FC2ブログ

最高気温

先週は台風10号の置き土産か、日本海側でフェーン現象による40℃越え、週末には埼玉の熊谷で最高気温予想が38℃。それを伝える気象予報士の森田さんが「最高気温の予想には誤差があって、上に振れると41℃になるかもしれない」と言っていた。で、実際にはどうだったかと過去天気を見たら、17日の熊谷は36.8℃で下振れ、それだってもちろん暑い。

41℃になるかもしれないと連呼するのは脅しているとしか思えない。もし本当に注意を促すなら、38℃と41℃では何が違うのか、40℃を超えたら冷房を入れた家から出てはいけない、クーラーのない人は市役所や図書館に朝から避難する方がよい、というような話をするならともかく。

そもそも、去年「実測値」で書いたように、実際に40℃越えは身の回りで度々起こっている。百葉箱の中が40℃になるとアスファルトの上は50℃近くなるとか、体温を超えた温度では風を起こした方がいいのか悪いのか、そういう事を教えて欲しい。

去年の7月下旬のある日、ウチの室外温度計が39℃を超えた時はちょっと怖かった。何が恐怖かというと、どこまで上がるか分からない先の見えない不安、家庭用のエアコンは43℃までを想定して作られているらしい、じゃぁそれを超えたらどうなるの?というような不安だった。

去年は梅雨明けが早く、日が長い時に晴れていたのが厳しかった。それに比べると今年の夏の始まりが遅く、身体はそれなりに堪えたけど、8月が終わればどうにかなると先が見えて気持ちは楽。昨日今日で暑さは一段収まったようだし。

前にも書いたけど、水があればどうにかなると思う。身体も室外機もある程度は冷やすことができるから。水が使えなくて気温が高い、それはとても恐ろしい、そうなった時のことを誰か考えてくれているのだろうか。それとも日本ではそういう事態は起こらないと楽観していいのかな。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示