久しぶりにいなげやに行った。なぜ久しぶりかといえば、お肉が今一つになってしまったからかな。自転車圏内にスーパーはいくつもあるので、魅力のある所に鞍替えを繰り返すことになる。おかずの都合で塩ザケを買いたいと思って、いなげやに行くことにした。鳥取の塩ザケが手頃で美味しいのだ。最初は鳥取で鮭が捕れるの?と思ったけど、どうも捕れるらしい。

魚売り場に行って、中辛の塩ザケ2切れをカゴに入れようと思ったけど、目が真っ黒のサンマが2尾300円、すぐに乗り換えた。サンマは不漁が伝えられていて、この値段ならお買い得。その後、大根を買いに野菜売り場に行って、うろうろしていると目に留まったのが
クマト

形と名前からトマトのようだが色が衝撃的で、品出しをしていたお兄さんに聞いたら「甘みも酸味も薄いトマトです」と何とも買う気の失せる説明。でも3コ98円という値段と名前が後押しになって買った。調べたら黒いトマトだからクマトらしい。

夕べはサンマを美味しく食べて、今日はサニーレタスとキュウリ、それにクマトを盛り合わせて、ベーコンのホットドレッシングを作った。自家製のアンチョビはまだたくさんあるし、頂いたカボスがあるからレモンの代わりに絞って使う。

で、問題のクマトのお味は・・お兄さんの言った通りだった。美味しいと書いている方も沢山いるので、もう時期が遅いのかな。安かったしね。残り1コはソテーしてみようと思う。

人気ブログランキングへ

迷路の真相

先週、ブタ柄のバッグを肩から提げて吉祥寺に行った。もちろん1人ではなく、姉と待ち合わせ。「ほら~」とバッグを見せて、「あ、そうだ、あの時は悪かったね」と言うと「夏の間、2枚を洗い替えにして着てたのよ」と言ってくれた。

駅ビル内の待ち合わせ場所で会うと、ベンチに座って今日行きたい所、買いたい物をお互いに言って、お昼前に行く所を決める、というか決めてもらう。駅ビルの地下に300円ショップがあるからまず行くことにして、途中で服やカバンを見る。ユニクロもあるし、若い人向けの服は手頃なお値段でサイズが合えばいいなぁと思う。その中にブタ柄のバッグをもらったお店があって、ここだぁ、その日はドライブをするブタさんのバッグが飾ってあった。やっぱりここはブタ押しのお店なんだ。

駅ビルから出てランチのお店に移動しながら、姉が買いたいと言っていた靴を買いに。靴やカバンて、どれだけたくさん売ってても、気に入るのがなかなか無い。そして結局選ぶのは、いつも似たような物。姉は行きつけのお店で、履きやすそうな靴が買えた。

お昼を食べて、東急デパートを通り抜けて、暫く前に美味しいモノが買えたお店に行くことに。地方のお菓子やお蕎麦、野菜も売ってて、少し歩くけど、この季節なら全く苦にならず、途中の雑貨屋さんなども見て歩く。戻りは1本隣の道を歩いたら、初めて気が付いたお店もあって楽しめた。最後に駅近くでお茶を飲んで、お互いの荷物を確認してブタのバッグに詰めると、ちょっと大きめが丁度良い感じ。

吉祥寺に何度も来てるのに、なんで覚えられないのかと姉に言われるので、理由を考えてみた。私はちょっと方向音痴だけど、1度覚えた道は間違わないで行ける。駅からどこかに行くだけでなく、街を縦横無尽に歩くには頭の中に地図が必要で、吉祥寺はいつも姉にくっついて歩いているので、地図ができないのだと思う。コレと同じ感覚が秋葉原、常に夫の後を歩くので、自分がどこにいるのかいつになっても分からない。

迷路を抜け出すには、1人で歩いてみるしかなさそうだけど、1人じゃ行かないから、吉祥寺もアキバもずっと迷路のままってことかな。

人気ブログランキングへ

灯り

LED電球が安くなり、スタンドも手頃な値段で買えるようになってきた。この時期は白熱電球だってちっとも熱いと感じないけど、真夏には蛍光灯でも熱が出てるのが分かるから、ダイニングの電球を夏前にLED電球に替えた。明るいのに熱を出さないのは素晴らしい。ただ、そのペンダントライトの位置が食卓の真上でもなく、なんか中途半端で、食事の時は別の卓上スタンドを点ける。灯りで料理は美味しそうに見えるからね。

それがある日、出掛けて戻って、いつもの椅子に座ったら、とても明るい。一瞬、電球を替えたのかな、と思ったくらい。でもそんなはずはないと上を見ると、ペンダントのコードを延ばして金具に通し、食卓に近い位置に吊り下げられていた。

もう1カ所、ガスレンジのフードにクリップ式のLEDライトが挟んであって、このお陰でフライパンや鍋の中がよく見えるようになった。と言うか、今まで見えてなかったことに気が付いた。台所の灯りは流しの前の蛍光灯だけで、ガスレンジの前は窓があるから昼間はまだ良いけど夜は暗い。クリップに蛇腹のライトはレンジフードの内側、換気扇周りを掃除するのにも便利。

ウチの夫はライトの類が大好きで、この狭い家の中にスタンドがたくさんある。以前はまったくもう・・、と思っていたけど、いつの間にか灯りは私にも必需品になった。暗いと見えないのよね。

人気ブログランキングへ

涼麺餃子

ずっと高かったニラの値段が少し落ち着いて、それと同時に品物も良くなって、久しぶりに餃子を作った。餃子は毎日作ると上手くなると昔誰かに聞いたけど、毎日作れば何だって上手くなるに決まってる。久しぶりに作る餃子は皮と餡のバランスが悪くパンパン、挙げ句に3コがフライパンに入りきらず、タッパーに入れて冷蔵庫に。

翌日、餃子3コをどうしたモノかと思ったけど、冷やし中華を作って、麺と一緒に茹でた。何も考えずにタッパーに入れた餃子は少しくっついて、1コがお湯の中で破れ、そこに麺を入れるのはちょっと心配だったけど、仕方ない。中華三昧の涼麺は2人で1袋、タレに醤油・砂糖・お酢・芝麻醤を足して増やす。麺にニラの匂いが付くこともなく、これからは麺+水餃子・スープ仕立ても美味しそう。

毎年9月になると涼麺は売り場から消える。あーあと思っていたら処分品コーナーで見つけて、5袋くらい買ってきた。そりゃ、冷やし中華と言えば夏の定番だけど、1年中食べたっていいじゃない。つけ麺は1年中食べるし、アイスクリームだって真冬も食べる。キュウリはいつも手に入るし、トウモロコシは缶詰がある。

買い込んだ処分品、冬に食べたらどんなものか、忘れずに試さないと。

人気ブログランキングへ

餃子麺棒

かっぱ橋道具街」で、今年も道具まつりをやっているとテレビから聞こえてきて、1度だけ行ったのを思い出した。

20年以上前、娘の幼稚園のお祭りで綿菓子屋さんをやることになり、ピンクや青の色つきザラメも使ったら子どもが喜ぶんじゃないか、と。今ならちょっと調べればどこで手に入るか分かるし、通販でも売ってるけど、ネットはまだ普及してなかった。学生時代のバイト先で聞いたことのある、かっぱ橋なら売ってるかも。他の出店も含めて機械を借りてくるなどと役割分担し、私はザラメを調達に。

かっぱ橋は最近はテレビでもよく見るけど、その頃はザ・業務用という感じ。銀座線で浅草の1つ手前、田原町駅から歩いていざ道具街へ。その中で食材を扱うお店を探して聞いたら、小売りもしてくれた。せっかく行ったのだから端から端まで見て歩いたけど、それ程広くはなくて、逆に楽しめた。

大きなお鍋やお店でよく見る食器のセット等に圧倒されつつ、私が買ったのは「餃子麺棒」1本、確か100円もしなかった。その頃、もう餃子を皮から作っていて、コレがあれば上手くできると思ったのかなぁ。それまで、いったい何で伸ばしていたのか・・記憶が無い。その後はずっと台所の引き出しにあって、餃子とピザの時が出番。

虹色の綿菓子は大好評で、綿菓子屋のお姉さんは手から腕から頭まで砂糖まみれになったけど、原価○円のザラメがいかに膨らむかを知って本当に驚いたのは覚えてる。

 人気ブログランキングへ

掘り出し物

大雨も降る割に、その合間はカラッと晴れる今日この頃、我が家はお片付け&プチ模様替えモード続行中。

この家に引っ越して早4年半、バタバタの中で買った間に合わせのも、ずっと前から使い続けてるのもどうにかしたいと、近所のリサイクルショップを覗いては、コレは使えるんじゃないかとメジャーを借りてφ(.. )して帰り、ヨシとなったら買いに行く。

前の家でプリンターを置いていたキャスター付きの棚、、キャスターを外しエレクターのちょっと上の方に入れて使ってきた。棚の中に段ボール製の引き出しが4つ、電源ケーブル、パソコン関係、オーディオのケーブルなどが入ってる。なんでこんなにケーブルが多いのか、しかも重い。

棚の枠の厚みがもったいないし、段ボールはどうにかしたいと思いつつ。本気でどうにかしたいと思えば出会えるもの、4コでサイズがピッタリのプラスチックの引き出しをゲットし、即入れ替え。新品なら1コのお値段、中身も見えるしね。

夫のパソコン周りをどうにかしよう、が模様替えの発端だったけど、気に入るデスクや作業台はなかなか無い。値段の問題もあるしね。リサイクルショップは少し離れた所にもう1軒、世田谷通りを三茶方面に行くと何軒かあるから、お天気も良いしチャリで行ってみることに。

が、そう簡単に気に入る物が見つかるワケもなく、帰り道で初めて気付いたお店にも入ってみた。売り物の家具に、それも売り物らしい時計や食器などが飾ってあって、家具の修理やオーダー製作もするみたい。そんな中に陶器のそばちょこが置いてあった。

ウチではちゃんとしたそばちょこを買ったことがない。竹でできたのを暫く使っていたけど、それを処分してからはとんすいや適当な器、食べられればいいジャンみたいな。そのそばちょこを持ってみたら、手にしっくりしてお値段も手頃、2コ買って帰った。

早速今日のお昼はお蕎麦、この頃は山かけにすることが多い。なぜかと言えば、2倍希釈の麺つゆをグッと美味しくしてくれるし、お蕎麦によく絡む。早々に今日の主人公・そばちょこを食卓に置いてニヤニヤ。やっぱり器は料理を引き立てる、なんて普段は思いもしないのに。

本来の目的、デスク関係はまた気長に探すことになったけど、リサイクルショップ巡りはいつでもOK。中古屋さんは毎日行かないと良い物を逃す、って言うくらいだもの。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示