カマタ

この前も書いたけど、膵臓の検査結果を聞きに行く3~4日前から胃が痛くなって、ついでに診てもらおう、診察の後に検査になるかもしれないから、朝ご飯抜きで病院に行った。膵臓はとりあえず異常なし、折角だから胃カメラを飲みましょう、その日はムリで翌日に予約を入れてくれた。

胃は少しだけ違和感があるけど痛みはないので、蒲田にレッツゴー。蒲田には魅力的なランチが待ってる、回転寿司はたくさんあって駅ビルの中にあるお店が行列ができるとか、豚カツは「林SPFポーク」を使ったお店が何軒かある、とかね。

この前は東急バスのロータリーがある駅の西側を歩いて、駅ビルの地下で買い物をしただけだったから、とりあえず行列ができる回転寿司の場所を確かめに駅ビルを探検。駅ビルはグランデュオ蒲田、西館東館が3階の通路で繋がっていて、お目当ての回転寿司は東館6階にあった。時間は午後1時頃、他の飲食店もそこそこ待っている人がいる。

回転寿司店はお店の外に椅子がずらっと並べてあって、その時は2~3人座ってるだけ、なにしろ朝ご飯抜きだから「もう、ここにしようよ」と後ろに並んで座った。実はお店の中にも10コくらい椅子があって、その後しばらく待ったのだけれど、夫はここに来たら食べたかった穴子を早速頼んでいた。腹ぺこの私は回ってくる美味しそうなお皿を取ってはパクパク食べた。

夫は最後に頼んだ巻物が食べきれないと言うので私が引き受け、会計をして店を出て、初めて駅の東側に降り立ち、路地を歩き始めると、なんか夫の様子がおかしい。ボーッとしてるというか、魂が抜けちゃってるというか、とにかく駅ビルに戻ってベンチに座ろうと腕を引っ張ってUターン。後から聞いたら、夫は「ここからタクシーで家まで帰ったらいくら掛かるんだろう」とそればかりをグルグル考えていたそうだ。

胃がないのに食べ過ぎるといわゆるダンピング症状が起こってしまう。その辛さは本人にしか分からないし、何をどのくらい食べると起こるかは多分本人にも分からないのだと思う。ただ傍で見ていて、夫の場合は辛い時間はそれ程長く続かず30分から1時間で収まる。この一件後、辛さの度合いを表す「カマタ」という基準ができて、辛そうな時は「何カマタ?」と聞くようになった。だいたい0.6から0.8で、1カマタ越えはまだない。

電車で座って帰ろうと止まっていた五反田行きに乗ったものの、予想外に夫が早く回復したので途中で降りて、近くのバス停からバスに乗って帰った。駅の東側が心残りなので、もう1度行くことに。-つづく-

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

東急バスの旅-蒲田-

蒲田に初めて行ったのは6月の末、私の膵臓の検査に夫が付き合ってくれた日だった。夫が田園調布の少し向こうにある工具屋さんに行きたいと言うので路線図を調べたら、田園調布で蒲田行きのバスに乗り換えて4つ目くらいの停留所で降りると行けると分かった。病院へは田園調布行きのバスに乗るので、これは病院からまた同じバスに乗ればいいと。

検査が終わった後、予定通り田園調布で蒲田行きに乗り換えて、田園調布郵便局前で降り、買い物を済ませた。それが午後2時頃だったと思う。さてこの後どうしようか、折角だから蒲田まで行ってみようと、また蒲田行きのバスに乗った。バスはよくこんな所を曲がれるねという狭い路地を通って、たまに広い国道に出て、また狭い道を走って蒲田駅に着いた。

蒲田の街はまさに昭和、渋谷から消えた東急プラザがまだあって、商店街、飲食店どれもが混沌として魅力的だった。この日はただ線路沿いのアーケードを歩いて、遅いお昼を回転寿司で食べた。回転寿司は夫が食べる量を調節できるから便利なのだ。

最後に買い物をして、またバスを乗り継いで帰ってきた。初蒲田はちょっとした感動レベル、今日は時間が短すぎた、また行きたいねと、夜な夜な情報を集め、2週間後に検査結果を聞きに行く日を楽しみにしてた。-つづく-

人気ブログランキングへ

Open House 4

「5時に夢中!」のスポンサー、オープンハウスのCM、しばらく前から菜々緖さんが黒ネコ役で出ている。それはまぁまぁだったのだけれど、その続きが絶妙なのでご紹介。「犬のジョン」シリーズ「入居」篇 とうとう東京に一軒家を建てたジョン家、しかし、ジョンにとっては波乱の予感・・。

オープンハウスグループ CMギャラリー

「ジョンVS猫」のメイキング映像もいいです。菜々緖猫の表情がガラッと変わるので、案外名女優なのかもって思った。もちろん、織田裕二犬は相変わらず素晴らしいです。

人気ブログランキングへ

サラダ紫(ムラサキ)

サラダ紫」って何だと思います?

サミットの産直野菜コーナーで見つけて、見かけは水ナスに似てるなぁ、それにしては3コで165円は安いと思って買った。サラダにできる、生で食べられるってことで糠漬けに。ナス自体がちょっと堅いのでどうだろうと思ったけど、漬け上がりは普通のナスより皮が柔らかく美味しかった。

「親の小言と茄子の花は千に一つも無駄がない」なんてね。サラダ紫もたくさん成るのかな、この喩えは苦笑いするしかないけど。

人気ブログランキングへ

グレリン

トリプシンに続いて「グレリン」、これは胃から出る食欲を起こさせる酵素。胃がなくなると、当然ながらグレリンは出なくなる訳で、それは困るなぁ、と思った。食べたくない人に食べさせるのは難しい。栄養士さんから「グレリンは胃以外からも出るって、最近は言われてるんですよ」と聞いて、ちょっと安心したり。

近頃の夫を見ていると、グレリンは胃以外からも出ているのだろうと感じる。又は食欲を司るのはグレリンだけじゃないって。私のトリプシンもそうだけど、ヒトの身体は不思議、そんなに単純じゃない。

グレリンが注目されるのは、これを抑えればダイエットになるから、というワタシ向きのアプローチ。夫の食事について調べていると、そういうことがよくあって、我ながら肥満なんて贅沢な悩みだと思う。太れない悩みの方がずっと深い。

この前、人生でほぼ初めて「食欲がない」という経験をして、食欲があるって大切なことなんだと実感した。ま、あり過ぎるのは困り物ですが。

人気ブログランキングへ

トリプシン

ブログにも書いたけど、約3年前に背中が痛くなり薬を飲むことになった。膵臓から出るトリプシンという酵素の値が高くて「薬をやめたらまた痛くなるかもしれない」と脅かされて、痛いのはイヤだから飲み続けた。

夫がお正月に搬送された東京医療センターの消化器内科のドクターがとても良い先生で、ちょっと私の膵臓のことを話したら、落ち着いたら検査に来なさい、と言ってくれた。で、6月の末に膵臓のMRIとエコー検査をしてもらって、問題がないという結果だった。ただ、トリプシンは相変わらず高いままなので、半年後にもう1度検査をしましょう、ということになった。

先生曰く「トリプシンは自分で作り出す物質なので、作り過ぎちゃう方がたまにいるんですよ」とのこと。

実は、膵臓の結果を聞きに行く3~4日前から胃が痛くなり、食欲がない、こんなことは生まれて初めて、かも。診察の日はだいぶ良くなっていたけど、どうせだから胃の内視鏡検査をしましょうということになった。こんなに続けて検査をするのも生まれて初めて、麻酔を使ってもらえば楽だから、と夫にアドバイスを受けその通りにしたら、眠っている間に終わってた。

その結果は明後日聞きに行くんだけど、痛みはすっかり治まって、食欲も元通りなので大丈夫だと思う。この病院に行く時には東急バスの1日券を買うので、体調が良くて終わった時間が早ければバスの旅に出る。

半年前には行かないと書いたのに、急に蒲田にはまってる。明後日も胃と天気に問題がなければ蒲田に行きたいな。はまった理由はまた後日。

7/13 追記 胃の検査の結果、十二指腸に潰瘍があり、それで痛かったということでした。薬を飲めば治るので心配ないそうです。それにしてもタイミング良く検査が受けられてラッキーでした。今日は別の用事が入ってしまい、バスの旅はまた今度にして帰ってきました。

人気ブログランキングへ

ギリギリ

5月から6月に毎年1㎏ずつ漬ける梅とラッキョウ、今年は梅の方は早々と仕込んだのだけれど、ラッキョウは迷った。なぜかと言えば、夫がカレーを食べられないのだから、カレーを作ることも減る又はなくなるだろう。そうなると我が家でラッキョウの出番はない。スーパーに出回ったラッキョウを横目で見ては買わずに過ごしていた。

夫は肉全般が苦手、脂っこいのや焼いて固くなったのは特に受け付けなかった。牛のスネ肉を軟らかく煮て塩味のスープ仕立てを少し食べるのがせいぜいだった。これはスネ肉のカレーから野菜とカレー粉を省いた料理だから、一緒に仕込んで半分を夫用のスープに半分を私用のカレーに、途中から分けて作っていた。6月も終わる頃になって、「カレーの方、食べてみようかな」と言うので、チャレンジャーだなぁと思いながら出したら、量は少ないけどカレーライスを普通に食べた。

じゃぁラッキョウを漬けなくちゃ、ってことになって、先週末に鳥取の砂丘ラッキョウを1㎏買って、例年通りに「JA全農とっとり」の簡単漬け。この漬け方を知ってから失敗なく作れるようになった。JA鳥取にはラッキョウとスイカでお世話になりっぱなし。

とにかく間に合って良かった。国産の市販品は驚くほど高いからね。

人気ブログランキングへ

孫の手

我が家から「孫の手」が消えてしばらく過ぎた。ずっと置いていた場所にないし、動かした記憶も無い。そんなには使わないけけど、台所の吊り戸棚の上の段に置いてあるカゴ(袋ラーメンが入っている)の持ち手部分に引っかけておろすのに重宝していた。これがないと椅子を持ってくるか夫を呼ぶか、まぁだいたいは椅子を持ってくる。

梅雨の晴れ間で急に暑くなり、今年も「断熱-2-」を実行しないと。ちなみに、この断熱、冬も外からの冷気を遮断するため、銀色のシートが貼ってない白や水色のクッション材を使って効果を上げている・・、と思っている。

それで100円ショップで買った1畳用(90×180)のシートを出してきて、窓ガラスのサイズを測りメモ。ココでメモをしないと必ず間違う。窓は38×61だったので、1㎝短いけど60にカットすれば3回分取れて巾14㎝の帯が残るから、これは何かを包むのに使えばいい。50㎝の物差しを出そうと引き出しを開けて掴んだのが孫の手だった。

孫の手を使う時にうっすら埃をかぶっているのがイヤで、引き出しに仕舞ったらしい。しまうなら形が似たモノの所へ、の鉄則に従ったまでは良かったけど、その記憶も一緒に引き出しの中へ。窓の断熱は完了、孫の手は元の場所に戻り、カゴを取るのも楽になった。

「モノはあなたが置いた所でずっと待っている」
いつも夫に言ってること、孫の手もずっと待っててくれた。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示