FC2ブログ

年越し

今年もたくさんの方に訪問、コメントを頂き、ありがとうございました。
3月に母が亡くなりましたので、新年のご挨拶は失礼させて頂きます。
来年もブログは続けるつもりです。よろしくお願いいたします。
皆様、良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト



お餅つき

一昨日の午後、夫の用事に付き合った後、目黒の商店街に回って、おでん種と大根などの八百屋物を買った。荷物を持って帰り際、商店街の端で「ポンポンポン」という音が聞こえた。夫が何だろうと言うので戻ってみると、お米屋さんの裏で音がしていて湯気が出ている。お餅をついているんじゃない?と、聞いてみれば、やっぱりお餅をついていると言う。

夫が「売ってもらえますか?」と、ものすごい勢いで言うので、お店の人は、明日になれば持って帰れるかもしれないけど・・、と困った様子。今ついているお餅をどうやってバスに乗って持って帰るのか?知らない人は困るよ、スミマセンでした、と言ってバス停に向かった。

夫はつきたてのお餅を食べたことがない、つまりお餅つきを知らないらしい。私の両親は田舎の出身なので、年末には埼玉の母の実家でお餅つきをした。ずっと昔は薪のたき火で餅米を蒸かして、おじいちゃんが杵でついていた。つきたてのお餅をちぎって好きなだけ食べながら、小さい鏡餅を作ったりした。のし餅を切るのは翌日だったかな、端っこはよく乾かして揚げてかき餅になった。

いつの頃か臼と杵が餅つき機に変わって、それでどれくらいまでお餅つきをしていたのか、全く記憶がないのだけど、シングルパックのお餅が1年中売られるようになって、お餅はお正月だけのモノではなくなった。

次にお餅つきを手伝ったのは子どもの幼稚園や児童館だった。もちろん臼と杵でつくので昔取った杵柄、と言っても返し手専門。子ども達も1人ずつ細い杵でついて、お餅を丸めた。つきたてのお餅を食べたいなら、ボロ市で代官餅の大行列に並ぶしかないと思ったけど、児童館で手伝いもアリ、かな。

人気ブログランキングへ

油淋豚(トン)

鶏の唐揚げはずいぶん食べられるようになった夫だけど、揚げ物をするのは2~3週間に1度くらい。でもフライはほとんど、イヤ全く揚げていない。むしろ去年の方がしてた感じで、夫がもしかしたら食べられるんじゃないかという幻想を捨てきれてなかったせいだと思う。今でも、豚カツやカキフライの映像を見ては「食べたいなー」と言うのだけれど、その後すぐ、やっぱりムリかなと思うみたい。

フライがなぜハードルが高いのか、フライを揚げた後の油の減り方はハンパなく、パン粉が油を吸って結構な量の油を食べることになる、たとえよく油を切ってもね。色々な経験から、本人も油脂が問題なのを思い知って、人生、どうしてもフライを食べなくちゃいけないワケじゃない、と分かってきたらしい。ちょっとは進歩してる。

で、その代わりはソテーか、唐揚げ系。カキもそうで、ワタシ的にも、美味しいカキのソテーはすごく美味しいし、フライよりたくさん食べられて、なんと言っても調理が楽だからOK。たまに、あのサクッとした衣を食べてみたくなるけど、外食の時に食べればいいやと思っても、実際には選ばないから、もうそれ程ご馳走じゃないのかも。

最近は、鶏もも肉を縦半分に切って油淋鶏にするのが定番で、夫が鶏モモ肉の半分弱を食べられるようになったのは驚く。なるべく大きいまま上げた方が衣の割合が減って油も吸わないから、半分ずつ食べられればちょうど良い。そうだ、という感じで、ソテー用に買った豚肉を片栗粉を付けて揚げて油淋鶏の甘酢ダレで食べたら、これがまた美味しかった。揚げた豚肉に甘酢と言えば酢豚だから、美味しくて当たり前か。

ソテーと唐揚げの油量はそれ程違わないけど、唐揚げとフライの差は大きいのだと思う。年齢と共にフライが食べられなくなるのは万人共通、自然なコトなのかもしれない。

人気ブログランキングへ

ヴィンテージココア

この前の週末2日間は世田谷ボロ市だった。この辺に住んで30余年、最初の10年位は、ボロ市というだけでウキウキ、地域のお祭りという感じで、特に子どもが小さい頃はちょっと食べ歩いてウロウロするのが楽しかった。

それがテレビで紹介されて混むようになり、開催が12月と1月だから寒いと行きたくない、暖かいとボロ市らしくない、と文句ばかり出るようになった。まぁ、1番の問題点は行っても買うものが無い、掘り出し物を探そうとしたらとんでもなく体力がいるというコト。

楽しみなのは、ケーキ屋さんのココアだった。今年のボロ市はメチャクチャ寒かったのでココアは売れただろうなぁなどと、いらぬコトを考えていると、ウチの食器棚の1番奥にバンホーテンココアがあるのを思い出した。「チェブラーシカ缶」が未開封のまま、たまに「あるなぁ」って確認、でもココアを作るのは面倒ってそのまま戻す。もちろん大幅に賞味期限切れ、でも缶が可愛いから捨てるワケにもいかない。

15日に夫が「ボロ市、行こうか」と言うので、ココアあるからいれて飲もうよ、と罠を仕掛けた。案の定、即、罠にかかったので、缶を出してきて裏の賞味期限を確かめると2013年4月。大丈夫かなぁ?まぁ、爆発はしないでしょ、そうっと開けると普通のココア。で、いれるのは思った程大変でもなく、美味しく頂きました。

映像もお借りして、おウチでボロ市気分。
音量注意!


人気ブログランキングへ

北風と太陽

今日はすごく北風が強かった。これくらいの風が11月中に吹くのを木枯らしと呼ぶらしい。東京では今年は木枯らし1号が吹かないというのがニュースになってたけど、今日の風はただの北風というコトかな。ちなみに大阪の木枯らしは冬至までに吹く北風らしく、全然知らなくてビックリ。

12月に入ってからの日照時間が極端に短いというのもニュースで言ってた。ワタシはそんなに洗濯に熱心じゃないので、洗濯物が多少たまっても晴れる日を待って外干しする。この時期は日は短いし気温も低くて、夕方まで干しても厚い物は乾かないから、ハンガーごと取り込んで、エアコンの近くで乾燥の仕上げをする感じ。

今日も朝から外に洗濯物を干した。我が家は1階で、日が低いこの時期、洗濯物に日が当たるのは1~2時間だと思う。お昼過ぎに1度庭に出て、竿に掛けて干す厚いトレーナーなどは裏返して、なるべく均等に乾くようにする。その時にチェックすると、今日は結構乾くんじゃないかという感触。

4時前に取り込む時、トレーナーはカラッと乾いている訳じゃないけど、椅子の後ろなどに掛けておけば乾きそう。乾いたのから順番にたためばOK。

洗濯物を乾かすのは太陽より北風みたい。もちろん、日が当たって風があれば言うコトなしだけど。

人気ブログランキングへ

料理のリレー

おでんを堪能した後から急に寒くなって、いよいよ本格的に鍋の季節。鶏屋さんに行って、骨付きもも肉2本をぶつ切りにしてもらい、半端な量が冷凍してあった鶏挽き肉をつくね団子に。今年は安くて品物も良い白菜にネギと、キノコはシイタケにエノキ。出汁を取って、ご近所でお庭のゆずを頂いたので、自家製ポン酢に。もちろん堪能して、〆に雑炊と行きたいトコだけど、我が家の事情で翌日のお昼に繰り越し、食べ切れなかった鶏肉1切れずつ入った贅沢鶏雑炊。

残った鍋汁を全部雑炊に使うと多いので半分だけ、残りは夜に「豆腐団子鍋」に。豆腐団子は色々作って来たけど、初心に戻って小鍋で半分ずつ揚げたら良い感じ。前日、残しておいたカツオ節で二番出汁を取って足し、具材は鶏鍋とほとんど同じだけど、忘れちゃいけないのが春雨。この鍋は汁ごと食べるので醤油味を付けるけど控えめに、食べる時に好みで胡椒と出汁しょうゆを足す。豆腐団子3コずつ完食し、2人ともお腹一杯。

土鍋に少し残った白菜とネギ、キノコに春雨を汁ごと小鍋に移してラップした。今朝、これを使って餃子をスープ仕立てにしたら美味しいんじゃないか、と閃いた。いつもの水餃子の時も、そのままタレで食べるより、スープ仕立てにすることが多いから。

前回の餃子から、まだ20日くらいしか経ってないので、まぁまぁ手際が良い。白菜多過ぎて残った餡もスープに入れて熱々で、夫曰く、春雨がすごく美味しいとのこと。12コ茹でた餃子の2コが食べ切れず残ったので、明日焼いて食べようと思う。リレーのアンカーは焼き餃子1コずつということで。

12/11追記 アンカーの餃子は焼かないで、白菜とネギ、それに春雨のスープ仕立てにしました。豆腐団子鍋に足して食べるつもりで買ったのに、すっかり忘れたキムチが出番。春雨と良く合いました。本場中国では残った茹で餃子を翌日焼くと聞きますが、冷めた餃子はただ焼き付けるだけではなく、もう1度蒸して焼き餃子にするということかな。茹でてすぐに水気を取って焼き付ける「茹で焼き」は、間違いなく美味しいですし。

人気ブログランキングへ

変わらない味

おでん」という記事を書いたのは2011年の1月、まだ震災前、引っ越してもいなかった。「柳屋蒲鉾店」は健在だけど、平和通り商店街を紹介する目黒区のページはなくなっていた。この商店街の「山や鮮魚店」が今年初めに店を閉じて、イチゴの季節も終わったら、なかなか行く気が起きなかったけど、寒くなってくればどうしたっておでんが食べたくなる。

今年はスーパーでも大根が安いから、商店街の八百屋さんならきっと良い大根が安く手に入るだろう。大根を買うとなると荷物持ちが必要なので夫も誘ってプチバスの旅に。ウチから見て、商店街を超えた所に武蔵小山駅のアーケード商店街があるので、最初そこまで行ってウロウロした後、戻って買い物することに。

武蔵小山駅のそばに「自慢亭」という中華料理屋があって、タンメンとちょっと独特な焼きそばが美味しい。夫は子どもの頃からの馴染みで、手術の前にわざわざ食べに行った程だ。その後は、お店では食べれられないのだけど、焼きそばをお土産にでもと寄っても、なかなか営業時間に合わないコトが続いた。そして今回、お店がなくなっていたのだ。夫はすごくショックだったみたいで、帰って調べて、去年いっぱいで閉店したことを知った。

アーケードを少し歩いた後、またバスに乗って、平和通り商店街へ。まず八百屋さんで大根を確保しないと、と行けば1本90円、それも先の方まで太くて丸い良い大根。隣に白菜半分が80円、レンコンが2節で90円、あとは間違いがないミカン1袋。その後、柳屋さんに行っておでん種を思いっ切り買って1.900円。荷物持ちを連れて行って良かったよ。

これが約1週間前の話で、おでんは美味しく食べきって、冷蔵庫製の白菜漬けを食べ始めたところ。柳屋さんはHPに「80余年のこだわり」と書かれていて、今のご主人は3代目。私は買い始めてから30年足らずだけど、夫は生まれた時から食べていることになる。

閉じてしまう店、味が落ちてしまう店も多い中で、柳屋さんは変わらない美味しさ、バスを乗り継いでも、また買いに行きたい。

人気ブログランキングへ

乗り換え

去年の春頃、テレビの映りが悪いということで、東急イッツコムの人が工事に来た。もちろん大家さんが手配してくれたのだけど、それまでキー局が映らないことはないけど、東京MXテレビの「5時に夢中!」が入らないことは度々あって、でもそれを大家さんに言うのはちょっと気が引けるので黙っていた。工事の後は、もちろんMXもバッチリ。

その時、不満だったネット回線も変えて、ついでに電気も東急パワーサプライに変えた。こういうコトって、自分からはなかなか動き出せないけど、何かのキッカケがあるとスルッと進む、これもあれもお願いしますって感じ。渡りに船って言うか、大家さんに感謝。

電気メーターがデジタルになって、ネット上でリアルタイムに電気使用量が分かる。エアコンの電気使用量をリモコンで確認しなくなり、1日や月毎の電気使用量がグラフで見られるので、チェック魔のワタシには最適。便利になっても料金は下がる、その他のサービスと組み合わせることと、検針に人が来ないからだと思う。

この秋から東急はガスのサービスも始めた。少しだけお誘いはあったけど、今の所、東京ガスのままにしようと思ってる、パッチョくん好きだし。切り替えたらガスも検針に来なくなるのかな、それもちょっと寂しいかも。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示