シンクの掃除

2週から月に1回、台所の排水口にいわゆるパイプクリーナーを流し込んで、その後にシンクや排水口の掃除をする。その時に、パイプクリーナーをシンクのなるべく外側から、この前は縁の上ギリギリの所から流した。そうすると流れた場所を除菌してくれてシンクがピカピカになり、排水口に流れ込むのは一緒。

もちろんずっと、パイプクリーナーを排水口の真上から流し込んでいたのだけど、クリーナーがこぼれた所がピカピカになっているのを見て、少し外側から流してみたら、流れた所はこすらなくてもピカピカに。シンクで1番汚れてカビるのは角の壁面で、ここに掛けるために縁の上ギリギリから流した。そしたら、ちょっとこするくらいでピカピカになったし、心なしか綺麗が長持ちしてる・・ような気がする。

パイプクリーナーは塩素系なので酸素系と一緒に使わないことと、こする時は手が荒れるから手袋を。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

馬事公苑

先週末に娘が帰省した。姉の都合が悪く2人の時は、なんとなく二子玉川に行くことが多いのだけれど、娘が「馬事公苑」に行きたいと言うので、ぶらぶら歩いて行った。どうせ途中で引き返して来るよ、と密かに思ってた。

馬事公苑はJRA(日本中央競馬会)の施設で、東京オリンピックの馬術競技はここでやるみたい。先週の土曜日も競技会をやっていて、観覧席に座ってしばらく見てた。馬って本当にカッコいいし、向こう側の八重桜並木が背景になって良い感じ(相変わらず写真がないので、雰囲気はHPで味わってください)、ずっと座ってられると思っていたのに、今度は小さい頃よく遊んだ奥の公園に行ってみたいと言い出した。

それじゃ行ってみるかと重い腰を上げて砂地を歩く。公園はいくつもに分かれているのだけど、遊具が安全な物に取り替えられた以外は変わってなかった。池のある日本庭園では藤の花が綺麗だった。帰りたくないのか、ギャーギャー泣いてる子がいるのも同じだった。

最後に正門から出て、けやき広場を一回りして帰ってきた。思ったよりずっと長い散歩でちょっと疲れたけど、フタコに行くより楽しかったかも。

人気ブログランキングへ

常温

前の記事に登場したサンドイッチ名人の安室氏が「具材が冷たいと美味しく感じない」と言っていた。この頃は飲み物は常温が良いとか、お肉は常温に戻してから焼けとか、常温をよく耳にするけど、サンドイッチで温度を意識したことはなかった。

果物については、「果物の保存」で「冷蔵庫に入れると甘みが抜ける」と書いたけど、冷たいと甘みを感じにくいせいもある。特にウチは低機能冷蔵庫なので、冷え過ぎと乾燥するのとダブルパンチだと思う。だから、真夏以外は果物は冷蔵庫に入れないで食べきるようにしている。術後の夫は酸っぱいモノが食べたいみたいで、果物、特にグレープフルーツがお気に入り、これも常温の方が甘みを感じて美味しい。

「熱い物は熱く、冷たい物は冷たく」
料理を出す時の基本と習ったけど、常温は何て言うんだろう。

人気ブログランキングへ

ポアロのサンドイッチ

ポアロというのはアニメ「名探偵コナン」に出てくる喫茶店で、昨日の放送では、そこのサンドイッチが謎解きのポイントだった。

イケメン安室君が作るサンドイッチは
1.パンはできれば半額で買って、蒸し器でフワフワに
2.ハムにはオリーブオイルを塗り、マヨネーズに味噌を混ぜてパンに塗る。
3.レタスは50℃洗い

レタスの50℃洗い、オリーブオイルや味噌マヨネーズはまぁ良いとして、超違和感だったのが喫茶店のキッチンに置かれた四角い蒸し器。それで、スーパーで買ってきた8枚切りと思われる食パンを蒸して使う。フワフワってことは潰すわけじゃないよね・・。

ホームベーカリーで焼いて、少し日が経ったパンはカビ防止のために冷蔵して、トーストする前にビニール袋に入れたまま20秒くらい電子レンジに掛ける。そうすると温まるだけじゃなく本当にフワフワ、だけどそのまま食べたことはない。電子レンジで良いなら、ポアロにあの蒸し器がある意味が分からないし。

もちろんコナンは謎を解いたけど、サンドイッチの謎を解くには作ってみるしかないのかな。

人気ブログランキングへ

あぶりの達人

前にも書いているけど、ウチにはトースターがなくて魚焼きグリルでトーストする。もちろん昔はオーブントースターがあったし、その後はポップアップトースターを使っていた。1台目のオーブンレンジにはトースター機能があったから、ピザトーストなんかはそれで焼いていた。いつ、どんなきっかけだったかは忘れちゃったんだけど、トーストを魚焼きグリルで焼いてすごく気に入り、その後色んなものを魚焼きグリルで焼くようになった。

2台目のオーブンレンジにはトースター機能が付いてないけど問題なし。問題なのは、魚焼きグリルの火力が弱いこと。そのお陰でトーストもうまく焼けると言えばそうだけど、焼き魚の皮に焦げ目が付かなくてクレームが来る。ずっと前に夫がライターを入れてあぶる器具を買ってきて喜んだのもつかの間、火力が弱い上にすぐに壊れた。

ガスボンベに付けて使うバーナーがあるのは知ってたけど、お皿が割れたり、家が燃えたら大変と二の足を踏んでいた。でも結局「ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-450-あぶりの達人」というのを買ったら、なんで、もっと早く買わなかったんだろうと反省することしきり。火力の調節も簡単で、人に向けない限り危なくない。あ、テーブルの上ではちょっと危ないかも、人も隣にいるしね。

この頃、お鍋の時でも卓上コンロを使わないことが多いので、買い置きのボンベを使えるのも嬉しい。

人気ブログランキングへ

靴下の洗濯

冷蔵庫、掃除機、洗濯機は私が子どもの頃からある家電だけど、見た目からして1番変わったのは洗濯機じゃないかと思う。私の母親は、ほうきと洗濯板からの世代だから、もっとビックリしてるだろう。

一槽式の洗濯機から二槽式に変わっても、母はハンカチと靴下は手洗いして最後の脱水だけを洗濯機でしていた。中学生になって白い靴下を穿くようになった時、自分で洗うように言われた。1週間分6足を土曜日の午後か日曜日の朝、お風呂の残り湯で洗う。年子の姉も同じことをしていたはずだけど、洗い場の取り合いになった記憶はない。ハンカチはちゃちゃっと洗って、靴下の汚れたつま先とかかとを念入りにもみ洗い、すすいで脱水かけて干す。

そんな風に育ったから、自分の洗濯機を持っても、靴下は分けて洗っていた。二槽式はこういう時に便利。以前、布おむつと二槽式洗濯機は同時に消えたのではないかと書いたことがある。我が家に全自動洗濯機がやってきたのは10年と少し前。その時に考えたのが、タオルと靴下を一緒に洗うのかということ。私がグジグジしてたら、夫がみんな綺麗になるんだから問題ないと言うので一緒に洗うことにした。1台目の全自動は脱水が弱いという根本的な問題で不満だらけだったけど。

4年くらい前に新しい全自動に替えて、その後、洗剤をハイジアにしてから、槽洗浄の回数は確実に減った。ということは、タオルと靴下は一緒に洗って大丈夫ってことか。そうそう、ここ1~2年、靴下は裏返して洗っている。そうしないと、靴下の中にホコリや何かが貯まり続けるんじゃないかって話になって。

ちょっと面倒だけど、手洗いしてた時に比べればなんてことない・・はず。

人気ブログランキングへ

タケノコ1本

オオゼキで、土が付いてて、びっしり毛の生えた新鮮なタケノコを見つけた。そこそこ大きいから迷ったけど、タケノコは下茹して皮をむくと、ぐっと小さくなるのを信じて買ってきた。

タケノコご飯を2合でも炊くのは、夫が戦線離脱の今は得策でない。去年の12月の記事「瓢箪から駒」の「鶏とレンコンの焼き混ぜご飯」のレンコンをタケノコに替えて作ってみた。ギンナンはないけど、ギンナンとタケノコは季節が違ってケンカしそうだもの。あとは一番だしを取って、タケノコと三つ葉のお吸い物、それに牛肉と合わせてオイスターソース炒め。

タケノコやゴボウは要注意リストに載っているのだけれど、全然平気だった。柔らかいおかゆや豆腐、卵推奨のイメージがあるけど、そういうことではなく、匂いや食感に敏感で1度イヤだと思うと食べなくなる。堅い物でもしっかり噛めば大丈夫、夫は歯が良いのでね。食べられる量は以前の半分以下、麺類なら1人前の1/3、残りの2/3を私が食べる、みたいな感じ。器を決めて、食べ過ぎないように気をつけている。

量と共に気をつけるのが油、炒めるのはなるべく素材の油だけで。今日は残りのタケノコをグリルで焼いてみようと思う。そろそろワタシの体重も減っていいのに、おかしいなぁ。

4/4追記 魚焼きグリルで焼いたタケノコはイマイチでした。後からバターとお醤油をたらししてもダメでした。なかなか焦げ目が付かなくて、パサパサになったのかも。^^;
フライパンでオリーブオイルで焼いて、最後にバター少しとお醤油、こっちの方がずっと美味しいです。火は通っているのだから、ちょっと焦げ目が付けばね。


人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示