FC2ブログ

コーヒーミル

夫はコーヒー好きで、若い頃は馴染みの自家焙煎珈琲店が何軒かあった。私は紅茶党だったので、コーヒーの美味しさをあまり知らず、それまではお砂糖ミルクたっぷりで。

結婚して家でコーヒーを淹れるのに最初どうしたのか、インスタントコーヒーを買ったと思うが、あまり記憶がない。レギュラーコーヒーをどのタイミングで買い始めたのか、多分スーパーで買った豆をペーパーフィルターで淹れたと思う、あ、今と同じだ。その後、朝忙しいので、コーヒーメーカーも買ったりした。それとは別の飲み物という感じで、夫が通う自家焙煎珈琲店で豆を買うようになった。カウンターでコーヒーを飲んで、マスターが淹れるのをじっと見て、ネルドリップのお勉強。

その頃の夫はとても忙しく働いていたので、せめて美味しいコーヒーの1杯くらい淹れてあげようと思ったみたい、お店に飲み行く時間もないし。お店で飲むと1杯600円、豆は200g1400円で10杯分、得は得だけど、淹れるのにもそれだけ手間が掛かるし、同じ味が出せるワケじゃない。ただ、一連の焙煎作業にすごく手間を掛けるのを見てたから、豆を買う時にはちょっと申し訳ない気持ちになったモノだ。

せっかく美味しい豆で淹れるのだからミルも買おう、高いけど垂直方向に回すタイプがいいと、カリタの手動ミルを、まだ幼稚園に入る前の娘と一緒にフタコの高島屋に行って買った。重くて、持って帰るのを諦めて送ってもらって以来25年余り、お休みもありながらだけど、故障なし。

お店や毎日使う家庭なら、ある程度は大丈夫だろうけど、間が空いてしまうと残ったコーヒーのカスが酸化するから、それを掃除しないで新しい豆を挽くと変なニオイのコーヒーになる。もちろん最後の1粒まで挽くのだけど、分解して掃除すると思わぬ所にもカスがこびりついてる。第一コーヒーの豆を買ってきたら掃除、慣れればそんなに時間は掛からない。

あとはネルなんだけど、これは書き始めると非常に面倒くさいことになるので省略。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



第一コーヒー

夫が胃全摘手術を受けた後、食べられないのはある程度予想したけど、好きなコーヒーが飲めなくなるとは思いもよらなかった。病院の1階にはカフェがあって、そこから漂ってくる香りさえ耐えられなかったそうだ。その後半年余りのことは「道のり」に書いたけど、3年が過ぎると遠い思い出に。

私自身はコーヒーが欠かせない程ではないので、夫がニオイもイヤだと言う時にわざわざ飲むこともなく、夫が飲めるようになるのに沿ってわが家にコーヒーが復活した。夫は若い時からコーヒーが好きだったので、ウチには手動のコーヒーミルやネルドリップの用具があるのだけど、スーパーのコーヒー豆をペーパーフィルターで淹れれば十分、もうミルを使うことはないだろうと思っていた。

夫の手術前の検査からお世話になった総合病院の近くに「日進ハムデリカテッセン」というスーパーがあって、ベーコンなどの久助狙いで寄ると以前書いたけど、そのはす向かいに「第一コーヒー」というコーヒー豆の問屋さんがある。「小売りします」と書いてあって、インターホンを押して「コーヒー豆お願いします」と言うと、おばさんが手提げ金庫を持って降りてきて量り売りしてくれる。ブレンドが200g500円とお買い得。

「挽きますか?」と聞かれて、少し迷ったけど「豆のままで大丈夫です」
帰ったら、食器棚の奥にあるミルを出して分解掃除、あとネルも探さなきゃ、と思った。諸々の後、久し振りの挽き立てネルドリップは香りが良くて美味しかった。比べれば、それは手間が掛かる、淹れる時だけじゃなく、ミルの掃除やネルの手当ても。

今週、通院はないけど、ベーコンがなくなったので買いに行った。第一コーヒーに寄って、今日のお勧め「ガテマラ 250g650円」を買った。コーヒー豆は焙煎後2週間、挽いてからは2日美味しく飲めると聞くので、いつも200~250g買う。2杯なら25g、1杯の時は15g、2~3週間でなくなる。ベーコンがないのは困るけど、コーヒー豆はそこまでじゃない。

ガテマラは香りが良いのはもちろん、飲みやすくて美味しい。今も飲みながら書いている。予想外に復活したネルドリップ、いつまで続くだろうか。

人気ブログランキングへ

最高気温

先週は台風10号の置き土産か、日本海側でフェーン現象による40℃越え、週末には埼玉の熊谷で最高気温予想が38℃。それを伝える気象予報士の森田さんが「最高気温の予想には誤差があって、上に振れると41℃になるかもしれない」と言っていた。で、実際にはどうだったかと過去天気を見たら、17日の熊谷は36.8℃で下振れ、それだってもちろん暑い。

41℃になるかもしれないと連呼するのは脅しているとしか思えない。もし本当に注意を促すなら、38℃と41℃では何が違うのか、40℃を超えたら冷房を入れた家から出てはいけない、クーラーのない人は市役所や図書館に朝から避難する方がよい、というような話をするならともかく。

そもそも、去年「実測値」で書いたように、実際に40℃越えは身の回りで度々起こっている。百葉箱の中が40℃になるとアスファルトの上は50℃近くなるとか、体温を超えた温度では風を起こした方がいいのか悪いのか、そういう事を教えて欲しい。

去年の7月下旬のある日、ウチの室外温度計が39℃を超えた時はちょっと怖かった。何が恐怖かというと、どこまで上がるか分からない先の見えない不安、家庭用のエアコンは43℃までを想定して作られているらしい、じゃぁそれを超えたらどうなるの?というような不安だった。

去年は梅雨明けが早く、日が長い時に晴れていたのが厳しかった。それに比べると今年の夏の始まりが遅く、身体はそれなりに堪えたけど、8月が終わればどうにかなると先が見えて気持ちは楽。昨日今日で暑さは一段収まったようだし。

前にも書いたけど、水があればどうにかなると思う。身体も室外機もある程度は冷やすことができるから。水が使えなくて気温が高い、それはとても恐ろしい、そうなった時のことを誰か考えてくれているのだろうか。それとも日本ではそういう事態は起こらないと楽観していいのかな。

人気ブログランキングへ

新鮮野菜

13日、姉の車で父も一緒に、母をお墓に迎えに行き、お昼を実家で食べて、その後、姉と吉祥寺に出掛けた。台風の遠い影響、私が朝家を出る時には雨が降っていたけど、それ以外は日も差して、日傘代わりに広げて乾かした。湿度は高いけど気温はそれ程でもなく、新しい霊園にはたくさんお迎えの人が来ていた。

吉祥寺は普段と変わらぬ賑わい、お昼が済んでいるので買い物とお茶コース。夏のバーゲンも最終段階みたいだし、朝から1つ用事をこなしていると集中力がない、やっぱり暑いし。いつもより少なめの荷物になった。

買い物が一段落すると、お茶をしながら買ったモノをやりとりするのだけど、だいたい渡し忘れが出る。今回も3足組の靴下の1足、私のが姉のと一緒に向こうへ。次に会った時でいいと言ったのに、夏用だから送ると。

実家の周りには農家の直販所があって、姉は良く買うと聞いてはいたけど、靴下と一緒にナスやトマト、オクラなどが送られてきた。ナスとオクラはレンチンして、そばつゆとカツオ節を掛けて食べたら、食欲落ち気味の所にご馳走。糠漬けも美味しく漬かった。

雨で買い物に行けなかったし、それ以上に採れ立ての野菜は有り難かった。今日はまた母を送って行くとの事、いつもありがとう。

人気ブログランキングへ

カオスの街

この前の水曜日、私の月一通院で池袋の先まで行った後、夫の買い物で秋葉原に廻った。朝から暑いので渋谷までは東急バス、渋谷で東京メトロの1日乗り放題券600円を買った。この券はバスと違って、発券からきっちり24時間後まで有効、その名も東京メトロ24時間券。私達は翌日まで使うコトはないけど、旅行者などには良いのかも。

去年の5月に「秋葉原」という記事を書いてて、今回も結果的には、ほとんど同じコースになった。病院の後なので、スタート時間は混み方次第、主治医が翌週休みというので混むかなと思っていたらそれ程でもなく、いつもより早いくらい、ちょうど正午頃に病院を出た。

途中下車すれば陳さんの四川飯店に寄れると言われたけど、12時半では混んでるだろうとパス。それに、夫の事情で先に用事を済ませて食事は最後が望ましい。有楽町線から日比谷線に乗り換えて秋葉原で地上に出た。

昭和そのもののラジオ会館、ラジオデパートなどの部品屋を廻って、夫は欲しい物の何割かを調達、古い建物にもそれなりに冷房が入ってて、暑くて耐えられないというコトはなかった。前より増えたのは、外側に赤が目立つビルと、立っているメイドさんにガチャガチャ、もちろん外国人は多いから、色々入り混じってカオス状態。4~50年前は毎日のように来てた夫、「オレ、とうとうアキバでもお上りさんだぜ」と言った。

「あきばおー」という私が好きな、これまたカオスな店を覗いて、3時近くに「ラホール」でカレーを食べた。ここのブラックカレーは、夫はご飯少なめなら気持ちが悪くならないし、私も「カレーは飲み物」と一気に食べる。スパイスが効いてるけど、全くもたれない不思議なカレー。そして、末広町駅から銀座線に乗って渋谷に戻った。

乗ったのは副都心線、有楽町線、日比谷線、銀座線、電車賃はちゃんと払うと625円、微妙なお得感。やっぱり、あちこち降りて観光するのにお得な切符みたい。日比谷線、私は初めて乗ったかもで、駅は古くて暑く、電車はカッコよくて冷房が効きすぎだった。

銀座線の渋谷駅ホームは再開発に伴って、場所を少し表参道寄りに移す工事中、「地下鉄なのに3階」は変わりようがないけどね。渋谷のカオスっぷりも相当なモノ。

人気ブログランキングへ

設定温度

今日も東京は35℃を超えそうな勢い、ウチの北側の室外温度計も既に34℃になってる。出掛ける予定の明日、31℃予想で喜んだのもつかの間、今は35℃予想に変わってる、もう明日だし。とにかく夜温度が下がらなくて、最低気温を確認するとほとんど28℃台、8時には30℃を超える。

そんなワケでエアコンは1日中ゆるく稼動、設定温度は日中が28~29℃、夜は1℃下げる、もちろん扇風機を併用。クーラーは温度と共に湿度も下げるから、設定温度が高すぎると回らなくて湿度も上がる。湿度計をチェックして50%台ならOK。

どこかの役所で設定温度を28℃から25℃に下げたというのが話題になってた。女性職員は長袖を羽織って仕事、ずっと座っていたらそれは寒いと思うけど、作業効率が上がって残業が減ったり、来庁者が暑さでイライラしないのが良いみたい。

わが家でも3~40代の頃は、設定温度、その前にエアコンを点ける点けないで揉めに揉めたけど今は平和。小デブのおばさんと脂肪が減った初老男性は体感温度が一致するらしい。それにしてもエアコンの設定温度は不思議、同じ28℃にしても、外気温が高いと冷たい空気が出続けたりする、もっと冷やさないとと思うのか。ウチのエアコンは古いけど、最近のは0.5℃刻みで設定できるみたいだから、また違うのかな。

もちろん今年も「水冷式」で、午前中に2リットルのペットボトルを2本、室外機の上のタオルにしみ込ませ、周りにも掛けて、午後にはオーニングの横から差し込む日で熱くなるコンクリートにも撒く。

身体も少しは暑さに慣れてきたし、もうすぐ立秋、日は確実に短く低くなっている。週末には暑さも少しは治まる予報、ちょっとだけ期待しようか。

人気ブログランキングへ

ないものねだり

長かった梅雨が明けてやっと夏が来たと思ったら急に猛暑、心も身体もついて行けない。1週間前には冷たかった水道水も徐々に温度が上がり、それでもまだ生ぬるくもなく、顔を洗えば相変わらず気持ちが良い。

梅雨明けから間もないので湿度が高めだそうで、それも堪える理由みたい。そうだよ、梅雨が明けたらもう少しカラッとしても良さそうなのに。でも昔の夏がどうだったかとかはあんまり参考にならなくて、この前の台風の進路や、今日できた台風8号も、それってどうなのよという進み方。

私は天気予報を見るのが好きで、tenki.jpや東京アメッシュを常にチェックしてる。来週出掛ける予定の水曜日、その前後の最高気温が31~32℃というのを見てちょっと安心、まぁ変わるんだけど、35℃予想よりはいいかな。

2週間くらい前には、涼しすぎるし日照が心配と言っていたのに、一転して猛暑が来れば暑すぎると文句が出る。近年、天候の変化が激しくなっているのは事実だけど、ないものねだりかもね。暑くなるのが、去年より1ヶ月近く後ろ倒しになったのをラッキーと思って、8月を乗り切ろう。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示