自由が丘

1月の前半にピロリ菌駆除のため抗生剤を飲み、ヤツがいなくなったかを確かめるため3月の初めに呼気検査、そしてその結果を聞くために昨日病院に行った。消化器内科のドクターが4月から異動になるというので、一緒に膵臓のエコー検査もしてもらった。結果、ピロリ菌は無事駆逐され、膵臓も問題なしだった。

この病院は去年のお正月に夫が救急で運び込まれ、このドクターが胃ガンの診断をしてくれて、手術は専門病院でしたいと言ったら快く紹介状を書いてくれたし、ついでに私の膵臓のコトを話したら「ご主人のことが落ち着いたら、1度検査にいらっしゃい」と言ってくれた。夫もここまで回復したと報告できたし、私の膵臓は先天的にトリプシンを多く作ってしまい、それだけでは問題はないと教えてもらえて、本当に感謝していますと伝えた。

終わったのが11時過ぎで、向かいにあるハンバーガー屋さんはまだ開店前、とりあえず自由が丘行きのバスに乗った。自由が丘はほどんど初めてで、なんか狭くてゴチャゴチャした街だなと思った。「5時に夢中!」の司会ふかわりょうが住んでいるので、よく犬を抱いた自由が丘マダムがインタビューを受けているのだけれど、そんな人どこにもいないよって感じ。

夫が「オレ、あのハンバーガー食えるかなぁ?」って楽しみ半分コワさ半分だったのに、振られちゃったから「お肉腹」、何かないかなーと探しているとマックが。まさかマックのハンバーガーじゃぁね、でもポテトが食べたいと、ポテトだけ買って食べながらウロウロ、どこに行ってもおのぼり全開。歩いているとまたマックの前に出て、あれ戻って来ちゃったよ、ちょうどポテトもなくなってふと見ると、向かいに「ハラミの乱切りステーキセット¥780」の看板が。

「ねぇねぇ、ハラミステーキランチだって、食べられそう?」「ハラミ、食いたい!」速攻で入店。11時半頃で、まだ店内は空いていたけど1時間後には列、帰ってからネットで見たら「ジカビー」というお店だった。夫はご飯を少なくしてもらったけど、お肉150gはやっぱり多かった。美味しいと途中で止まらないのが食いしん坊のサガ、その後休憩した方が良いのか歩いた方が良いのか、本人にも分からないのだから仕方がない。

次の目的地は尾山台の魚辰。自由が丘と尾山台は東急大井町線に乗ればすぐなので電車で行ってもいいし、病院から乗ってきたバスで2停留所戻ってから歩いて15分くらい。急ぐコトもないので、自由が丘のナントカ通りを歩いたり、その辺にある建物に入ったり、ドトールでお茶を飲んで様子を見つつ、その後バスに乗って歩き、尾山台に到着。

魚辰も何回目かなので、サッサと買いたいモノが決まったのだけど、いつもより大きいアサリがあったので買った。それを使って今日のお昼はボンゴレロッソ、赤いボンゴレ、つまりアサリのスパゲティトマトソースを作った。アサリは身は厚かったのだけど、ちょっと堅かった。前にホンビノス貝でクラムチャウダーを作った時に似ていた。欲張らないで、今度は普通の大きさのを買おうと思った。

尾山台から等々力まで歩いて、またバスを乗り継いで帰ってきた。用事も済んでランチも食べて、バスに乗ったのは全部で6回、1日券510円でスゴイ得した気分。

人気ブログランキングへ

在庫管理

在庫管理は難しい。日用品も食材も使えば減るので、どこかで新しく買わなければならない。生鮮品はサイクルが早いからまだいいとして、調味料や加工品が問題児、日用品と違って賞味期限があるし。

以前は、調味料は安い時に買って、必ず1本以上の在庫をしていた。でも家族が減り、体調も変わり、使用量が半減。醤油は鮮度保持容器が出てから卓上用はそれ、煮物用は従来品でも500~750mlを買うようになった。この前、久しぶりにカレーうどんを作った時に醤油を使い切り、買い置きもなかったけど、卓上用もあるからまぁいっか、としばらくそのままだった。

鮮度保存容器の醤油を初めて使った時は、衝撃に近かった。赤に近いような綺麗な色で香りが良く、刺身などの味を引き立てると感じた。それまでの醤油差しに入れていたアレは何だったのだろうとさえ思った。醤油は時間と共に酸化し風味が損なわれるということを、新技術の保存容器が登場して確認したワケだ。

買い置かない生活になると、シンク下に余裕ができて見通しがよくなる。そうすると、当たり前だけど奥に何があるのかが見えるようになって、買わなくちゃいけない物が分かる。って言うか、ワタシは割高が嫌いで安い時に買ったり、小分けの物を避けたりしてきたけど、劣化した食品を我慢して(あるいは知らずに)使ったり、その後、使わずに処分するのは、もっともったいないと気が付いた。

それでなくても管理能力が落ちているのだから、在庫は減らすに限る。

人気ブログランキングへ

名番組

その昔「どっちの料理ショー」というテレビ番組があった。ウィキによれば、1995年に始まった「テンベストSHOW」の料理対決部分を引き継いで1997年から2005年まで、その後、新どっちの料理ショーとして1年半放送されていたようだ。「テンベストSHOW」を知らなかったのが残念なのと、新にリニューアルされて、つまらなくなったのを覚えている。

どっちの料理ショーは、毎週紹介される特選素材、それを料理するシェフ、多数決で決まる食べられる人、食べられない人、2人の司会者の掛け合い、最後までワクワクしながら見ていた。もちろん自分もどっちかを選んで。

過去の放送をたまに見たりするけど、シロウトの私でも収録は大変だったろうなぁと想像できる。今はお店を紹介するだけのグルメ番組ばかり、手間の掛け方が違う。この番組で知った「東京X」という豚肉、ちょっと高いけど間違いなく美味しいから、食べる量が減った最近になって買ってる。

食べることはみんなの共通項だから、美味しい店を紹介するのも悪いとは言わないけど、どこを見ても同じだと、結局どこも見なくなる。何か工夫してくれないと。

人気ブログランキングへ

春の香り

今日サミットに行ったら、見切り品イチゴが大きめのパックに入って250円で売っていた。ジャムを作ろうと2パック買って、帰って早速ジャム作り。

今年イチゴジャムを作るのは2回目で、2週間くらい前に目黒の「平和通り商店街」の八百屋さんでゲットした、3パック600円の小粒イチゴで作った。夫が「ほらあのプリンでは上手くいかなかったヤツを入れたら良いんじゃない?」あ、それは「カラメルタブレット」ね~、しかし、よくそういうことを思いつくもんだねと、5コ入れて焦げ付かないようにヘラで底からかき混ぜていると、砂糖の焦げた良い香りがして、さすがカラメル。

今日も同じように作ったのだけど、やっぱりというか見切り品だからなのか、スーパーのイチゴは水っぽくて、イチゴの粒の形がほとんどなくなっても、まだジャムにするには水分が多い。市販品はここでゲル化する何かを入れるんだなぁ、ワタシなら水溶き片栗粉だわぁと思いながら、そういうコトはしないで、ちょっと強火でガンバって煮詰めた。

時間は掛かったけど、その分春の香りを満喫したってコトで。

人気ブログランキングへ

寛容

ここの所ずっと、平日の夜10時からアベマTVで「金色のガッシュベル」というアニメを見ている。10時からコレを見ながら歯を磨いたり寝る準備をして、見終わって11時過ぎには眠くなってちょうど良いのだ。

夕飯時にはニュースか録画した番組を見るのだけど、ある日最後の盛り付けをしているワタシに向かって「今日はなに見るの?」と夫が聞くので「ダッシュでも見ようよ」と言ったら、「ガッシュ?ガッシュなんかやってないだろ」「ダッシュだってば」「だから、ガッシュは今は見れないよ」「だ~か~ら~、ガッシュじゃなくて、録画の鉄腕ダッシュだってば!」「あ~ダッシュね、はいはい」もう、気をつけないと延々続きそう。

さっきも私が「そう言えば、佐々木希ってゴチに出てたね」と言ったら、「え、5時に夢中に出てたの?」「そんなワケないでしょ、ゴチだよ、ゴチ。えーと、正式にはなんだっけ、ゴチになります?」と、話が前に進むこともなく終了する。

「5時に夢中!」では、コメンテーターの中瀬ゆかりの名前が出てこなくて「ほら、あの新潮45のヒト」と言ったら、夫は身長が45㎝の人と思って、色々考えた末に、コナン君のこと?と予想もしない展開。

こんなことは日常茶飯事、耳と滑舌が悪くなったコンビには毎日のように起こるけど、もめ事にはならない。お互いに寛容になったものである。

人気ブログランキングへ

強力粉

一昨年の11月に「強力粉対決」という記事を書いた。この時頼んだ強力粉を比べて、ウチにはスーパーカメリアが良いという結果になったのだけど、その年末から色々起こって、去年はあまりパンは焼かなかった。

お陰様で夫の胃全摘手術からちょうど1年が過ぎた。時間の経過と、昨年末の腸閉塞手術が功を奏したのか、食べられない物が減り続けている。少し前まで3大苦手要素として油、砂糖、小麦粉があって、パンも食べられなかったけど、今や毎朝トーストにバターとジャムを塗って食べている。本人曰く「なんでコレが食べられなかったのかなぁ。もう一生トーストは食べられないと思って悲しかった」

揚げ物や甘辛の煮物、どの好物も一生食べられないと思ったら、夫の悲しみは大変なモノだったろう。でも、胃を全摘した先輩方の話では、順調に回復して再発さえなければ、一生食べられないモノなんてほとんどない。そういう話を聞いても、自分が食べられるようになるとは思えなかったと言うのだから、話はややこしい。

去年の5月に、なぜかスーパーカメリア2㎏×3をバターと一緒に買っていて、その頃はパンが食べられない事態を深く考えていなかったかなと思う。1袋は使い切って、その次のが長期開封状態、それで焼いたパンは変なニオイがして、ドライイースト共に処分した。最後の未開封だった1袋は賞味期限は切れているけど無事で、もうすぐ使い切る。

今後も「日産商事株式会社」に四つ葉のポンドバターと強力粉はお願いしようと思うのだけれど、バターとの兼ね合いもあるので、久しぶりに市販の1㎏の強力粉を買ったけど、違いは分かるかしら。

人気ブログランキングへ

シンプル回鍋肉

前回のホールキャベツ、鍋に合わせるためにはがした外側の葉っぱは、回鍋肉(ホイコウロウ)になった。

回鍋肉はここに何度も書いていて、作り方はずいぶん変わったけど、どうしたらキャベツがクタクタにならないか(しかも油通しせずに)を、常に追い求めている。最初は、豚肉を先に焼いて一旦取り出し、キャベツを炒めて肉を戻す、だった。豚肉も薄切りのバラ肉、肩ロース、ブロック肉を茹でてからスライスする、片栗粉を付ける付けない、我ながら色々やったと思う。

最近は、キャベツはシリコンスチーマーでチンしておいて、豚肉を炒めて合わせ調味料を入れてからキャベツを入れる、という方法になった。豚肉は片栗粉を付けないで、豚から出る脂も利用する。それでもキャベツにクタクタ感があったので、電子レンジを短時間にするか、塩もみしたキャベツはどうだろうとか考えてる。

合わせ調味料(大さじで 残ったら冷蔵して次回使う)
砂糖0.5 甜麺醤1.5 醤油とだし醤油で大1.5 酒粕ペースト(又はみりん)1弱 味の素丸鶏ガラスープと干し貝柱スープの素適量

最初に刻んだニンニクとトウチを炒める時に「創味シャンタン」を使う。すぐに焦げるので弱火で、豆板醤も少し一緒に炒め、そこに豚肉を入れて火を強めて焼き、紹興酒を振り入れる。合わせ調味料を入れて沸いた所に火の通ったキャベツを入れて混ぜ、最後にごま油。

豚肉を茹でたり下味を付けたりは全部ナシ、肉は美味しい豚の切り落としでOK。トウチと創味シャンタンが塩っぱいので、塩やオイスターソースは入れない。水分も足さず水溶き片栗粉も使わないから簡単になった。

中華は、合わせ調味料を煮立てた所に、火の通った素材を入れるのが基本、と気が付いた。美味しい調味料も色々あるし、段取りよく作れば間違いナシ、なはず。

人気ブログランキングへ

セロリ2

キャベツ丸ごと」という記事を書いたのは2012年の7月、この後はキャベツの葉っぱをはがしてタネを巻く普通のロールキャベツは作っていない。

一昨年くらいから、西洋風の煮込み料理にはセロリが必須と学習し、特にミートソースを作る時には必ず使うようになった。去年の暮れ「セロリ」で書いた、玉ねぎ、ニンニク、ニンジンと一緒に炒めたソフリットの冷凍があるなぁ、またミートソースを作らなくっちゃと思いつつ、延び延びになっていた時、スーパーで美味しそうなキャベツが売っているのを見て閃いた。

あの冷凍庫番してるソフリットを、ホールキャベツに使ったら良いんじゃないか。同じく冷凍庫番の牛スネ肉、刻むまでは一緒でも、あとは混ぜてキャベツに挟んで煮込むだけ。ミートソースより楽だわ。

で、キャベツを買って帰り、外側を少しはがして大きさを鍋に合わせ、丸ごと下茹でしてから葉っぱを広げてタネを挟んで元のキャベツの形に戻す。あとは水を注いで火に掛け、煮たったらアクを取って、ベイリーフとトマトソース缶とその他調味料を適当に入れて煮込んでいく。火を切ったらきっちりフタをして、を繰り返し、翌々日に食べた。

食べた時、セロリはそんなに主張しなくて、ただ全体的にまろやかな気がした。今回はキャベツも美味しかったし、冷凍庫もスッキリしてご機嫌、また株のセロリの見つけたら買ってこよう。

人気ブログランキングへ

豚カツ

早いもので、夫の胃全摘手術からもうすぐ1年、その後遺症と言える腸閉塞の手術からも1ヶ月半が過ぎようとしている。腸の処置をしてもらった後は、1度に食べられる量も増えたし、食べられない物もなくなりつつある。2割減った体重も1割減近くまで戻ってきた。

素揚げや唐揚げはどうにか大丈夫でも、ハードルが高いのがフライ。その中でも豚カツは豚肉の脂もあるから最高峰と言える。蒲田の豚カツ屋さんの前から撤退して以来、1度だけ家で豚カツを揚げたのだけど、その時はさんざんな結果だった。そういう経験をするとトライするのが怖くなるのと同時に、豚カツへの想いはさらに募るようなのが、ワタシには理解しがたいけど、それが真の食いしん坊なのかも。

で、「東京エックス」という美味しい豚肉のロース肉を1枚だけ買って、豚カツにチャレンジしようということになった。久しぶりのフライ、えーと、どうやるんだっけとか思っていたら、夫が動画を見始めた。筋切りをしなくていい、と聞こえてきたので何々?と見に行った。温めてない少な目の油に肉をそっと入れてから、強火で揚げるらしい。

油を温めるのを急遽やめて、土井先生の指南通りにやってみた。非接触温度計で測っていると、思ったよりずっと早く油の温度は上がって行く。170℃くらいをキープするように火加減し、衣がいい感じになった所で引き上げた。全く縮まないし、火の通り具合も問題なし。夫は、中濃ソースがちょっと苦手とカツは塩で3切れ食べて満足し、豚カツ屋は暫くはムリと心に刻んだみたい。

魚のフライには使えないそうだけど、これは良い方法を聞いちゃった、と喜んでいたら、大人数の時はダメだよねと夫が言った。なんで?あそうか、2回目は油が熱いもんね。2回目の分は筋切りして下さいってコトかしら。


長いので要所だけを見るのが良いかも

人気ブログランキングへ

尾山台の魚

お目当ての魚屋・魚辰は、尾山台駅前の小さな市場の奥にあって、元気の良いお姉さんの売り声が響いていた。思っていたよりずっと庶民的な品揃えとお値段、はやる気持ちを抑えて横長のショーケースを順番に見て行く。で、買ったのが以下の通り。

マグロ赤身さく
アジ3尾
ブリ切り身4切れ
銀ダラ2切れ
エボダイ干物1枚
アサリ
サバの味噌煮(お総菜)

マグロは赤身が好きだと言ったら、お買い得のサクを勧めてくれて、これが築地では出会えなかった美味しいマグロだった。他の魚もほとんど全部が当たり、アジ1尾はその日にマグロと一緒にお刺身で、残りの2尾は干物に、ブリ2切れは翌日照り焼きに、2切れは銀ダラと共に西京味噌に漬けた。アサリはスパゲティに、コレも築地で買ったアサリより身がふっくらとしていた。

買い物に行ったのが先週の金曜日、今晩ブリの西京漬けを食べたら全部なくなる。1週間弱食べ続けたのは築地の買い物と同じだけど、買ったモノは少し違って、エビとカキの代わりにアジと銀ダラ、使ったお金は半分くらい。満足度は同じかな。ただ、マグロはここで買おうと決めた。

尾山台は電車で二子玉川乗り換え、運賃はバスより安く、30分程度で行けることも分かったから、今度は買い物だけに行くつもり。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示