久しぶりの槽洗浄

槽洗浄-そうせんじょう-」という記事を書いたのは2013年の5月、もう4年前になる。我が家で槽洗浄をするのは、夫が「タオルがクサい」と言いだした時なのだけど、去年1年間は言われなかった気がする。ニオイには敏感で、トイレの洗浄剤を変えて欲しいとは言われたのに。

何が変わったのかと言えば洗剤、2~3年前から「ライオンのハイジア」を使うようになって、洗濯物のニオイが減ったのは確か。今、初めてHPを見たのだけど、モニターテストで88%の人が生乾きのニオイがしないと答えたらしくて、ワタシも手を上げたい。洗剤以外の条件は変わってないのでね。

ずいぶん暖かくなったのでキッチンマットを片付けようと洗濯して、その後に槽洗浄をした。多分去年もこのタイミングでして以来じゃないかと思う。買い置きの酸素系洗浄剤で、相変わらず事前にパルセータを外して確認するのを忘れ、洗浄中にフタが開けられる時に見たらゴミは出てなかった。

洗浄が終わってから、あ、そうだと底のパルセータを外してみると、ほとんど綺麗だったけど、中心に近い部分に薄く汚れが残っていたので、歯ブラシで洗った。この洗濯機は5年位前に近所のリサイクルショップで買ったのだけれど、顔見知りの店長に、ステンレス槽でもプラスチックの部分があるからそこがカビると聞いた。いつも綺麗に洗ってから売るのを見ているので、納得して買ったのだ。

ウチは洗濯が間遠で毎日なんてとてもしないから洗濯槽が乾きやすいのかもしれない。それにいつもフタは開けておく。梅雨になっても、タオルがにおわないといいな。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

春の買い物

今年の春の訪れ方はなんかおかしい、桜の花が長く楽しめたのは良かったけど、気付けばタケノコが買えてない。地元スーパーでは例年の約2倍の値段。先日、バスで行く商店街の八百屋さんでやっと買えた。その商店街は1番の目的は魚屋で次が八百屋と薩摩揚げのお店。八百屋物は重いから近所で買いなさいと言われるのだけど、モノが違うんだよーと粘るワタシ。

この前行った時にタケノコを見つけて、手頃な大きさのが2本で650円、スーパーでは1本でこのくらい、しかもこんなに新しくないと小声で言ってカゴへ。あとは行く度に買ってる3パック650円のジャムイチゴ、このイチゴは形は悪いけど、そのまま食べても味が濃くて美味しい。あと小振りのデコポン6コで480円。果物もすごく安くて、その上ハズレがないのでつい欲張りに。

タケノコはもらった糠で下茹でして、タケノコご飯と若竹汁、青椒肉絲、それにバター醤油でソテー。どれも美味しくて、あっと言う間になくなった。去年は夫の事情でタケノコは1回しか買わなかったけど、今年もこれっきりになりそう。

その代わり、春キャベツが柔らかくて美味しくていい感じ。付け合わせの千切りに回鍋肉、2年前に仕込んだアンチョビの残りと合わせてパスタにしても美味しかった。旬の物が味わえるって、本当に幸せだと思う。春キャベツ、また買ってこよう。

人気ブログランキングへ

虫コナーズ

去年の秋に紹介したキンチョーの防虫剤「ゴンゴン」のCMがまた流れ始めた。ふーん、やっぱり好評だったんだね、と思っていたら、しばらくして流れたのが「虫コナーズ」のCM。全く違うコンセプトで、この女優さん誰だろうと思ったら長澤まさみさん。私は日本のドラマはほとんど見ないのだけど、清純派の印象だったからビックリした。キンチョーのHPによれば去年から出てるらしい。

玄関やベランダに吊したり、網戸に付けて虫を寄せ付けないタイプの防虫剤を買おうと思ったことはないし、これからも買うことはないけど、キンチョーのCMは楽しいね。あ、ゴンゴンの方は去年買ってタンスの引き出しに入てみた。虫がつくような服はないけど、防カビ効果もあるというし、タオルや枕カバーがタンス臭くなるのを防いでくれれば良いなぁと思って。効果は1年も続くというし。

蚊取り線香も金鳥、香りが好き。回し者ではないけど、宣伝の宣伝。

人気ブログランキングへ

牛丼

前に書いたカレーうどんで使う「かえし」は、みりん80g 醤油240g 三温糖100g弱だったのだけど、今はみりん60g、砂糖80gと甘さ控えめにしている。これをを小鍋に入れて煮切る。この頃は1度に作る料理の量が減っているコトもあり、カレーの出汁に味を見ながら入れると必ず残る。残りはビンに入れておいて、煮物などに漫然と使っていた。

最近牛丼が食べたいと言い出した夫、牛丼は意外に難敵で、手術前にはレシピも調べて何度も作ったけど「1度、吉野家で食べてみなよ」と言われたこともある。だいたい味が濃すぎる、もっと出汁をきかせて、みたいな。

それで、あそうだ、という感じで出汁を取り、ビンのかえしを入れてちょうど良さそうな濃さで止めて、煮たった所に牛肉を入れて火が通ったらいったん取り出し、玉ねぎとシメジなどが煮えてから肉を戻す。肉にちょっと汁が絡んだらできあがり。玉ねぎの火の通り具合や味の浸み方は好みで、丼汁も具材を取り出した後に煮詰めても良いし、かえしを足しても良いと思う。

なので、カレーうどんの残りだけじゃなく、かえしを作っておくことにした。築地で買った厚削りもあるし、牛丼の味付けに迷うことがなくなり、出汁とかえしで間違いナシ。あ、ついでですが、出汁を取った昆布や鰹は糠床に入れます、毎回じゃないけど様子を見て。

人気ブログランキングへ

都バスの旅-つづき-

検査が午後3時からだし画像診断にも時間が掛かって病院を出たのが6時くらい、それでも薄明るくて春はいいね~、全く寒くないからバスでのんびり帰ろうよ、ということになった。検査後の4時頃に病院内のファミマでサンドイッチとお菓子を買って食べたのでお腹は空いてない。帰りは東京ビックサイトから東京駅行きで終点まで行き、東京駅から東急バスで等々力行きに乗れば目黒で最寄り停留所に行くバスに乗れる。

金曜日の夕方、ビックサイトでは何か催しがあったらしく、最初に見た停留所は長蛇の列、どうする?電車にする?とりあえず東京駅行きの停留所を見てみようと歩いて行くと思いの外待っている人は少ないし、あと10分くらいで次のバスが出る。これはラッキーと列に並びバスが来るのを待つことにした。ここから東京駅行きのバスは2系統あって1つは築地や銀座を通る路線で行きは築地からこれに乗った。もう1つが豊洲、月島、八丁堀を通る路線でそれ乗ったんだけど、隅田川や運河を何本も渡り、薄暗くなっていても桜が綺麗だった。

東京駅八重洲口に着いて、東急バスは向こう側だよ、えーと丸の内側?きっと地下道で抜けられるから地下に降りよう、地下街案内図を探してウロウロ。そこが東京駅一番街とも知らずに、案内図で見つけた「東京お菓子ランド」に行こうと言うと、夫は「お菓子ランドなんてしょぼいに決まってるじゃん」でも、他にどこに行きたいわけじゃないのでお菓子ランドへGO!

行ってみると確かにしょぼい、しかし美味しいモノはあった。カルビーの揚げたてポテチに北海道ソフトクリーム、これはどっちも旨かった。あとはグリコのローストアーモンド、試食用の箱にトングが付いてて「お1人様1つ、直接手を入れないで下さい」と注意書きがしてあるのに、私の前のおじさんは5コ以上手の平にのせてて、それを見て手のひらにのせて買うのかな、などと思ってしまったではないか。このアーモンドが絶品で1袋買った。

お菓子ランドを後にして、丸の内側にどうにかたどり着き、交番で東急バスの停留所の場所を聞いたら、ロータリーの向こう側、ちょうどバスが止まっている所です、と教えてもらってバス停まで走る、今日はついてる。このバスは東京タワーの下を通るからいったん降りてもいいね、なんてアーモンドをかじりながら話してた。

暗くなった空にオレンジ色の東京タワーが見えた時、ふと道路の反対側を見ると闇の中で動いているモノがある。よーく見ると人間だ、どうも桜越しに東京タワーを眺められる小さな公園のようでスゴイ密集状態、桜の木は2、3本で端の方の人は見えないと思う。そんな人達に混じる根性はないので、そのまま目黒までバスに乗り、またまたちょうど止まっていた我が家行きのバスに乗り換えて9時半頃家に着いた。

バスの窓からも、家まで歩く道でも、どこでも桜が綺麗で満喫、今日もまだ桜吹雪が舞っていて、今年の桜は長く楽しませてもらったわぁ。

人気ブログランキングへ

都バスの旅

夫の胃全摘手術から1年余りが過ぎ、術後1年検診で肝臓に薄い影があるので、追検査をしましょうと言われたのが2週間前のことだった。数値はどれも上がってないので念のため、という感じ。

その追検査が昨日の午後3時からだったので、渋谷から先を初めて都バスで行ってみようということになった。で、都バスの路線を調べようと思っても、都交通局のネット案内は分かりにくいを通り越して全く分からない。どうすればあんなモノが作れるのか不思議に思うくらい。渋谷の案内所に電話で聞いて、行けば紙のマップがもらえることを確認。

夫は検査で昼食抜きだから、11時頃家を出て東急バスの1日券も買って、とりあえず渋谷に。都バス窓口のお姉さんはとても感じが良かったし、紙の地図さえ手に入れば問題ない。1日券も買って地図を見ながら作戦会議をするため、ヒカリエの11階に登った。銀座線の移設工事を下に見ながら地図を広げて、まず新橋まで行けばどうにかなりそうと思っていると、夫が六本木ヒルズに行ってみようと言ってきた、新橋までの通り道だしね。

で、ヒカリエを出て交差点を渡り、発車間際の「・・ヒルズ行き」バスに飛び乗った。しばらくすると夫が「コレ、行き先違うわ、六本木ヒルズもう過ぎたもん。あ、赤坂アークヒルズだ」私は別に六本木なんか行きたくもないので、いいじゃん、新橋行きに乗り換えようよと、赤坂の手前で降りた。

後から来た新橋行きに乗って終点まで、次は新橋から少し南を回ってその後北上し、最後はスカイツリーに行くバスに乗って、「スカイツリーまで行けるよ~」なんて言いながら築地で降りて、前回買ったのが残り少なくなってる混合節の厚削りを買って、ちょっとだけ見て回った。

その後は、東京ビッグサイト行きのバスで終点まで。道沿い、川沿いの桜が満開で綺麗だし、雨も降らず寒くもなく、お陰様で検査結果も問題なしと告げられた。一気に気持ちが軽くなり、遅くなったけどバスで帰ろうということになった。-つづく-

人気ブログランキングへ

花冷え

東京では先月の21日に桜の開花宣言が出たけど、その日は冬に戻ったような冷たい雨の降る日で、こんな日に宣言しなくても、と思ったものだ。その後も薄ら寒い日が続いて2週間、満開宣言が出た昨日、出掛けたついでに桜を見てきた。と言っても、多くはバスの窓からだけど。

朝と昼過ぎには国道246を走るバスの中から目黒川沿いを一瞬だけ見たり、午後からまたバスに乗って買い物に出掛け、深沢の桜並木を見たり。でも、どこも満開にはほど遠く、木によって5分から7分咲き、まぁ、靖国神社にあるという標準木は相当日当たりが良いのだろう。昨日の昼間は暖かかったけれど、午後から急に変な風が吹いて夕方には雷雨になった。世田谷辺りの桜は満開でないのが幸いして、花散らしにはならなかった。

この辺では学校には必ず桜の木があるし、大きなお屋敷の庭にも桜の木がある。以前住んでいたアパートの隣のお屋敷から桜の枝が張り出していて、楽しませて頂く分として花びらと落ち葉の掃除もしてた。何度か毛虫が落ちてきた時はすぐに駆除をお願いしたけど。

桜は綺麗で儚く日本人の誰もが好きなことは間違いないだろうけど、都会で保存するのは結構大変だと思う。お屋敷が取り壊されて、何件かの建売住宅になる時に桜の木は切られるコトが多い。と言っても、桜の木の寿命は約60年だそうで、もう大木は寿命なのだから切られるのはやむを得ないのかもしれない。ワタシも桜の木ならそろそろ寿命だけど、綺麗でも儚くもなく図太いだけだよ。

「3日見ぬ間の桜かな」と言うけれど、今年はこれからどうだろう。ゆっくり咲いた桜はゆっくり散る、なんてことはないよね。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示