2016

ヒトはある程度の年齢になると、それまでの経験から決まり切った行動をするようになり、だいたいのことは結果が予想できるため、やっても無駄とか、自分にはどうせできないと、新しいことに挑戦する意欲は減るそうだ。それはそうだろうと思う。昨日と同じ事をして無事に過ごせれば、それに越したことはない。

でも、夫が胃ガンになったことで、昨日と同じ事をしていられない生活がやって来た。思えば、色々な有名人がガンに罹ったり亡くなったりしても、それをきっかけにガンについて調べることはなく、私は何も知らないに等しかった。夫が胃を全摘すると聞いた時には心底驚いたけど、手術ができる状態で見つかり、抗がん剤も使わずに済んだのが、どれほど幸運だったかを、退院後に段々知ることとなった。

今まで行ったことのない場所に行き、買ったことのない食材を買い、調理法をネットで調べ、私はレベルアップ、本人も少しは楽しみが感じられたように思うのだけれど。

実は夫、数日前からの腹痛・背中痛が段々激痛になり、一昨日緊急入院、手術して、入院中です。腸の手術痕が閉塞を起こしてしまったらしく、順調に回復していても、このリスクはあると聞いていました。今回の手術も無事終了、再発リスクが減るように処置して下さったそうです。

今年もお世話になりました。50を過ぎて始めたブログ、来年も続けたいと思いますので、よろしくお願いします。皆様、良いお年をお迎え下さい。
今回はコメント欄を閉じさせて頂きます。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

セロリ

初セロリ」という記事を書いたのが去年の7月だった。そこにも書いたけど、とにかくセロリは野菜の中で1番嫌い、できることなら使いたくないから、レシピにその名があっても勝手に省略してきた。でも安さに惹かれて使ったセロリ、何となく良い仕事してくれた気がして、ミートソースの時には使うようになった。

先月だったと思うけど、スーパーで市場直送のセロリ半株が200円程度で売られていた。安いし、何と言っても新鮮、牛のスネ肉が冷凍庫にあるはずだから、またミートソースを作ろうと、思い切って買った。1回のミートソースには多すぎるので、玉ねぎ、ニンニク、ニンジンと一緒に炒めたソフリットの状態で半分は冷凍した。

セロリたっぷりのミートソースは香りが良くて、気持ち程度に入れた今までとは別物だった。あの独特のニオイは消えて別の良い香りになり、加えて肉のニオイ消しと旨味出しになるのではないかと思う。

ミートソースはスパゲティだけでなく、ご飯に掛けても食べるけど、この時から「ご飯に混ぜてチーズをのせてオーブンで焼く」にバージョンアップした。熱々で冬にはもってこいのメニュー。

まだ、生のセロリやちょっと炒めたセロリを美味しいと思えないのだけど、私のセロリレベルは0からほんの少し上がったから、もっとアップして食べられる日が来るのかな。

人気ブログランキングへ

ほうじ茶-2-

この前築地で買ってきたほうじ茶、楽しみに沸き立ての熱湯で淹れてみたら、香りが良く美味しかった。が、2煎目はうーん、3煎目になると、2煎が限度なんじゃない?という感想。いや、待てよ、最初はあんなに美味しかったのだから、お湯が冷めたのがダメなんじゃないか、ウチはステンレス魔法瓶だから。かと言って、その度にお湯を沸かすのはムリだし。

そこで、1.5㍑のケトルでお湯を沸かした所に、直接お茶の葉をいれて少し煮立て、茶こしで漉して魔法瓶に保温する方式に切り替えたら、最後までまぁまぁの状態で飲めた。特に、入れ立ての1杯目は最高。ちょっと困るのが、お湯の入ったポットがないことなんだけど、1日中ほうじ茶を飲んでるし、コーヒー紅茶はどうせその度にお湯を沸かすし。

以前は安い茶葉を買って、自分で焙じていた。約4年前の「ほうじ茶」という記事に書いてあるけど、どれくくらい続いたのか記憶がない。その後は色々な所で値段も色々なほうじ茶を買い、あんまり美味しくない、と嘆いていた。でもそれは、淹れ方が悪かったのかもしれない。

夫は術後、市販のほうじ茶1種類しか飲めなかった。水道水もペットボトルの水もダメだった。栄養士さんに「1種類でもあって良かった、全滅の方もいます」と言われた時には、ああそうなんだ、と思った。その半年後くらいから、においも勘弁してくれだったコーヒーをはじめ、水もお茶も普通に飲めるようになった。

飲めるようになると、飲めなかった時の記憶は消えてしまうみたい。まさに喉元過ぎれば・・ということか。

人気ブログランキングへ

カラメルタブレット

ブログを始める前から作っていた「プリン」、引っ越してオーブンレンジもガスレンジも変わって、それに加齢のせいか、カラメルソースを作る気力が無くなった。電子レンジで作ったら、器が割れたこともあったし。

で、10月の末に吉祥寺に行った時に、カラメルタブレットなるモノ買って、これで毎日でもプリンが作れると思ったけど、1ヶ月半以上過ぎて、やっと作った。久しぶりに5インチのスフレ型を出してきて、底にカラメルタブレットを7コ、漉したカスタードソースを流し込めば準備OK。なぜ今日作ろうと思ったかと言えば、牛乳と卵があることと、お昼にオーブンを使って料理をしたから。続けて作れば時間も電気も節約できる。

結論から言うと、見掛けは悪くないけど、味は・・・だった。言葉にすると「こくが無い」ってことになるのかな。もう美味しいプリンそのものを探すしかないか、でもそれも案外難しい。シンブルに卵と牛乳と砂糖、それにカラメルでできているプリンはなかなか無い。以前、ちどりさんがカラメルの作り方を紹介していたのを思い出して見に行った。他にも工夫して作っている方もいたので、気力が出たら、やってみようか。

それにしても、このカラメルタブレットの評判はすごく良くて、我が家が間違っているのかと心配になる。カラメルにはみんな苦労しているのとは別に、プリンにカラメルは必要か?という人までいるのには驚いた。カラメルがなければプリンじゃない、と思うんだけど。

人気ブログランキングへ

築地-つづき-

思ったよりも狭かった「築地場内市場」、路地を曲がる度にどっちを向いているのかが分からなくなり、ここさっき通ったよね、を繰り返す。言っちゃ悪いけど、このHPが非常に分かりにくく、プリントアウトした地図も見にくい。それでもウキウキする楽しさだ。

1番の目的は魚、2番目が出汁用の厚削りを買うこと。でも、八百屋だけでなく肉屋も多く、見つける度にショーケースをのぞき、何件目かで和牛のスネ肉を買った。100円で保冷袋と保冷剤を用意してもらい、これに魚も入れよう、でもやっぱり魚は最後だよね、思いの外暖かい日になっていた。

ちょうど良い気温で、迷路のような市場を歩き回って、既に足がつりそうなので、休憩しようとコーヒーショップを探していたら、鰹節さんの前を通った。本枯れ節の削り立てを「食べてみなよ」と言われて、香りが良いのはもちろんだけど、今日欲しいのは厚削り、混合節の厚削りを買った。500gで1500円、これで「出汁が薄い」と言われることはない。

座れるコーヒー屋さんで作戦会議と言っても、もう一回りしながら、オープンしたばかりの「築地魚河岸」に行ってみようという、何とも雑な作戦。結局これが当たりで、魚介はこの中で全部買って帰ることになった。

外の魚屋でも見たけど、初めてのマナガツオ、西京焼きはこれだって。黒ムツとシマアジは知ってる、そしてマグロ。エビ専門店で量り売りの芝エビを発見、1キロ1600円となってる。「これってどのくらいから売ってくれるの?」「ん?300gくらい?いいよ」と袋に入れてくれるんだけど、300と言っても350入ってて多すぎる、「たくさん食べられないのよ、値段一緒で良いからもっと減らして」と頼むと「じゃ、200ね」と250gくらい入って320円。高級エビも売ってるのに申し訳ない支払い。

ここで気持ちを落ち着かせて、マナガツオ、黒ムツ、半身でも良いといってくれたシマアジ、それにマグロの中から1品を選ぼう、そうだとしたらやっぱり最初はマグロじゃないか、本わさびも買ったし。で、美味しそうなマグロを探しながら、私を呼ぶ銀ダラの切り身、ホタテの貝柱などを買った。アンコウが鍋用に捌かれて、1皿800円とか1000円で売っているのを見て、私にもアンコウ鍋ができると思ったけど、次の機会に。

買い物を終えて11時過ぎ、早いと言えばまだ早い。帰りは銀座か新橋まで歩けば銀座線で渋谷まで1本、あとはバスで帰れる。築地場外の食堂はリサーチ不足だから、家に帰ってご飯を炊いて、買ったマグロを食べることにした。途中で、広くて天井が高い開店したばかりみたいなファミマを見つけ、喫茶風のイートインコーナーで休憩、いつものスイーツとファミチキ。

芝エビはその日の晩に、2/3は殻ごとの素揚げ、残りは殻を剥いてホタテと合わせてグラタン風、銀ダラは西京漬けにして昨日食べた。どれも美味しかったけど、ちょっと残念だったのがマグロ。やっぱりマグロは難しい、見てもわからないから。今度は別の店で買ってみよう。

年内にもう1度行けたら、新しい築地魚河岸だけで買い物を済ませるのも良いかもしれない。場外市場はすごく混んでるはずだから。

人気ブログランキングへ

築地

天気が良かった一昨日、生まれて初めて築地に行った。築地と言えば、場内市場が豊洲に移転するはずだったのに延期。でも今はオリンピック問題の方がメジャーになってて、築地-豊洲は忘れちゃったのかな?

移転問題は別として、暫く前から築地に行ってみたいと言う夫に「え~、9時に着くには通勤ラッシュだよ、アンタ混んだ電車嫌いでしょ?それとも6時台に乗る?」と蹴っ飛ばしていたのだ。しかし、どうしても行きたいらしく「明日、早起きできたら築地に行こうよ」と言うので「分かった分かった、早起きできたらね~」と言って先に寝た。

それがどうしたことでしょう、私の方が翌朝6時に目が覚めた。それ程寒くもなさそう、夫をつついて「6時だけど起きて築地に行く?」と聞いたら、返事はもちろん「行く」。顔を洗って着替えて、地図と軍資金を少し持って出発。いつもはバスだけど、駅まで歩いて地下鉄で青山一丁目まで、都営大江戸線に乗り換えて「築地市場」で降りた。電車に乗っている時間は30分程度、家から1時間も掛からず、7時半には築地の地に降り立った。

地図を見て、人の流れを見て、あっちだよきっと、と歩いて行くと、前を行く女性2人連れがふっと右に曲がった。どうも、いわゆる「場内」へと続く道らしい。超初心者の私達は場内に行こうなどとは端から思っていなかったけど、普通のおばさんが行くならちょっと覗いてみよう、と付いて行った。そこは建物自体が巨大冷蔵庫のビルに挟まれた道で、「ターレー」という乗り物が主役、素人は端を邪魔にならないように歩くべし。

さすがに市場の7時台は、活気があって気持ちが良い。驚いたのは八百屋などが多いこと、飲食店も仕入れに来るからだろう。どの八百屋さんにも、本わさびがたくさん売ってる。多分マグロは買うから、是非仕入れておきたい。量り売りをしているお店で「小さいのでいいんだけど」と選んでもらって1本買った。その近くのお茶屋さんでほうじ茶を200g。どちらも、とても気持ちよく対応してくれた。

いよいよ目的の場外市場へ。朝の8時、まず目に入ったのがものすごい行列、一体どこのお店だろうと思ったら、角を曲がって列は続き、目的はお寿司屋さんらしい。もちろんそこは素通りし、行きたいお店に印を付けた地図を見ても、自分がどこにいるのかが分からない。-つづく-

人気ブログランキングへ

西京焼き

2012年に「サワラの西京焼き風」という記事を書いたけど、あくまでも「風」で、西京味噌は使ってない。「ウチご飯」が終わって、この記事のリンクも消えてしまったけど、笠原調理長の黄金比はすぐに見つかると思う。

でもこれは西京焼きではない。西京味噌はそこら辺のスーパーで500gで500円はする。だから私も買えなくて、「風」に甘んじていたのだ。本物が買えたのは10月の末に三崎漁港の魚を頂いた時。せっかくの魚を無駄にせず美味しく食べたい、魚を頂いちゃったんだから少し高い味噌ぐらい自分で買えないでどうする、と思ったから。結果、西京味噌は最強だった。

いったい本当の西京焼きとは何なのだろうと調べるうちに、「西京焼き」この記事に行き当たった。なるほど~と思い、続いて「マナガツオの西京焼き」を読ませてもらった。

目からマナガツオの鱗、どころか知らないコトばかり。まず西京味噌の塩分濃度が5%前後(普通の味噌は12~13%)と知り、これは普通の味噌を使ったら「風」でもなくて、ただの味噌漬け。ただの味噌漬けがしょっぱいのは安い味噌だから、と思っていたけどそうじゃなかった。マナガツオは関東では馴染みがないし、西京味噌は京都、私にとっては異文化との出会いだ。

しかし、この板前さんのHP、ためになる情報が溢れていて、まだ知らないコトがたくさんある。いや、ご飯の炊き方、味噌汁の作り方、知ってるつもりなことも読んで損はない。知らないことと思い込み、どっちもどっちじゃないか。

人気ブログランキングへ

鶏ガラスープ

鶏肉関係は、世田谷通りを渡った「さくら通り商店街」の鶏屋さんで買う。スーパーに比べれば少し高いけれど、その差よりも味の差の方が大きく、たくさん食べない我が家にとっては有り難い存在。

10年以上前になるかな、このお店で鶏ガラを譲ってもらってスープをとっていた。その頃は、首肉が美味しいとか、ガラに付いている肉をそいで雑炊に入れたりするので、作業が面倒くさかった。段々やらなくなって、結局全くやらなくなってしまった。

この前、午前中に行ったら、ご主人がちょうど鶏を捌いていて、それも銘柄鶏の「香鶏」だと言う。「香鶏のガラなら美味しいスープがとれるよね、でもちょっと面倒くさいの」と言ったら、奥さんに「面倒くさくないわよ、ただ5時間くらい茹でるだけ、アクはしっかり取って」と言われた。そうか、せこく肉を削いだりしなければ簡単なんだ。で、捌きたての香鶏のガラと、もも肉も奮発して1枚買った。

ガラは綺麗に洗って適当に割って、水から茹で、ネギの青い所と生姜を入れて、言われた通りに5時間、ユラユラ廻るくらいの火加減で。ガラを捨てて漉して、まず奮発したもも肉で鶏鍋、残りの汁で雑炊、翌日にもう1度雑炊とラーメン、少し残ったので茶碗蒸しを作った。

どれも美味しくて、十分元を取った。香鶏の肉が売り切れてても、ガラは冷凍してあるから聞いてみて下さいと言われたので、またやろうと思ってる。大根がずいぶん安くなってきたから、年内のお雑煮もいいな。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示