麦わら帽子

先週、久しぶりに姉と吉祥寺で買い物をした。いつもなら午前中に待ち合わせ、ショッピング、ランチ、ショッピング、お茶なんだけど、今回は午後待ち合わせの、ショッピング、お茶コース。思えばお正月休みの約束を、夫の体調不良で延期してもらうように連絡したすぐ後の救急搬送だった。お見舞いや付き添いに来てくれて、帰り道に食事やちょっとだけ買い物をして、次は吉祥寺でね、と言ったけどなかなか実現せず半年ぶり。

吉祥寺の中道通りを少し行った所に「麦わら帽子」というお店があって、最初は雑貨屋さん巡りの途中で見つけた。店頭に野菜が並んでいるので、つい覗いてしまうのは主婦のサガ。店内には色々な商品があって、後から武蔵野市と9つの友好都市のアンテナショップと知った。

その後、行く度に買うのが「ごまかりんとう」という山形県のお菓子、ごま風味のあんまり甘くないかりんとう。夫のお気に入りで、味覚が変わってどうだろうと思ったけどいらぬ心配だった。あとは国産のドライフルーツや野沢菜昆布などを買ってもらった。今まで気付かなかったけど袋入りの米糠が置いてあって「いくつでも持って行って下さい」って。なんとタイムリーではないか、しょっぱい糠床に難儀している時に。有り難く1つ頂いて来た。

ごまかりんとうは、いくら調べてもここ以外では手に入らないので、また行って買わないと。米糠は、近所のお米屋さんでも譲ってもらえるのが分かって、プラスチックだけど容器も買って、少しずつ改善中。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ぬかっぺ

自分で美味しいぬか漬けを作れた記憶がない。糠床は何度か作ったものの、最後に処分した10年以上前に「もう挑戦するのはやめよう」と決心したのだった。だから夫が「美味しい漬け物、糠漬けが食べたいなぁ」と言っても、「それはムリだと思うよ」と答えていた。

そんなある日、スーパーで「ぬかっぺ」と出会った。なんでも水を足すだけで糠床ができるらしい。お値段もワタシ好み、横にビニール袋に入った糠床が売っているのを見て、そうだジップロックで作ればいい、ダメで元々と買って帰った。

帰って早速、分量の水と昆布と鷹の爪をマチ付きのジップロックに入れていると夫が寄ってきたので、「ほら~、ぬかっぺだよ~」と空になった袋を見せた。「こんなんで美味しい糠漬けができると思えないけど」と言うので、「そりゃそうよ、昔はなんだかんだと苦労して糠床を作ったんだから。でもさ、時代は進んでいるんだし、もしかしてって思ったのよ」

「すぐに漬けられます」みたいなことが書いてあるのを信じて、冷蔵庫に入っていたキュウリを漬けて翌日食べたらものすごくしょっぱくて、「オレを殺す気か」と言われた。やっぱりねー、そんなうまい話がある訳がない。

その後、捨て漬けにキャベツを入れたり、他のメーカーの糠を足したり、ジップロックじゃあんまりなので、ありあわせの器に入れ替えたけど、美味しい糠漬けが食べられる日は来るのかな。ちゃんとした器を買うのはもう少し先にしよう。

人気ブログランキングへ

洗いカゴ

シンクの掃除」にパイプクリーナーを使うようになって、角の部分はもとより、全体的に汚れが付きにくくなっている。シンクは汚れてないけど、排水口を覗いてみると、おおって感じなのでパイプクリーナーの出番。

そこで、今度は洗いカゴをシンクに置いてパイプクリーナーを掛けてみた。私はステンレス製の洗いかごを使っていて、水受けのトレーは毎日のように洗うけど、カゴは後回しに次ぐ後回し、なぜなら食器は自然乾燥派で、カゴが空になることがないから。

カゴに付く白い汚れは、水道水のカルキなのか、こすってもなかなか取れない。特に針金がクロスする部分に残りやすいし、カゴの形や大きさもやっかいで、以前ビニール袋に酸素系漂白剤と一緒に入れたこともあるけど、しばらくして見に行くとビニールが破れて、水がなくなっててガッカリした。

パイプクリーナーを掛けて放置、白い汚れが全部取れてピカピカに、とはならなかったけど、労力対効果はバッチリ。箸やスプーン用のプラスチックカゴの編み目部分がすごく綺麗になった。その後、歯ブラシでこすってみたけど、白い汚れはしつこかった。

シンクの周りから掛けるのと洗いカゴ、交互にやろうか。もっと他に掛けると良いモノないかしら。

人気ブログランキングへ

謎を解く

夫の食べられる物を捜すのに、まず口触りの問題を解決しよう、滑らかなで均一がOKならハンドブレンダーじゃないかと手頃な物を購入した。カレーは最初食べられていたけど、形の残ったニンジンを潰したり除けたりするので、それをガーッとやれば行けるんじゃないかと。

結果的には、そんなうまい話はなくて、ブレンダーに掛けると滑らかにはなるけど、空気が入るのか、ちょっと違和感のある口触りになって、私でもダメだった。これはワタシの知ってるカレーじゃないよ。

でも全くの無駄だったワケじゃなく、いろいろ試す中で玉ねぎがダメになっていると分かってきた。えっ?って話なんだけど、夫はコーヒーが大好きだったのに、今は飲めないし香りもダメなので、玉ねぎが苦手になっても不思議はない・・って、不思議ではあるのですが。

避けるべきモノが分かるのは食べられる物への道。食材そのものと口触りの組み合わせの謎を解いて、食べられる物を探したい。

ブレンダーは私のバナナジュース用として活躍してくれそうだし。

人気ブログランキングへ

裏返し

うちのガスファンヒーターは台所のガスレンジと同じ所からホースを引いているので、出す時としまう時にガスレンジも下ろして掃除する。綺麗になった所でそこに乗って換気扇を本体ごと外して掃除する・・のがいつもなんだけど、今回は換気扇を買ったばかりなので省略し、フードの内側だけ拭いた。ガスレンジの下に敷いてあるアルミ加工の紙とレンジカバーも取り替えてスッキリ。

磁石の付いたアルミ製のレンジカバーは、ずっとガスレンジに磁石を付けて長さをムリムリ合わせて、ムリムリ曲げて使っていた。1枚だと足りないけど2枚はいらないから、1/3切り取って足したり。この前、ファンヒーターを出した時に、これって周りのステンレスにもくっつくのかな?と試してみたらくっついて、逆向きに曲げた2枚で1周、角もピッタリ。

うちのキッチンはコンパクトなので、ガスレンジの脇は余裕がないけど、向こう側は窓まで少し空間がある。そこに何か置くのはムリでも、目の前にレンジカバーが無くなって視界が広くなった。ガス栓やガスホースはアルミ箔でくるんで、次の掃除の時にそれも替える。

それにしても、随分いつまでもファンヒーターを出していた。毎年GW前には片付けていたけど、今年はまた寒さが戻るんじゃないか、足下が冷えるんじゃないか、なんて思ったり。でも今日の掃除は半袖のTシャツ1枚、もう大丈夫でしょう。

人気ブログランキングへ

ゴールドキウイ

夫が退院して約2ヶ月、何でも食べて良いと言われてるけど、実際に食べられる物は少ない。量が少なくても、何でもOKではなく、ネックはニオイと口触り、あ、これダメだ、となるともうダメみたい。そこら辺は本人にさえ謎って感じで、食べたい思いはあるのに食べれない、片思い。

そんな夫の両思い相手は酸っぱい果実、中でもグレープフルーツとキウイ。私は酸っぱいのが苦手なので、キウイなんてほとんど買ったことがなかったから、普通のキウイは国産が多く、ゴールドキウイはニュージーランドからやってくると初めて知った。ゴールドキウイは熟してくると甘くなってワタシ好みだけど、夫はもう少し早く酸っぱいうちに食べたかったと言う。酸っぱいモノを食べたいのは胃酸がなくなったせいなのかね、と話している。

がんや胃潰瘍で胃を全摘した方は案外多くて、ネット上でもリアルでも話を聞いたり読んだりすると、個人差が大きいながら、3年くらいで色んなモノが食べられるようになるらしい。これから3年と思うと気が遠くなるかもしれないけど、過ぎてしまえば早かったねと思うに違いない。キウイ食べて乗り切ろうではないか。

人気ブログランキングへ

こする-賛否-

前の記事で、パイプクリーナーを使うと、こすらなくても汚れが落ちると書いたけど、ブログを始めた頃に「こすって落とそう」という記事を書いている。この時こすって掃除していたのは前のアパートのお風呂場で、湯船は別にして、石のタイルとコンクリートだったから、あながち間違ってない。

こすらない方が良いのは、プラスチックなど傷が付いてしまう物。見えない傷が付くとそこに汚れや油が付きやすくなり、それをまたこすって落とすから、さらに傷が付くという悪循環に。ただ、強い薬品もプラスチックを傷めることがあるから難しい。

ウチでは去年の秋に台所の換気扇を替えたんだけど、新しい換気扇は汚れが付きにくい気がする。羽と枠を掃除する時は、使い捨ての紙ぞうきん(アルカリ電解水で油も落とす)で汚れを拭き取ってからお湯で洗うと、台所洗剤と柔らかめのスポンジでも簡単に綺麗になる。

汚れはこすっていればいつかは落ちるけど、それは素人のやることって、知り合いの掃除屋さんに言われたことがある。ま、ワタシは素人なんだけど。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示