FC2ブログ

適量

昨日、餃子を作った・・、と、この頃よく書いている気がする。豚挽き肉を80gくらいに分けて冷凍しておいて、ニラを少量の束で買うようになって、頻繁、と言うほどでもないけど前より作るようになった。餃子に入れる野菜は白菜(またはキャベツ)、ニラ、玉ねぎだけで、ニラがけっこうネックになる。今までは1束の半分を使っていたので、あと半分はどうしようかと考えると、買うのを先延ばしにしてしまう。少量は少し割高だけど、出ていくお金は1束より少ないし、餃子1回で使い切れるので気楽。

何度も書いているけど、皮は強力粉110gに熱湯70ccを注いで菜箸やスプーンで混ぜ、粗熱が取れたら手でこねてひとまとめにして、ポリ袋に入れる。最初はザラザラしてるけど、時間をおいて袋の上からこねこねして、夏なら2時間くらい、冬は4~5時間おくと良く伸びる。これを12コに分けて、ウチの2人分、よく食べる人なら1人分かな。

昨日は冷凍保存しようと特売のバナメイエビを買ってきたので、3尾分を餡の1/3に混ぜてみた。ずっと前にエビを入れたことはあるけど、ナンダカナーな記憶しか無いし、そもそもワタシは料理ではほとんど冒険をしない。昨日もエビを入れてみれば?と言ったのは夫、もし臭くなってもアンタの責任だからね、って感じだったけど、エビ入りをもっと作れば良かったと思った。包丁で適当にたたいただけ、ぷりぷりの食感が残って美味しかった。

食べ物について勘がいい夫だけど、記憶力はない。例えば、何度も「餃子の皮ってパン焼き器でこねるの?」と聞いてくる。最初のうちは、親切に説明したけど、何度も聞くので教えても無駄と気付き、その時の気分で、そうだよと言ったり、違うよと言ったりする。でも、何の問題も起こらない。

頻繁に作れば作るほど餡の味付けは安定するし、エビは冷凍していつでも使えるので、また近いうちに少量のニラを買ってこよう。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



牡蠣飯

去年、築地で絶品の牡蠣飯を食べて、ちょっと軽い気持ちで作ったら失敗の連続。原因は私の4㍑の圧力鍋で2合の炊飯が難しく、なのに食べる量が少ないこと。鶏肉の炊き込みご飯も同じ理由で炒めご飯にしたり、冷凍できることを知っても、解凍すると鶏肉が固くなる問題に突き当たった。2合の米が美味しく炊ければいいだけなのに、なかなか解決策が見つからなかった。

それが前の記事で書いた通り、炊き込みピラフが上手くできて、ニトリのステンレス片手鍋でいきなり問題解決の期待が高まる。ピラフを食べた翌日、久し振りに隣町のOKストアに行って色々見て回ると、美味しそうなカキがお手頃価格で私を呼んでいる。今度は是非、醤油味の牡蠣飯を作るべく1パック買った。

またその翌日、昆布だしと醤油味で牡蠣に火を通して、その煮汁でご飯を炊いた。重要なのは米を30分以上浸水することと、炊く前にザルに上げてしっかり水を切り、その上で水加減すること。圧力鍋炊飯は浸水時間なしで米と水は同量、簡単で時短なのが魅力だけど。この鍋はフチがちょっと文化鍋風になっていて吹きこぼれにくく、フタがガラスで中がよく見える。炊き上がったご飯に牡蠣をのせて、蒸らしてから混ぜ込むのはピラフと同じ。

結果、ご飯はとても美味しく炊けたけど、牡蠣自身の味が薄い。煮すぎると身が固くなると思うからだけど、佃煮もあるくらいだから、もう少しトライしてみたい。とにかく2合の米が美味しく炊ける鍋と出会えて良かった、鶏肉とキノコの炊き込みご飯も作りたいね。

人気ブログランキングへ

炊き込みピラフ

尾山台の魚屋「魚辰」に行くと、あれもこれも買いたくなるけど、相手は魚、むやみにたくさん買うワケにもいかない。その日に食べるお刺身、翌日に塩焼きか照り焼き、その他に煮魚とか干物にする・・と頭の中で考えながら、でも行くのは2週間に1度がせいぜいなので、買う物はだいたい決まっている。今が旬のカキ、オイル漬けにすれば1週間はもつので必ず買う。

先週の木曜日に行った時、カキが「12コ~300円」とお買い得だった。夕飯準備のついでにオイル漬けにすると、小振りだけど13コ入っていた。昨日、お昼にカキのパスタかグラタンのどっちがいい?と聞いたら「牡蠣飯がいい」と選択肢にない答え。そう言えば、オイル漬けにしている時に寄って来たので「築地で食べた牡蠣飯、美味しかったね」と言ったら「牡蠣飯、食べたい」あー、言うんじゃなかったよ。

オリーブオイルに漬かっているから、和風は無理だと思うよ。洋風のピラフでいいなら探してみる、ということで炊飯器を使わずに米から炊き込むレシピを検索。みじん切りのニンニク、人参、玉ねぎ、それにカキ2コを刻んで漬けたオイルで炒めてから洗ってない米も炒める。今回は1.5合、ニトリで買ったステンレス鍋を使ってみた。米が透き通ったら分量とお湯とマギーブイヨン1コ、沸騰したらフタをしてごく弱火で15分。

炊き上がってから残りのカキをのせて、10分弱蒸らしてかき混ぜた。多くのレシピが米1合(180cc)に水1カップ(200cc)となっているので、それに習って炊いたら少しご飯が固かったけど、評判は良かった。炊いている最中、フタの穴から勢いよく蒸気が出ていたから次は水多めで炊こう。

去年の牡蠣飯は失敗続きだったけど、この鍋でできるかもしれないと希望の光。築地の食堂「磯野屋」は豊洲には行かないで店を閉じてしまったようで、1回でも食べておいて本当に良かった。

人気ブログランキングへ

シニアグラス

昨日、姉と吉祥寺で会った。この前は1月5日、その後、ワタシだけ風邪を引いたから、今回は気を付けなくちゃとマスクをして出発。いつもは早めに出るのだけど、昨日は超寝坊をしてギリギリ、途中で「早く着いた~」とメールが来たので「今日は寝坊しちゃって~」と返信。といっても約束の時間より5分は早く着いた。で、「着いたよ~」と送ったら、「早かったね~」と言いながら、何やら大きめの袋を提げて現れた。「もう何か買ったのね」「10分でカバン買ってきた。一緒に行くと、また買うの?って言われそうだから」だって。ワタシ、小姑?

で、ベンチに座って今日買いたい物を付き合わせるのだけど、その間も話があちこちに飛ぶ。とりあえず2人とも、4月始まりの手帳が欲しいので文房具屋さんへ。結局今のと同じようなのを選ぶのに、ああじゃないこうじゃないと品定め。それに、このボールペンが書きやすいと教えてもらって購入。そうだ、とうとう老眼鏡が必要みたいなの、+1.0とかいうの、雑貨屋さんか100均で買いたいのよと伝える。

駅ビル内で服を見てから、私が行きたいニトリ、これは東急デパートにあるので、1階で姉がワゴンの手袋を買った。ニトリではまな板などキッチン用品が見たかったのと、椅子に敷くクッション、あとはバスマット。バスマットは今使っているのの換えを買おうと思って売り場に行くとサイズが3つ。うーん、1番小さいのだよなぁ、ウチは狭いし。ご親切に床に大きさが描いてあって、小さいのに乗ってみると小さい気がする。姉もそんな小さいはずがない、足が出そう、と言うので、迷った末に中くらいのを買って帰ると、使っているのは小さい方だった。まぁ、大は小を兼ねるけどね。

その後ランチ、初めて行くアメリカンなハンバーガー屋さん、これが思ったより美味しくて大満足。それからいつもクッキーやお菓子を買って貰うちょっと高級なスーパーへ、その途中やビルの中で雑貨屋さんを廻ってもなかなか老眼鏡がない。100均でいいからと見たら、姉がこれはちょっとやめた方がいいと言うので、最後に300均へ。

店内でなかなか見つけられなくて、お姉さんに「老眼鏡はありますか?」と聞いたら親切に教えてくれた。姉が「眼鏡屋さんで買えば?」と言うけど、私は日頃眼鏡を掛けてないので、とりあえず安いので試してみると、良さそうなのを選んで買った。

近頃は老眼鏡じゃなくて、シニアグラスと言うみたいだけど、それもなんだかくすぐったい。

人気ブログランキングへ

選択肢

「スーパーいなげや」のすぐ近くの広い空き地に、何かが建ち始めたのは一昨年だったと思う。またマンションかな、と思って看板を見ると「スーパーライフ」と書いてある。だっていなげやと目と鼻の先、コレでいいのか?コレを許す程自信があるのか?

その後、マンション並みに土を掘り鉄骨を入れて1年以上掛けて出来上がった「スーパーライフ」が先週開店した。地下に100台以上の駐車場、地上2階、デジタルチラシをチェックすると衣料品があるので、その開店特価を狙って行ってみた。衣料品を扱うスーパーが自転車範囲になくなって、下着類や布団カバーなどは姉と会う時に吉祥寺の西友で買っていた。三軒茶屋にも西友があるけど、わざわざバスや電車で行くのもなんだし、かといって自転車で行く自信もない。昔は一ぱしりだったのに。

ライフの2階、衣料品や日用品はもちろん、ドラッグストア的な感じで薬も置いてあってコレは便利かも・・、まだよく見てないけど。でもなぁ、ドラッグストアは結局買い慣れた所が良かったり、何でも揃うのは売り場が広くて慣れるのが大変かな。とにかく下着や靴下、カバー類を近所で調達できるようになったのは有難い。

1階に降りて食料品売り場をチェック、ベーカリーで焼きたてピザが買えるのでハーフサイズをお試し。あとはキュウリとイチゴに豚肉、対面の魚売り場で、今高くて買えないスルメイカが1パイ200円だったので買った。しかし、コレが値段なりで旨味がない不思議なイカ、見掛けは良かったのに残念。豚肉はまだ半分しか食べてないけど、豚もピザもOKストアに軍配。

1回行っただけで結論を出すのは早いし、買い物の選択肢が増えるのは悪いことじゃないので、また行くと思う。しばらく行ってない「いなげや」にも、たまには行かなくちゃね。

人気ブログランキングへ

非接触温度計

ここの所の我が家、揚げ物と言えば唐揚げ系、それも月に1度くらい、勘も鈍っているので揚げ油の温度は必ず測る。私はチェック魔だし、何でも測るのが好きで、温度計や測ることについて度々ブログに書いて来た。夫が初めて非接触(赤外線)温度計を買ってきたのはブログを始めて間もない2010年6月、「温度を測る」という記事を書いた。温度計は2代目になったけど、やってることはほとんど変わってない。

何かのテレビ、そうだ、途中まで見た「ためしてガッテン」だった。最近のレンジは温度設定ができると誰かが言って、IHクッキングヒーターなのかな?とにかくそれで設定を180℃にして揚げ物をしても上手くいかない、実際に測ってみるともっと低いコトが判明。そして温度見極めには塩・・、にはちょっと驚いた。ここは温度計でしょって、チャンネルを変えたんだった。お題はフライだから、今のウチにはあんまり関係ないし。

揚げ油もそうだけど、鍋の中の温度は均一では無い。煮物の鍋だってどこかが沸騰してきても別の所の温度は低く、具材の中心はまだ冷たかったりする。一晩おいたカレーが危険と言われるのはちゃんと全体を温めないからで、かき混ぜてかき混ぜてどこを測っても80~90℃になっていれば大丈夫。まぁ、真夏の締め切った台所に放置するのは危険かもしれないけど。

生活や料理をする上で勘は大切だけど、ある程度の経験や実感の裏付けがあってこそ、それを知恵と言うのだと思う。経験不足を補ってくれるのが知識というか文明の利器なんじゃないのかな。ずいぶん安くなった非接触温度計、お勧めですよ。

人気ブログランキングへ

冷凍○○

1月の「風邪」という記事で、夫は私が普段買わない物を買ってくると書いたけど、ファミマで買ってきたのがドリアと「冷凍鍋焼うどん」、そしてレジ横でプレミアムチキン。案の定チキンで気持ちが悪くなって、ドリアは半分以上私が食べた。ドリアなどの牛乳を使ったものはなぜか熱があっても食べられる。そして冷凍うどんは冷凍庫へ。この冷凍うどん約450円、値段を気にするワタシなら多分買わない。

冷凍うどんは、夫1人だと色んな意味で食べにくい。そこは日清ミニーズで凌いで、私がそろそろ起き出した頃、食べようと説明を見ると、字が小さいし茶色の上に黒で書いてあるので全然読めない。虫眼鏡(○ズキルーペではない)で明るい所で見てもよく見えないけど、アルミの器だから電子レンジじゃない、だとすると直火?「最初は弱火」をどうにか読み取って、薄いフフィルムを剥がすと凍った鍋焼きうどんがそこにあってビックリした。

最初弱火(多分、底に出汁が固まっていて強火だと焦げるのだ思う)でグツグツしてきたら火を強めて、とにかく溶けて沸騰すればOK、うどんを半分ずつ、適当に具材を取り分けて食べたら美味しい。450円もアリ、ウチは半分だからアリアリ。冷凍うどんは美味しいと聞いていたけど、茹でるの大変そうだよなぁと敬遠してた、でもコレなら手軽。

冷凍食品、最近は氷とたまにパイシートしか買ってないけど、この前スーパーの半額セールで鍋焼きうどんと「井村屋のゴールド肉まん」を買ってきた。うどんはまだ食べてないけど、肉まんは中華街に匹敵すると夫が絶賛。電子レンジで1つずつ包材の中で蒸かす感じで、破裂しないかとちょと心配になったけど大丈夫。皮の食感が良くて、1コで満足感がある。2コ入り半額で185円、コレは買いでしょ。常温の肉まんあんまんは、1度に食べるにはウチには量が多く、賞味期限が短くて味もイマイチ、不満が募っていた。

あれもこれもと試したい気持ちを抑えつつ、「井村屋ゴールドあんまん」は既に買った。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示