強力粉対決

我が家では対決流行り、今度は強力粉。ナショナルのホームベーカリーでパンを焼き初めて20年余り、強力粉はずっとスーパーで買える日清のカメリアかニップンの強力小麦粉を使って来た。

今年の春頃、スーパーからバターが消えてパンが焼けなくなるのを回避すべく、ネット上を探し回った。その時は「日産商事株式会社」という卸会社が、よつ葉のポンドバター(450g)を2コ売ってくれるのが1番良心的で、バター2コと胡椒と練りゴマかなんかを買って、送料は掛かるけどバターが買えたのが有り難かった。

そのバターを使い終わった後は、スーパーでもよつ葉バター150gがどうにか買えるようになって、ここには1度しか注文してないのに、セールのお知らせをメールで届けてくれる。せっかくだからHPに見に行って、業務用の食品が色々あるなぁと思うコトしきり。夏を過ぎる頃から強力粉が徐々に値上がりし、1㎏300円を超えてそれに消費税が掛かる。そんな折、日産商事が粉類を5㎏、2㎏、1㎏に小分けして売ってくれるのを知った。強力粉も、たくさん種類があるけど粉類は1袋25㎏、今まで買う術は無かった。

ここに来て、またバターが買えないコトが多いので、ちょうど良い機会とバター3コと強力粉2㎏×4種類、その他で5.000円を超えて基本の送料無料、冷蔵分200円だけで届けてもらった。粉の値段はカメリアが税込み516円で1㎏258円と50円以上安く、上級のスーパーカメリアが584円。

早速、スーパーカメリアを開けて食パンを焼いてみたら、ミミがカリッとして中は詰まっているのに柔らかい感じ、気分はちょっとパン屋さん。あと買ったのはカメリアとニップンのイーグル(カメリアと同レベル)、今回の中で1番高い日清のスーパーキング。値段通りだとしたらスーパーキングが美味しいことになるけど、ホームベーカリーに向き不向きもあるよね。

2㎏を使い終わったら、次はいつものカメリアを試してみるつもり。もしかしたら業務用は違うかもしれないし。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

袋麺対決

魚焼きグリルでチャーシューが手軽に出来るようになって、2ヶ月に1度くらい作っている。買ってくるのはなるべくペタンコの豚肩ロースブロック肉。アメリカ豚やカナダ豚でも美味しくできる。以下、作り方を再掲。

漬けだれ(豚ブロック肉 300gとなっていたけど400~500gは大丈夫)
砂糖大さじ5 塩小さじ1 酒(紹興酒)小さじ1 オイスターソース小さじ2醤油小さじ2 甜麺醤(てんめんじゃん)小さじ2 胡椒適量 ごま油小さじ1/2 ニンニク1片(みじん切りまたはすりおろし)

1.ブロック肉は繊維に沿って1~1.5㎝厚さに切り、フォークで刺して、水で洗って(!)血を抜き、水気をしっかり拭き取る。
2.漬けだれに上下を返しながら約30分漬ける。ドロッとしていたタレがさらっとした感じになればOK。
3.肉の余分なたれを落とし、魚焼きグリルに並べて、両面を15~20分焼く。香ばしい焦げ目がついて、中まで火が通るように、火加減を調節する。(切ってみてもし赤かったら、切った面をグリルで炙ると良い)


コレを作ると、まずはチャーシュー麺なんだけど、同時に生麺で作るのは大変なので、今回は袋麺で。袋麺の在庫を確かめると醤油味は中華三昧1袋と、この前初めて買った「セブンゴールド金の麺」1袋。小鍋で順番に作って食べた結果、これからはセブンで買うコトになった。

半分残ったチャーシュー、翌日にチャーハンを作っていたけど、どうも上手くいかないし脂も多いから、チャーシューご飯にしようと思ったら、夫が「オレはラーメンがいい」と言う。2日連続ラーメン!冷凍在庫のマルちゃんのタンメンの麺と「西山ラーメンの醤油スープ」(いなげやで売っている)を組み合わせて、贅沢チャーシュー麺を作った。私は予定通り、チャーシューご飯に桃屋のザーサイ。

今回分かったのは、チャーシューのできあがりに合わせてラーメンも作るのは無理があるってコト。どこのラーメン屋さんだって営業中にチャーシューを仕込んでない。まぁ、それと同じに考えるのもチョットだけど、先に作っておけば2人分の生麺だって大丈夫。

人気ブログランキングへ

殻付き黒虎

昨日オオゼキで、本当に久しぶりに殻付きのブラックタイガーを買って「エビチリ」を作った。過去記事を見るとちょうど1年前のオオゼキ新装開店セールで買って以来と思われる。この所のエビが高いのは、インドネシアの養殖場が壊滅したり、円安の影響みたいだけど、昨日はお総菜用の予算目一杯で買えた。そうそう、ブラックタイガーのことを「黒虎」と表記している御仁がいて、黒トラ猫ならこの前初対面したっけな、と思った。

久しぶりの殻付き黒虎、殻も煮出して漉して出汁をとりエビチリに使い、残りは卵スープにした。4尾を塩をして冷蔵庫に入れ、今日のお昼はあんかけ焼きそば。「日清の3食焼きそば」を使うとなぜか堅焼きそばが美味しくできる。コレがたまに98円とかで売っているので、すかさず買ってきて使い残しは冷凍庫に。

あんかけ焼きそばは、昔はフライパンを2つ使ったりもしたけど、電子レンジで温めた焼きそばを先に焼いて、その間に具材の準備、途中で紹興酒を振り掛け、しっかり焼き目が付いて良い感じになったら分けてお皿に。それから具材を炒め始めると出来上がる頃に麺は少し冷めるけど、まぁ大丈夫。

今回のブラックタイガーはインド産だった。インドネシアがダメならインドがある・・ワケじゃない。たまの贅沢に買えるくらいの値段で良いのかも。

人気ブログランキングへ

初猫

今日、買い物から帰って自転車を止めている時、隣のマンションとの境の塀の上を、向こうから黒トラ猫がのっしのっしと歩いて来た。よく見掛けるサバトラよりずっと大きくて、何と言っても顔がでかい。初対面の挨拶に「チッチッ」と言うと、ちょっと歩みを止めたものの、引き返すわけでもなく、そのままのっしのっしと進んでくる。ワタシから塀までは80㎝くらい、その塀の上を悠然と通り過ぎて、少し離れた所から走り出し、あっと言う間にいなくなった。

以前もちょっと書いたことがあるけど「What's Michael?」という猫漫画が好きで、1度は手放したコミックスを中古で買おうかなと思ってる。でも今は、本棚を処分した所だし、いつも「捨てて」と言う側なので。

What's Michael?に登場するニャジラという最強の雌猫(三毛)、顔と態度のでかさは、間違いなく今日の猫ちゃん以上。

11/17追記 初猫は毛並みが良いので、野良ではないと思います。

人気ブログランキングへ

冬仕度

東京では木枯らし1号が吹いた後、日差しが暖かかったり、気温が下がれば湿度が高かったりで、なかなかファンヒーターを出すタイミングがなかった。出した途端に暖かくなって邪魔に感じるのも避けたかったしね。でも、今日出しました、ガスファンヒーター、それと一緒にねこ柄のキッチンマットも。出す出すと言っても、押し入れの手前に置いてあるのを出してホースを繋ぐだけです ^^;

キッチンマットを敷く前に、シンク下やその前に置いてある物を整理していたら、ずいぶん前にもらったホワイトリカーの紙パックがやれてきていたので、ビンに移した。広口ビンの6割くらいまで入ったリカー、これも頂き物のカボスが5、6コ、黄色くなって冷蔵庫に入っているのを思い出し、カボス酒にしてみることに。ホントは青いカボスで作るみたいだけど、そこはそれ。ウチは飲む人がいないので調味料で使うか、美味しかったら姉に飲んでもらおう。と言っても、美味しいかどうなのかが私には分からないけど。

シンク下も冷蔵庫も少し片付いて、キッチンマットを敷き、ファンヒーターも設置完了。やっぱりガスは暖かいね。

人気ブログランキングへ

人は嘘をつく

Dr.House」はアメリカのテレビドラマで、夫がhuluで見ていて途中から一緒に見るようになり、最終話まで見てから前半部分を一人で見ている。これってよくあるパターン (#^.^#)

ハウス先生は毎回、原因不明の症状で苦しんでいる「面白そうな」病人を選んで診断し、死の淵から救い出す診断医。ただそのためには検査、検査で色んな組織を取られるし、頭蓋骨にドリルで穴を開けて脳の組織も取ったりしてる。放送は2004年から2012年の8年間だから、今私が見ているのは10年近く前に作られたのに、アメリカだからなのか、それとも医療が進んでいるのか。これから先、どんなことがあっても私の頭に穴は開けないでね、とよくよく頼んだ。

「人は嘘をつく(Everybody lies)」がハウス先生の口癖、というか根底にある考えなのだけど、意識的につく嘘だけでなく、それが嘘だと知らずに言ったり、症状だって嘘をつくことがあるし、とにかく何事も疑って掛かれということみたい。

難しい診断をして患者を救う、という1話完結は水戸黄門的ではあるのだけど、私なんか終わりを知ってても前半を見たいと思うのは、全体を通しての脚本はもちろん、役者も吹き替えの声優も良いから。

「嘘をついてはいけません」
私自身も言われたし、子どもにもそう教えた。それでも人は嘘をつくものらしい。

人気ブログランキングへ

針箱

私の針箱は、結婚して間もない頃に渋谷で買った。渋谷のどこだったかは覚えてないんだけど、木製でそれ程大きくなく、山形のフタに持ち手がついててパカッと開き、引き出しは1つ。正面に手回しミシンが描かれているのが気に入って買って帰った。

子どもの時から使っていた小さな針箱から中身を移して、仕事から帰ってきた夫に「ほら、これ買っちゃった。5.000円だったけど」と言ったら「大丈夫なの?」と言われた。私の買い物をこんな風に言われたのは後にも先にもこの時だけ。その後30年使ってきたから、5.000円も安い買い物になった。

その針箱、いつもミシンの上にあって、ボタン付けとかする時には食卓に持ってきていたのを、エレクターに置くことにした。針を使うのはほとんど食卓、もうミシンを掛けるのは本当にたまにで、それも小物しか縫わないから裁断は食卓でしようと思っているし。

手回しミシンがいつも見えてるのがちょっと嬉しい。私の足踏みミシンも使ってあげないとね。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示