カキのソテー

以前はカキを買えばカキフライだったけど、夫の胃がなくなってもうすぐ2年、最近はソテーが定番になった。夫は胃無し人生の最初の頃の方が豚カツなどのフライを食べたがった気がする。想像だけど、そういう物をパクパク食べていた記憶が強く残っていて、食べられるんじゃないか、食べたいと思ってしまったみたい。何度も痛い目に合って、それにソースやマヨネーズの酸っぱさも苦手になっていると気が付いて、ムリにフライを食べなくてもいいと思えるようになったらしい。

私もカキフライは大好きだけど、バター醤油で仕上げるソテーだって負けないくらい美味しいし、利点もたくさんある。
1.手間が掛からない。
2.キャベツの千切りを用意しなくて良い
3.タルタルソースを作らなくて良い
4.カロリーが低い

家ではソテーを美味しく食べて、シーズン中に1度くらい、どこかの洋食屋さんでカキフライ定食を食べられたらいいな。

人気ブログランキングへ

生パスタ

ずっと生パスタは食べたことがなかった。たまにスーパーで見掛けてちょっとだけ心が動いても、まぁ乾麺でいいじゃんと言う結論に。外で食べるスパゲティは、私にはすごく高く思えるので、それくらいなら家で作って食べようよ、ということになる。

夫が「渋谷に生パスタのお店があるから行ってみよう」と言うので「ふーん、でも高いでしょ」「それが、安いんだよ」「ホント?それなら行くわ」で、渋谷に出た時に連れて行かれたのが「ポタパスタ渋谷道玄坂店」、良く通る路地でパスタのお皿が並んだショーケースも見覚えがあった。

よくよく見ると値段が書いてあって、どれも500円前後でホントに安い、これで美味しければ良いね、入ろうとすると扉が開かない。押しても引いても動かなくて、休みなのかな、でも明かりが付いてる、と言っている間に中から人が出て来て、扉の謎が解けた。なんと引き戸だった。この雰囲気で引き戸はないでしょ、きっと狭いからだよ、と言いながら急な階段を上って2階へ。お姉さんに「食券を買って下さい」と言われて、またオタオタ。まず細麺か太麺かを選んでからメニューを押すんだけど、何が何処にあるか探すのに一苦労だ。

で、食券の半券を切ってもらい、「3階へどうぞ」と言われてまた階段を上がる。夫は細麺のミートソース、私は太麺でカルボナーラを頼んだのだけど、初めての生パスタはすごく満足だった。ウチで乾麺で作るのより多くてちょっと心配になったけど、2人で2人分を美味しく食べられた。

店員さんの対応もすごく気持ちよくて、扉の開け方も分かったし、食券を買うのはまだ心配だけど、また行きたいと思ってる。

人気ブログランキングへ

地元野菜

今週の火曜日、世田谷農協直売会最終日、満を持して9時に会場に自転車で乗り付けると、予想してた通り、けっこうな行列になっていた。この直売会のシステムは、横長に並べてある会議室のテーブルの上に野菜が並んでて、お客さんが少なければ行ったり来たりして野菜を選ぶんだけど、行列になってしまうと、パンダの見学と同じでテーブルの前を通過しながら野菜を選び、最後に会計をしてもらう。コレがなかなか進まなくて、野菜の前に行き着くまでに30分くらい掛かった。

大根と白菜はたくさん積んであるのが見えたので、おそらく買えるだろうと踏んだ。ワタシの後に並んだご夫妻は、途中でご主人がいなげやに行って戻っても、まだ野菜の前に行き着けない奥さんに「○○に行こう」と言って去って行った。うーん、せっかくここまで待ったのにねぇ。

その後少ししてやっとパンダじゃなくて世田谷野菜の前にたとりつき、白菜1コ400円、ブロッコリー200円をカゴに入れ、あとは大根だと思った所で、大蔵大根のB品が7本だけあると出てきた。どうも直前でA品が売り切れになったので出してきたらしい、前回と同じくラッキー。品物に間違いがないのは証明済み、またまた150円でゲットした。

帰って一休みした後、白菜に取りかかった。漬ける前に干した方が良いと聞くけど、ウチは日が当たらないので省略。それに容器もないのでビニール袋を使って漬けた。少し小振りだったのが幸いで扱いやすかった。置き場所は南側の物置の中、日が当たらないので気温も低い。その中に使わなくなった洗い桶があるので、それに2つのビニール袋を並べて置いて、バットをのせてその辺にあるモノを重しにした。

今回、大根の葉は刻んで塩をしてしばらく置いて水気を絞り、塩昆布とゴマで即席漬けにしてみた。前回は茹でて煮物に入れたり、それまでは刻んでごま油で炒めることが多かったけど、火を入れなくても柔らかくえぐみもない。ブロッコリーの茎も皮を剥いて薄く切り一緒に茹でたら、夫がアスパラみたいと言ったし、もちろん花も甘くて美味しかった。

白菜、去年は漬けなかったので何かと心配、毎日様子を見て今日で5日目、そろそろ味見してみようか、美味しく漬かってると良いのだけど。

人気ブログランキングへ

挽肉

2000年代の初めだったと思うけど「BSE問題」が日本で起こった時に、イギリスに住んでいたという方に、牛挽肉はどこの部位かが分からないから使わない方が良い、特にお子さんがいるなら、と教えてもらった。

それはそうだということで、牛挽・合い挽きは買わなくなり、しばらくはハンバーグはできないと思っていたけど、ある時包丁で切れば良いんじゃない、と気が付いた。今も昔もウチにはフードプロセッサや挽肉マシーンの類いはなくて包丁1本、イヤ数本で何でもこなす。

で、牛の薄切り肉を買ってきてカットして作ったハンバーグはちゃんとハンバーグだったし、まぁ美味しかったのだと思う。その後しばらくして、もしかしたら豚肉も自分でカットしたら美味しいかもしれないと思って、麻婆豆腐やギョウザもそうして作り始めた。ウチは最大で家族が3人だったからできたのだとは思う。

自己満足も含めて買った挽肉より美味しい気がしていたのだけれど、最近になって肉をカットするのが面倒になってきて、試しに挽肉を買ってみることにした。ピーコックストアでよく見てみると、豚挽肉は3種類くらい、黒毛和牛の挽肉も売っていた。はぁ、買わないでいる間にこんな風になっていたなんてと思いながら、豆腐団子鍋にしろギョウザにしろ1回に使うのは100g程度なので、少し奮発して銘柄豚の挽肉を買った。

そうしたら以前は足が速いとか少しクサいとか思っていた豚挽肉は美味しいし、チルド室に入れておくと早く傷むことはなかった。それ以来豚は挽肉派に乗り換えて、その後、国産豚と国産牛が混ざってない状態で半々のハンバーグ用合い挽肉400gで600円というのを買って、ドライカレーを作った。野菜を刻んで炒めて、次は肉を刻んでと思うと億劫だけど、これだと楽だし、何のはずみか美味しくできたのだ。

挽肉売り場を見ないでいた15年近くの間に、色んなコトが進化してこっちの生活も体力も変化して、宗旨替えするには良い頃合いだったのかも。ただ、ミートソースなど粗挽き肉で作りたい料理は、まだ頑張るつもり。

人気ブログランキングへ

メモ

買い物にメモを持たずに行くのが、ありえなくなったのはいつからだろうか。まぁ、それが思い出せるならメモはいらないワケだけど。せっかく書いたメモを置いていくコトもよくある。持ち物はカバン、家と自転車の鍵、ケータイ、メモ、なんだけど、この時期、ジャケット着て手袋と帽子、と準備しているとメモかケータイを忘れる。そういう時は仕方がないので書いた記憶を頼りに買い物、もちろん忘れ物が出る。

5~6日に1度、ホームベーカリーで食パンを焼くのだけど、焼き上がるのに5時間掛かるので午後3時頃に仕掛ける・・のだけど、6時過ぎて「あ、パン忘れた」というコトが何度かあった。6時に仕掛けると焼き上がるのが11時、1時間は冷ましたいので早寝の私にはムリ。じゃ、朝、焼き上がるように予約すれば良いかと言えば、音と匂いがネックでちょっとムリ。で、パンを食べ切ったら「パンを焼く」というメモをテーブルに置くことにした。これはけっこう良くて、明日食べるパンがないよ、というコトはなくなった。

もう1つ、ゴミ収集日のすぐ後に出た魚系のゴミは、冷凍庫に入れることが多いのだけど、これを次のゴミに出すのを忘れないため、冷蔵庫に「冷凍庫にゴミ」というメモを貼る。最初はゴミがある時だけ貼っていたのが、今や貼りっぱなし。ゴミ収集の前に冷凍庫をチェックすると、処分した方が良いモノを見つけることもあるので良しとする。

10年位前には忘れてしまう自分にイライラして、それに悲しかった。お姉様方に、みんなそうよ、すぐに慣れるよと言われても、そうなのかなと半信半疑。気が付いたら言う側に回ってる、先輩の言うことは本当だった。

人気ブログランキングへ

綿100%

ワタシは化繊の衣類が嫌い、と言うか苦手、帯電体質なのだ。乾燥するこの時期、気をつけていてもバチッとなる。だから暖かいと評判のヒートテックも着たことがなくて、姉には「今時の化繊は肌触りだって全然悪くないのに」と言われるけど、いやいや木綿のTシャツが1番、と譲らない。真冬でも木綿の半袖Tシャツ、ハイネック、トレーナーの重ね着で乗り切る。ちなみに半袖Tシャツで寝るので、パジャマも買ったことがない。

そんな私にとってのピンチは、綿100%のトレーナーがなかなか見つからないこと。良いなと思うと綿とポリエステルの合繊、いわゆる綿ポリ。ホントにこの頃の化繊は良くできているので、ちょっと見た感じでは綿100かな、と思って触ってみるとあコレは混ざってると分かる、まれに触っても分からないモノもある。先月の末に姉と吉祥寺で会った時に木綿のトレーナーを探したのだけれど、予算内では1枚も見つけられなかった。

それが昨日、姉から宅急便が届いて開けてみたら木綿のトレーナーとこの前買わなかった斜め掛けバッグが入っていた。「少し早いけどお誕生日だから。木綿の服が揃ってるお店を見つけたから今度行こうね」と手紙が添えられていた。そう、来週誕生日が来て50代最後の年になるワケで、1年が過ぎるのは本当に早い。

年末年始のどこかで、また姉と買い物に行く予定なのだけど、今年こそ夫の入院騒ぎにならないことを切に願ってる。

人気ブログランキングへ

大蔵大根

大根を買うのに失敗して以来、スーパーで大根は買わないと決めたら、じゃ、どこで買う?バスで行く商店街の八百屋さん以外に思い浮かぶ八百屋はない。そうなると頼りは世田谷農協の直売会、去年は1度も行かなかったけど今年も毎週火曜日にやっているらしい。

朝9時からというので9時半頃に家を出て10分足らずで会場に着くと、遠目からも既に売り切れ続出なのが分かる。一緒になったおばちゃんと「出遅れたね~」「もっと早く来ないとダメだわ」と声を掛け合って、それでも大根は残っていて、普通の青首大根が200円、世田谷の地場野菜で白首の「大蔵大根」は300円、うーん、残り1本の大蔵大根は葉っぱは立派だけど根っこが短い。これで300円はなぁと迷っていたら、農家のおじさんが「割れてるのなら150円で良いよ」と声を掛けてくれた。

どれ、見せて、と奥に行くと立派な大根に縦に1本、スジというか割れ目が走っている。ワタシ的には全く問題なくて表の正規品より大きくてしかも半額、もちろん買いました。あとは残っていた里芋一袋200円。この会場のほぼ隣がスーパーいなげやなので、買えなかった白菜やネギとヤリイカ一皿を買って帰った。

今年はスルメイカが高くて1度も買ってない、と言っても夫はイカやタコは食べない方が良いくらいなので問題はないけど、日曜日のテレビで「イカ大根」を帝国ホテルの黒田料理長が教えてくれるのを見て、イカ大根、昔はよく食べたね、という話になった。高値のイカも問題だけど、美味しい大根が買えるかが大問題、大蔵大根が買えたのだからコレは煮るしかない。

思った通り、大根は何の問題もなく瑞々しくて、里芋も入ったイカ大根は美味しくできた。欲張って大きいのをゲットしたのだから、残り半分の大根もしっかり食べないとね。

人気ブログランキングへ

断熱++

この家に引っ越して7回目の冬、やっぱり今年は寒い。今まで断熱シートを貼ろうと思ったのは北側の小窓だけだったけど、今年は玄関から入ってくる冷気が気になる。なにせ玄関を入ったらすぐ台所の我が家、玄関の扉は鉄製で触るとゾッとするほど冷たい。コレをどうにかしようと100円ショップで買った断熱シートを洗濯ばさみで吊ってみた、我ながら安易。それでも少しは効果があるような気がしたけど、あまりに見栄えが悪いのと出入りが不便なので却下。

やっぱり貼らないとダメだよ、とは言うものの、小窓はセロテープで貼り付けてるけど、玄関の大きな扉はガムテープ?両面テープ?はがすの大変そうだよねぇ、とりあえずフタコのダイソーに行ってみようか。しかし、外があまりに寒くてグズグズしている間に、夫がネット上で探してくれた。要はプチプチなんだけど、ちょっとした模様が描かれて裏は全面シール、90×45の2枚組で特価500円。多分、このぐらいの大きさの方が扱いやすい、日が当たらない南側のサッシ1枚分と合わせて4セット頼んだのが昨日で、今日の午前中に届いた。

まず南側のガラスに貼って、お昼を挟んで玄関の鉄の扉に取りかかった。玄関の扉は思ったより大きかったのと、新聞受けやチャイムが付いているので切り貼り、やっぱりこの大きさで扱いやすかった。

ちょっと触って冷たくないのを確認してニヤニヤ、少し織り込むように貼って隙間風も防いだ。心なしか、よりはもう少し確実に台所の足下が冷えなくなって、断熱効果あり。

人気ブログランキングへ

焼きそば

秋の初めだと思うけど、夫が盛んに焼きうどんが食べたいと言い出した。「焼きそばじゃなくて?」という感じだけど、焼きうどんの方が気が楽。茹でうどんに具材の出汁を吸わせて、歯ごたえとかなくてもOK、醤油にオイスターソースかカレーパウダーで味付ければほどんど失敗なし。

5年半位前に「3食焼きそば」という記事を書いているけど、この作り方でも焼きそばというより「煮そば」の感は否めないでいた。夫の体調で、しばらく焼きそばを作らないでいる間に、他のブログでパリパリの焼きそばを目にして、やっぱり焼きそばは麺を焼くのが基本と再認識。あん掛け焼きそばの時にはパリパリに焼けるんだから、できないことはない、はず。

で、ニンニクと豚肉を先に炒めて脂が出たら片側に寄せて、空いた所でレンチンした麺を焼いていく。ニンジンやシメジなどを肉の方に入れて、この段階では麺と混ぜない。麺に良い感じの焦げ目が付いたら一旦皿に取り出して、モヤシとキャベツを炒める。焼きそばソースは使わないで、紹興酒、丸鶏ガラスープの素、創味シャンタン、和風だしの素、だし醤油で味を付けて、炒まったら麺を戻して混ぜる。コレでまぁまぁ焼きそばと言えるモノができたと思う。

今の所、麺類は1人分を2人で分けるので、フライパンの中も余裕、それが上手く行った原因かも。

人気ブログランキングへ

斜め掛けバッグ

火曜日に吉祥寺で姉と会った。いつもの通り、ランチをどこで食べるか、何を買うかをを最初に話し合って、東急デパートにニトリが入ったから見に行こうよ、レストランフロアに神田まつやと新宿中村屋があるから、たまにはデパートの食堂でお昼はどうかなと提案してみた。

なんでも姉はニトリの郊外店に行ったことがあって、その時は広すぎて頭がボーッとしてしまい、あんまり良い印象がないと言うけど、いいからいいからと連れて行った(実際には東急まで連れて行ってもらった)。結果、デパートに入ったニトリはちょうど良い広さでほとんど全部を見て回って、レースのカーテンが汚れているし厚手の方も替えたいから今度買いに来ようと気に入ったみたいだった。

もう1時を過ぎたからレストランフロアに行ってみようと上がって行くと、とても混んでいてほとんどの店に列ができている。見て回るとお値段がいつものランチの1.5~2倍、デパートって高いんだねぇ、家賃が高いんだよ、それにしても混んでるね、と悪態をつきながら下りエスカレーターに乗った。

近いから前に行った鉄板焼きのお店にしよう、と連れて行かれたのだけれど、同じビルの中に和食のお店があって、今日は初めてのお店に挑戦と入ったら当たり、デパートよりずいぶん安いけど美味しかった。

その近くにあるのがエプロンやバッグ、スリッパなどの布雑貨のお店、可愛い猫柄が多い。ここで買った斜め掛けバッグがすごく気に入っていて、この日も掛けて行った。もう4~5年は使ってるのに同じバッグがまだ売っていて、お店の人によれば超ロングセラーとのこと。私のは同じバッグと思えないほど色があせているのだけど、木綿だから味が出る、まだまだ使えますよ、と言ってもらった。

大きさが同じくらいで斜め掛けができて猫の柄、を探すとコレが本当になかなか無い。1度、夏用に白っぽい布で自作したくらい。姉にはそんなに気に入ってるなら同じのを買えば良いじゃないと言われたけど、そうだねぇ、まだまだ使えると言ってもらったし、とにかく今日はいいや。いつかきっと、気に入るのに出会えるよね。

人気ブログランキングへ
プロフィール

もふもふ903

Author:もふもふ903
昔は「スーパー主婦」と言われたこともあったけど、時は流れて、スーパーをうろつく「もふもふ主婦」に。
飼ったことは無いけれど、猫が大好きで、どこかで遭遇するのを楽しみに暮らしてる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示