カレーうどん再び

今日のお昼にまたカレーうどんを作ったんだけど、巨匠のレシピは分量と作り方が分かりにくいので、忘れないうちに書いておくことにした。たっぷり4~5杯分はできると思う。

1.まず「かえし」を作る。みりん80g 醤油240g 三温糖100g弱を小鍋に入れて煮切る。本当はみりんだけ煮てアルコール分が飛んだ所に醤油と三温糖を入れて弱火で煮るとなっているけど、私は鍋を秤に乗せて重さで順番に量って全部入れて火に掛けてしまう。

2.次にカレー粉(S&Bの赤い缶)15~20gと薄力粉80gを量って、バター適量を溶かしたフライパンで炒める。これも最初に薄力粉だけを馴染ませてその後カレー粉を入れるみたいだけど、一緒に入れてしまう。木べらでダマが残らないように炒める(7~8分)と、裏ごしはしなくても大丈夫。

3.それと同時に出汁をとる。出汁は上品な鰹節ではなく、混合節や厚削りの方が合うと思う。

4.上記を冷ましている間に、長ネギ、玉ネギ、豚肉を切って準備。量は人数とお鍋に合わせて。

5.粗熱が取れた出汁の中に返しをお玉で入れて行き、味見をして良さそうな所で止める。出汁:かえしが10:1となっているけれど、そもそも出汁をきちんと量ってないので、適当にするしかない。最初は薄目にしておくと後から足せる。

6.5の汁に煎ったカレー粉を入れてから火を点け、常にかき混ぜながら強火で温めていく。とろみが付いてきたらネギ類、豚肉の順番で入れる。材料に火が通ったら味見をして、残りのかえしや出汁醤油などで味を整える。

7.汁のできあがりに合わせて、うどんを茹でる。私は乾麺を茹でてそのまま丼に入れてしまうので、麺が先に茹で上がらないように気をつける。

出汁などを冷ますのは、熱い所に粉類を入れると固まるからじゃないかと思う。なので、そんなにヒンヤリしなくても、粗熱が取れたくらいで次に進んでしまう。この分量のかえしはカレーうどん4~5杯分を作っても余るので、一気に入れないのがお勧め。小麦粉と汁の量でとろみ加減が決まるから、今日はちょっと緩かった。

あらら、書いたらすごーく長い、できあがりは丼一杯なのにね。今日は大きめの鍋で汁を作ったから、明日のお昼もカレーうどん。全然文句は出ないみたい。

11/24夜追記 お昼はカレーうどんをやめて、その代わり夕飯にカレーライスにして食べました。ご飯でも美味しかったです。カレールーを使ってないので脂こくなく、脂質を控えたい私にピッタリ。夫にも好評で、しばらくカレーはこの作り方が良いんじゃないか、ということに・・。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カレーうどんの「とろみ」って、どうしてあんなに素敵なものなんだろう、と常日頃感じています。

とか言いながら先日、「炒めカレーうどん」なるものが世の中にはあるんだということを知りました。
「あー、やってみたい...」と思うのと同時に、これってとんでもなくタイミングが重ならないと(常識的には)できないな、と考え込んでしまった次第です。

(今週は「けんちんうどん」が好評だったのに..)

No title

わあ、ありがとうございます!
これ、うちの家族はきっと好きです。
さっそく印刷させていただきました^^

No title

こんばんは~

作りすぎたとき、
ざるそばのつけ汁にするのもいいですよ(^^)

コメントありがとうございます

☆Bipolarさま
こんばんは。いつもコメント頂き、ありがとうございます。
小麦粉のとろみだから滑らかなのかもしれないですね。うどんも小麦粉だから相性が良いのかな。
「炒めカレーうどん」って、焼きうどんのカレー味のことかしら。そうなら、良く作ります。カレーの残りが無くても、カレーパウダーやフレーク状のカレールーがあれば作れますよ。鰹だしや醤油とカレーって合うんですよね。
けんちんうどんも美味しそうですね。寒い時、風邪をひいた時、お腹に来た時、うどんは良いですよね。^^)

☆ちどり様
こんばんは。いつもコメント頂き、ありがとうございます。
印刷ですか、恐縮です。^^;
美味しいカレーうどんでご家族が喜んでくれると良いんですけど。

☆flowerhさま
こんばんは。
おそば屋さんのカレーうどんですものね、おそばにも合いますよね。コメント頂き、ありがとうございます。^^)

難しいな^^;

こんばんは、もふもふさん!

いやいや、
普通のうどんと違って、
カレーうどんは難しいんだろうなー
って思ったら、やっぱり手間がかかりますね。

僕には難しそうだな^^;

でも、とろみは保温効果があるかんじで、
冬には、いい感じですよね^^

こんにちは

手間かけて 丁寧に作った カレーうどん
美味しそうですね
時間が あったら 作って 食したいです

No title

わ~ とっても手間がかかったカレーうどんですね~
これ お店で食べる本格的なカレーうどんですよ

何故か お蕎麦屋さんでカレー蕎麦や うどんを食べてる人が居ると
自分も食べたくなるんですよね~

コメントありがとうございます

☆やっぴえろ様
こんにちは。いつもコメント頂き、ありがとうございます。
そうですね、難しいと言うより手間が掛かる感じでしょうか。なので、省ける所は省いてみました。やっぴーさんにも作れると思います。^^)
最後に具材を入れるので、量の調節ができるし、後からも足せるのがいいです。おそば屋さんではカレー汁まで作っておいて、注文が入ると小鍋で豚肉とネギを煮るんだろうな、と想像していますよ。

☆kotoneさま
こんにちは。いつもコメント頂き、ありがとうございます。
そうなんです、自分で言うのもなんですが、美味しいんですよ。普段は出汁をとらないので、逆に出汁をとった時には少しくらい手間が掛かっても美味しく作りたい・・、と言いながら手を抜く所は抜いてますが。^^;
今日のお昼は別のメニューで、夜はこれをご飯に掛けてみようという話に。お忙しいと思いますが、作ってしまえば何食かは食べらますよ。^^)

☆いたずらっこ様
こんにちは。いつもコメント頂き、ありがとうございます。
実はワタシ、おそば屋さんでカレーうどんを食べたことがないんです。^^;
本物はもっと出汁がきいて美味しいと思いますが、家庭版もなかなか美味しいです。カレーの香りにはそそられますよね。^^)

No title

おはようございます^^

わぁ~すごいですね(*^^*)
これなら私でもできそうだなと思います!
とてもわかりやすくてうれしいです☆

余った分をカレーとして使えるのがすごく良いですね。
ちょっと和風カレーみたいな味でしょうか。
根菜などを加えても美味しそうですね^^

Re:Mama Nekoさま

こんにちは。いつもコメント頂き、ありがとうございます。

和風カレー、そうです、そうです。^^)

私自身が脂質を控えたいのはもちろんなのですが、夫も年のせいか、夕飯に脂こいものを食べると胸焼けがすると言うのでこれは良いって。最後に具材を入れるので、好きな物、その時にある物で試したいですね。普通のカレーで玉ネギを炒める分を考えると、同じくらいの手間かもしれないですし。

Mama Nekoさんにも作って頂けたら、嬉しいです。皆さんで暖まって下さいね。^^)

No title

何だかものすごく本格的!
私、そんな手のかかること出来るだろうか。
でも、かえしを作っておくと便利なんでしょう?
かえしは冷蔵庫で保冷しておくんですよね。
頑張って作ってみようかな。

Re:万見仙千代さま

こんにちは。いつもコメント頂き、ありがとうございます。

残ったかえしは常温で置いてあります。出汁は入ってないし、今の時期なら問題ないと思います。醤油のしょっぱい感じが消えるので、煮物にも使いやすいです。1つ1つの作業は難しくないのですけどね。

今日はJA世田谷の直売会に行って、色々ゲットしてきました。大蔵大根もラスト2本で買えて、葉っぱを刻んでごま油で炒めて、かえしも使って味付けしました。すごく柔らかくて、つまみ食いも進みました。^^)

こんばんんは、もふもふ未だ老眼鏡未体験さん♪

私は、右目が近視で、左目が近視+乱視だス~

私のカレーうどんは、残ったカレーに麺つゆを入れるだけ~
カレーを作るときは、カレールーとカレー粉のMIX
前に、時間をかけてカレー粉をブレンドしてカレーを作ったら~
全く人気が無いという、残念な結果に~
それ以来、本格カレーは作らないと心に決めました~

もふもふさんは、ゴイス~♪
かえし&出汁も、作るのかぁ~♪
カレーうどん用に作るなら~
カレーは、薄口で甘口の方が良いのかなぁ?
豚肉?鶏肉?

Re:大鉄人ひーちゃん様

こんにちは。いつもコメント頂き、ありがとうございます。メガネには気をつけてね。^^)

カレーはね~、食べ慣れた物が美味しいというコメントを良く頂きますぅ。ひーちゃんと同じく、力入れて作ったら、いつもの方が美味しいと言われたとか。

全然ゴイス~♪ではナイッス。普段のお味噌汁とか全部インスタント出汁だし、それも作らないで夫だけインスタント味噌汁飲むこともあるよ。
カレーうどん用はルーじゃなくてカレーパウダーと小麦粉が良いんじゃないかって、と言うのはカレールーの脂がちょっと・・だから。かえしのお砂糖が多目で甘いです。これまでは豚肉で作ってたんだけど、鶏でも牛でもいけると思いました。最後に入れて火を通すだけなので、ある物で大丈夫。あと玉ネギと長ネギだけど、これも好きな野菜でいいんじゃないかと。

ひーちゃんのお菓子作りよりは手間が掛からないと思いますよ。なぜなら私にもできたから~♪
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示