FC2ブログ

食パン

夫が、約2年前の胃全摘手術後にパンが食べられなくなり、再び食べらるようになったのは去年の今頃、その辺のことは「強力粉」という記事に書いてあって、今読むとそうだったなぁという感じ。食パンを焼かない間、夫はコンビニのフィナンシェやタルトを食べていたので、小麦が全部ダメというコトではなくて、食感なども大きく関わってくるのだと思う。

去年も自家製イチゴジャムが残り少なくなった時、夫はジャムがなくなって大丈夫かを心配してた。市販のジャムを試したらダメで、結局バタートーストで十分美味しいということになった。その後も毎朝、ホームベーカーリーで焼いた山形食パンの6枚切りを私と半分ずつ食べている。

今年になって、ハムとチーズのホットサンドや食パンで作るホットドッグ風を昼に食べることも増えた。自家製パンはどうしても劣化が早いので、お昼にも食パンを使うと美味しい間に食べ切れるし、まとめて買ってある強力粉とバターも順調に消費できる。

食パン問題は解決したものの、次に直面しているのがフライ問題。カキはソテーで美味しいとしても、豚カツなどはやっぱり諦めきれないらしい。本人はソースの甘さや酸っぱさが問題なんじゃないかと考えて、ネット上で大丈夫そうなソースを探して試したいと言うから頼んだんだけど、メーカーにも在庫がない状態でいつお届けできるか分かりません、だって。

ワタシとしては、もう少し暖かくなってから届くといいな。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

失敗2

もう少し味を濃くしてカキ飯を炊いてみたいと、前回から1週間くらい過ぎた頃、トライした。カキの煮汁も少し濃くしたし、煮た後そのまま浸しておく時間も長くしてみた。

前回は1.5合炊いて少し多かったので、1合だとさすがに少ないから1.2合位で。煮汁と出汁でお米と同量、4㍑の圧力鍋の底にほんの少しだけ、いつも白米を4合炊いている(5~6回分、翌日までに食べない分は冷凍)のよりずっと短時間で沸騰して、4分炊いて火を止めた。おもりが落ちたのでフタを開けたら、いい色に炊きあがっていて、混ぜるとお焦げもできていた。

ここまでは良かったのだけど、前のカキ飯もちょっと固いご飯だったので、念のために食べてみると固いを通り越して芯がある。コレじゃダメだとお酒でも振り入れてもう1度火に掛けようかと思ったけど、焦げちゃうよなぁと思い留まった。仕方が無いので、お酒を振ってラップして電子レンジに掛けてみた。まぁギリギリ食べられるかなというご飯で、カキ飯の味がどうのは吹き飛んだ。今の圧力鍋では少量の炊飯はムリなんだと分かった。

カキ飯をたくさん炊いて続けて食べるのは気が進まないから、以前「瓢箪から駒」という記事に書いたような、味付き炒めご飯的な発想でカキ飯ができないかな。そうだとしても、早いとこもう1度「磯野屋」さんに食べに行った方がいいと思う。

人気ブログランキングへ

Open House 6

ワタシは東京に家が全く欲しくないのに(東京に住み続けたいとは思っている)、「Open House」のCMをシリーズ化して6回目。それが今回は衝撃的、織田裕二犬や菜々緖猫の影も形もなく、新しいお話だった。テーマは長瀬小学生、シリーズ化するのかどうかは不明だけど、とりあえず面白かったので、リンクからメイキング含めてご覧下さい。

オープンハウスCMギャラリー

残念なことに、このCMギャラリーには古いシリーズが置いてない。理由は分からないけど、っていうか、普通の会社が古いCMも見られるようにしているのかどうかも知らないし、過去にさかのぼって見たいと思うCMはあんまり無いけど、このシリーズでは、ジョンはお嫁さんがもらえたのかなぁとか、柄本老犬はどうしただろうとか、思ってしまう。

人気ブログランキングへ

カキ3連発

築地でカキ飯を堪能した翌日、久しぶりにオオゼキに行ったら、魚売り場で「今日はカキが今シーズン最安値の100g99円、昨日の半額以下だよ」とお兄さんが叫んでいる。200㎏限定(?)という激安カキ、見るとちょっと小振りだけど悪くない、コレはカキ飯を炊けっていうお告げか?1番少なそうなパック約300gを選んで、約300円で買って帰った。

ネットでカキ飯のレシピを探すと、カキを醤油味で煮て、その煮汁と出汁でご飯を炊き、炊き上がってからカキを混ぜるというシンプルなものだった。まぁ、カキはご飯と一緒に炊き込んだら縮んでしまうので、こうだろうなと予想はできた。半分150gのカキを出汁に醤油とみりん、それに生姜の千切りを入れて沸騰直前でカキを入れて、3分位煮る。

あんまりグラグラ煮るとカキが縮んで固くなりそうなのでユラユラと。火を切って少し冷めたら、カキを取り出して煮汁は漉した。米1.5合、ウチは圧力鍋で炊飯するので、煮汁を出汁で270ccに増やして炊き、圧力が抜けたらカキを混ぜてできあがり。ちゃんとおこげもできて、磯野屋さんにならって、柚子の皮の千切りをのせた。

初めての自作カキ飯は、全体的に味が薄かったけど上出来かな。磯野屋さんはご飯もカキも、もっと味が濃かったけど、カキはふっくらと炊けていた。カキも腕も違うけど、次はもう少し濃い味付けて作ってみたい。

残り半分のカキは、翌日にペペロンチーニソースを使ってパスタにした。ソテーと同じく小麦粉をはたいて先に焼きつけて調理。火が入りすぎないように、麺の茹で上がりに合わせて一旦取り出したり。

前回書き忘れたのだけれど、築地場内市場でカモメを見つけて、ちゃんと餌があるのを知ってるんだねぇと空を見上げると、なんとトンビが飛んでいた。それも1羽ではなく2~3羽、コレには驚いた。

人気ブログランキングへ

カキ飯

昨日、急な用事ができて都心の方へ出掛けることになった。出発は9時半頃、それ程時間が掛かるわけではないので、終わったら久しぶりに築地に行くことにして、渋谷で都バス+都営地下鉄1日券を買った。

予定通り、お昼前に用事は終わり、青空に映える東京タワーを眺めて堪能し、前に美味しかった鉄板焼きランチのお店に行くと数人がお店の外に並んでる。これはちょっとパスと言うことで、都営地下鉄大江戸線で築地市場駅に行った。初めてこの駅で降りたのは一昨年の12月、その時のウキウキぶりがブログにも書いてある。築地場内に一般人も入るのは大丈夫みたいと知ったので、いよいよ移転が決まった場内市場に入ってみた。

一昨年にほうじ茶を買ったお茶屋さんを探して、ついでにお昼が食べられそうなお店も探す。お寿司屋さんが多い中、定食屋さんらしき看板を見つけた。その中で私の目に飛び込んできたのが「カキ飯」の文字と写真。「カキ飯、食べてみたいな」と言っている所に、お店の中から綺麗なOLさんらしき3人組が「美味しかったねぇ」と言いながら出てきた。ここはおばさんの本領発揮で「何が美味しかったの?」と聞くと「カキ飯もフライも美味しいし、定食の白いご飯をカキ飯に替えてもらえるんです」との情報が。

「ありがとう!」と言いながら扉の中へ。開けるとすぐに階段でお店は2階、上がって行くとほとんど満席状態、1つだけ空いていたテーブルに並んで座った。カキ飯の小と定食を1つ頼んで分け合えばちょうど良いだろうと、夫に「お刺身とフライ、どっちが良い?」と聞いたら「お刺身」と言うので、この時期お勧めの「ブリとイワシのお刺身定食」を頼んだ。

初めてのカキ飯、それにお刺身、アサリのお味噌汁どれもこれも美味しかった。この食堂は「磯野屋」さんというのだけど、また行きたいと思ってる。その後、お茶とのりを買って、場外市場の方も行ったのだけど、美味しいお刺身とカキを食べてしまった後には食指が動かず、何も買わなかった。

その後、銀座4丁目までバスに乗って、場違いな2人組で銀座から新橋まで歩いて、渋谷行きの都バスに乗って帰ってきた。

人気ブログランキングへ

カキのソテー

以前はカキを買えばカキフライだったけど、夫の胃がなくなってもうすぐ2年、最近はソテーが定番になった。夫は胃無し人生の最初の頃の方が豚カツなどのフライを食べたがった気がする。想像だけど、そういう物をパクパク食べていた記憶が強く残っていて、食べられるんじゃないか、食べたいと思ってしまったみたい。何度も痛い目に合って、それにソースやマヨネーズの酸っぱさも苦手になっていると気が付いて、ムリにフライを食べなくてもいいと思えるようになったらしい。

私もカキフライは大好きだけど、バター醤油で仕上げるソテーだって負けないくらい美味しいし、利点もたくさんある。
1.手間が掛からない。
2.キャベツの千切りを用意しなくて良い
3.タルタルソースを作らなくて良い
4.カロリーが低い

家ではソテーを美味しく食べて、シーズン中に1度くらい、どこかの洋食屋さんでカキフライ定食を食べられたらいいな。

人気ブログランキングへ

生パスタ

ずっと生パスタは食べたことがなかった。たまにスーパーで見掛けてちょっとだけ心が動いても、まぁ乾麺でいいじゃんと言う結論に。外で食べるスパゲティは、私にはすごく高く思えるので、それくらいなら家で作って食べようよ、ということになる。

夫が「渋谷に生パスタのお店があるから行ってみよう」と言うので「ふーん、でも高いでしょ」「それが、安いんだよ」「ホント?それなら行くわ」で、渋谷に出た時に連れて行かれたのが「ポタパスタ渋谷道玄坂店」、良く通る路地でパスタのお皿が並んだショーケースも見覚えがあった。

よくよく見ると値段が書いてあって、どれも500円前後でホントに安い、これで美味しければ良いね、入ろうとすると扉が開かない。押しても引いても動かなくて、休みなのかな、でも明かりが付いてる、と言っている間に中から人が出て来て、扉の謎が解けた。なんと引き戸だった。この雰囲気で引き戸はないでしょ、きっと狭いからだよ、と言いながら急な階段を上って2階へ。お姉さんに「食券を買って下さい」と言われて、またオタオタ。まず細麺か太麺かを選んでからメニューを押すんだけど、何が何処にあるか探すのに一苦労だ。

で、食券の半券を切ってもらい、「3階へどうぞ」と言われてまた階段を上がる。夫は細麺のミートソース、私は太麺でカルボナーラを頼んだのだけど、初めての生パスタはすごく満足だった。ウチで乾麺で作るのより多くてちょっと心配になったけど、2人で2人分を美味しく食べられた。

店員さんの対応もすごく気持ちよくて、扉の開け方も分かったし、食券を買うのはまだ心配だけど、また行きたいと思ってる。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示