包丁

過去にも書いているけれど、夫の知り合いの方が神奈川県の三浦半島の先っぽ、三崎漁港まで一緒にどうかと誘って下さる。先日も「ムリでなければ」と声を掛けてくれたれど、やっぱりまだちょっと難しい、高速道路で不測の事態になったら迷惑だしね。そうしたら、魚を届けて下さったのだ。

その中で、漁港で勧められて買ったというメジマグロの半身を持ち帰りたいと、捌くことになった。メジマグロは本マグロの子どもで体長50㎝くらい、スーパーでもサクになったのは見たことがある。気軽に「いいですよ」と言ったものの、捌きながら、コレ自分で捌くので1番大きな魚だよな、と思った。魚屋さんが「捌きましょうか」と言うのを、勧めた人(この人もお客らしい)が、コレはこのまま持ち帰ってこそ価値がある、皮目の模様で本マグロと分かるし、2~3日置いておいても大丈夫などと言ったのだそう。

新鮮な魚はなんて扱いやすいのだろう。まず全く臭くなくて、内臓も締まっていて取り出しやすい。頭を落として3枚に卸し、骨に付いた身をスプーンでこそげて出したら、買ったご本人の方は「さっぱりし過ぎて物足りない」と残念な感想、夫は「僕はコレ食べ易い、ありがとうございます」

頂いた半身のメジマグロ、カマの所は塩焼きに、残りは順番にお刺身に、漬けにもして3日くらい楽しんだ。本当にさっぱりとして美味しく、有り難かった。他にも色々頂いて、干物にしたり、味噌漬けにしたり、まだ楽しんでいるのだけれど。

ずいぶん前に実家に行って、包丁を何本かもらってきた。みんな母が買ったのは間違いないけれど、使った形跡がない。母は料理は好きじゃないのに、包丁と鍋を買うのは大好きだった。その中に薄刃の出刃があって、お刺身を作るのに重宝している。普通の出刃は結婚した時に持たせてくれた。

その母は、しばらく前から、料理をしなくてもご飯が出てくる生活になり、ホッとしてるんじゃないのかな。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

抗体

今回の風邪、夫にうつったら困るなぁと思っていた。滅多に風邪を引かない私に入り込んだ菌、体力、免疫力が落ちている夫ならイチコロじゃないか。しかし、うつることはなかった。

最近、「ザ・ラストシップ」というドラマのシーズン1と2を見た。人類を全滅させてしまうかもしれないウィルスとの戦いなんだけど、シーズン3は既にアメリカで放送済み、4と5の制作も決まっているそうで、とりあえず早く3が見たい。

物語の中では、先天的に抗体を持っている人が5%くらいいるという設定だった。私は娘や夫から風邪がうつったことがないし、インフルエンザに掛かったこともない。娘の風邪はほぼ100%、夫にうつっていた。私達は違う抗体を持っているようだ。

「ウィルスという共通の敵ができて、人類は一致団結できると思ったのに、何も変わらなかった」と言った兵士がいた。敵はウィルスだけじゃない。

人気ブログランキングへ

成城石井

ここの所の急な気温変化と乾燥のせいか、人並みに風邪を引いた。と言っても寝込むほどではなく、喉が痛い、くしゃみと鼻水が出るくらい、1番困ったのは下を向いて洗い物をしていると鼻水が垂れそうになること・・。

昨日、夫の用事があって、一緒に行くつもりだったけれど、雨が降っているし、もうそろそろ1人で出掛けても大丈夫だろうということで、送り出した。お昼過ぎに用事が済んだと連絡があり、帰り道でまた電話。「東急ストアで、サンマが2匹で380円だけど買う?」とか聞いてくるので、「目が黒かったらね、買ったら大根も半分のを買って」

その後しばらくして、サンマに大根、それと「成城石井のチーズケーキ」を買って帰ってきた。サンマは脂がのって美味しかったし、大根は皮が薄くて良い大根だった。いつからこんな買い物上手になったのか、病院帰りやバスの旅での買い物は無駄じゃなかった。

今や「成城石井」と言えば、どこの駅ビル、デパ地下にも入るチェーンストアだけど、そのチェーン展開が始まる前、小田急線成城学園前駅にあった店で約30年前に買い物をした。夫の中学の同級生がこの辺に実家があり、年末に帰省、そうすると「ちょっと会おうぜ」みたいな話になる。まだ結婚したばかりだったので、くっついて行ったものの、この人達は何をしてるんだろう、何が楽しいんだろう的な遊びや話になる。

お昼をご馳走になって、とても美味しかったので、そうだ、お雑煮に使う鶏肉を聞いてみよう。「鶏肉はどこで買われますか?」とお母さんに聞いた。その答えが「石井よ。鶏肉は高いと言ってもたかが知れてるから、お正月だしね。間違いないわ」帰りに成城石井に寄って、鶏肉を買って帰った。

ウィキによれば、その3年後くらいからチェーン展開が始まり、様々な変遷を経て、現在に至っている。あの成城学園前のスーパーマーケットから名前だけは受け継がれているということだろうか。

私の風邪は気温上昇と共に良くなった。

人気ブログランキングへ

いなりかな

久しぶりにいなり寿司を作ろうと、油揚げを煮始めた所で、袋の口を開けるのを忘れたことに気が付いた。火を止めて、少し冷めるのを待って、1枚ずつ開けていったけど、上手く開かなかったり破れたり・・。

煮上がった後、それでも何枚かは袋になったので、酢飯を詰めようとしていたら、「それ、詰めないで別々にちょうだい」と言われた。それならば、と失敗したのを、酢飯にのせて渡した。

残ったいなり寿司を翌朝に食べると、ご飯が煮汁を吸ってボソボソになる。その場その場で詰めればいいのだけど、ちょっと面倒。でも、お茶碗に酢飯をよそうのなら簡単。

酢飯は1回分のご飯をチンして小ぶりのボウルで作る。ちなみに、すし酢は作り置き。さらに詰めないいなり寿司は、最後がすごく楽。もはやいなり寿司じゃないかもね。

人気ブログランキングへ

道のり

夫は退院後すぐに確実に食べられたのがグレープフルーツで、毎日1コ食べてた。その後、その役目はトウモロコシになった。

ニオイや口ざわりが問題で、コーヒーや玉ねぎ、ニンニクなどがダメだったけど、4~5ヶ月が過ぎた頃から段々それらに拒否がなくなってきた。それでも食べて気持ちが悪くなる、いわゆるダンピング症状が起きる。食事の量は器を決めて調整しているのだけれど、食べている最中にもう食べられないということもあるし、食後30分くらいして気持ちが悪くなることもある。

量に気をつけていても、気持ち悪くなってしまうの原因は何か。今までの経験で、油脂と砂糖、それに小麦粉じゃないかということになった。胃と一緒に胆嚢も取っているので、油は分かる。玉ねぎ、ニンニクがOKになって「ぶどうDE酢豚」を皮切りに、ずっと作らなかった中華の炒め物、回鍋肉や麻婆ナスも作った。野菜は油と塩を入れて湯通ししたり、ナスはシリコンスチーマーでチン、豚肉は衣ナシ、なるべく豚から出る油で炒める。この辺は私の利害も一致する。

砂糖は普通の人でも胸焼けするので、そうなのかもと思うけど、なかなか気付かなかった。小麦粉はお腹の中で膨れるというイメージ。コーヒーがカップに半分くらい飲めるようになって、コンビニ(特にサンクス)のスイーツをよく食べるのだけれど、こっちも半分なら安全。

手術前、何人ものドクターが「胃を全摘しても何でも食べられます。ただし1度にたくさんはムリなので、何回かに分けて」と言った。その時の私のイメージは、少しの食事を日に6~8回用意する、というものだった。でも、実際は全く違った。最初の頃は「全然違うじゃないか!」と頭にもきたけど、段々何でも食べられる方向に向かっていることは確か。「何でも食べられる」という希望があって良かったのかもしれない。

人気ブログランキングへ

東急バスの旅-つづき-

洗足駅から乗ったのは渋谷行きのバス、5~6つ目の停留所で五反田行きに乗り換えて、武蔵小山駅で降りてアーケードPALM商店街へ。この辺で遅いお昼を食べようということになったけど、ここで選択を間違うと私の最大の目的である魚屋さんに寄れなくなる。

何か食べられそうなモノを探してウロウロしているうちに、ビックマックが食べてみたいと言うので、チョー久しぶりのマック。2F窓際のカウンター席に座り、向かいのゲームセンターに出入りする人達や、UFOキャッチャーの景品を並べているお兄さんを見ながら食べたマックは、心なしかパンが以前より美味しい気がした。夫も美味しいと言って、ビックマックを約2/3食べた。ポテトが揚げたてで美味しかった。

ビックマック2/3で自分からやめたのだから大丈夫だろうと思ったけど、少しして「ちょっと座って休みたいかも」と言うので、ハードオフの外にあるベンチを借りて休んだ。この商店街にはブックオフ、モードオフ、ハードオフそれにリカーオフまで揃っている。今回は「タクシーで家に帰りたい」じゃないから少し進歩したかな。商店街を行き交う人を見ながらしばらく休んで、最終目的地の平和通り商店街までバス停2つだけど乗った。

平和通り商店街で寄るのは魚屋の山やと八百屋の二葉屋とおでん種の柳屋の3軒、5時を過ぎていたからか、どこももう片付けモード。山やでマコガレイとカマスを買って、八百屋ではナスとキュウリと大根、大根はラスト2本だった。大根が買えたから、おでんにしようと薩摩揚げとはんぺん、それに黒こんにゃくも買った。

魚は美味しく、薩摩揚げもはんぺんも変わらない味だった。でも今回の掘り出し物はナスと大根、ナスは大小とりどりザル1杯で300円、大根は値札に「230円 高くなってしまいました」と書いてあったけど、この値段でもスーパーより安いし、この時期としては柔らかくよく味が浸みた。ナスは12~3コあって皮が薄くて美味しく、小さいのは糠漬け、大きいのは焼きナスや麻婆ナスでどんどんはけた。季節が良い間に、また行きたい。

夫は手術半年後の検査も終わり、お陰様で、心配な所はないと言われました。食べられる物も量も徐々に増え、体力も戻って、ずいぶん長く歩けるようになったと感じたバスの旅でした。

人気ブログランキングへ

東急バスの旅-大森-

お日様の出ない日が続いた9月、末になって1日だけ天気の良い日がやって来た。洗濯物を干して、今日は魚屋に行こうと思っていた所へ「洗足池に行ってみたいんだけど。環七を走る大森行きのバスが近くを通ってるから、大森も行けるよ」と誘ってきた夫。私が行きたいのは魚屋だから「帰りに月光町にも寄れる?山やで買えるなら良いよ」この、我が家では月光町、ホントの名前は「平和通り商店街」については何度も書いている。

それから東急バスの路線図とGoogleマップを見比べる。路線図は画面で見るのは良いけど、印刷するとすごく見にくくなるから、必要な所は書き込んでおく。私、実は地図を見るのが大好き、それなのに方向音痴は不思議だけど、紙の地図さえあれば迷子にならない自信がある。

世田谷の新代田からずっと環状7号線を南下する大森行き、1度は乗ってみたかった。11時頃に家を出て、まず渋谷行きで環七まで行き、大森行きに乗り換える。月末というのに環七が空いていて、それにこのバス、大きな通りの立体交差をオーバーパスを使って走る、大森なんて海の近くだからどんなに遠いんだろうと思っていたのに、思ったよりずっと早く着いてしまった。

初上陸の大森は、ちょうどお昼休みのサラリーマンやOLが列をなして歩いていて、大森ってビジネス街なんだと驚いた。蒲田とは雰囲気が違ってそれ程見る所もなく、次の目的地「洗足池」行きのバスに乗った。このバスは途中まで東急池上線に沿って進むので、洗足池までは遠回りになるけど、そこは先を急がないバスの旅、窓の外を眺めていれば楽しい。

洗足池には貸しボートがあったけど、水の上は不安なので、歩いて1周回ることにした。とても整備されていて、売店がなくゴミ箱もない。池には鯉と亀がたくさんいて、夫はこれが見たかったらしい。銀杏の木からギンナンが落ちていて、「ギンナンの皮をここで剥かないで下さい」と注意書きがしてあった。バスに乗ることを考えると、拾うワケにはいかない。

池を2/3くらい回った所で公園の外に出て環七方面に向かって歩くと、勝海舟のお墓らしき所を外側から見ることになった。長原駅の商店街を通り、長原バス停から新代田行きに乗り、洗足駅に。どうでもいいことだけど、洗足池のそばには洗足池駅があって、少し離れた所に池の付かない洗足駅がある。そして地名の「せんぞく」は「千束」と書くみたい、すごく分かりにくい。洗足駅から武蔵小山は電車だと2駅なので電車でも良いと思ってたけど、止まってたバスがちょうど出るというのでつい乗った。-つづく-

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示